119件中 11 - 20件表示
  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見たフォルクスワーゲン

    1953年からトヨタ自動車工業特殊研究室室長兼任。父の従兄弟に当たり、実質的な後見人であった豊田英二によって帝王教育を受け、石田退三社長以来絶えていた、豊田本家出身者への社長職「大政奉還」の旗印となる。1958年日本電装株式会社監査役、1960年豊田コンクリート株式会社取締役、1961年トヨタ自動車工業代表取締役常務就任、1964年日本電装株式会社取締役、1967年トヨタ自動車工業株式会社代表取締役専務就任、1972年同社技術担当代表取締役副社長就任。1975年9月から12月まで欧米に出張しフォルクスワーゲン、ルノーの工場などを見学。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た東京會舘

    父・豊田喜一郎の命で、建設業・ユタカプレコン設立や水産加工工場での食品業を経験した後、1952年に父が死去し、後任の石田退三社長に求められ、7月、トヨタ自動車工業株式会社に取締役・検査部長として入社。同年歌舞伎座でのお見合いを経て、三井家・三井高長の三女・博子と結婚。11月に東京會舘で結婚式を行い、名古屋市八事にユタカプレコンで新居を建てて移った。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た名古屋鉄道

    1981年にトヨタ自動車販売株式会社代表取締役社長兼トヨタ自動車工業株式会社取締役に就任し、翌1982年、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併に誕生したトヨタ自動車株式会社の初代代表取締役社長に就任。以後、1992年に代表取締役会長就任、1999年に取締役名誉会長等を歴任し、この間1983年6月から名古屋放送株式会社取締役、1983年10月から株式会社国際経済研究所取締役、1989年からアイシン精機株式会社監査役、1990年から日本経済団体連合会副会長、1992年から米国トヨタ自動車販売(TMS)取締役、1994年から1998年まで第8代日本経済団体連合会の会長、1995年6月から株式会社豊田中央研究所代表取締役、1996年10月株式会社コンポン研究所代表取締役、1998年10月東和不動産株式会社取締役会長、1999年6月名古屋鉄道株式会社取締役、2000年豊田総建株式会社監査役、2000年10月ディーディーアイ株式会社取締役名誉会長、2002年から社団法人発明協会会長を務めた他、2005年日本国際博覧会協会会長、日中投資促進機構会長、日中産官学交流機構最高顧問、公益財団法人豊田理化学研究所理事長、学校法人トヨタ神戸整備学園理事長、学校法人トヨタ名古屋整備学園理事長、学校法人トヨタ学園理事、財団法人道路新産業開発機構理事長、公益財団法人三井文庫理事、トヨタ産業技術記念館副理事長、公益財団法人国際科学技術財団評議員、ITS情報通信システム推進会議会長、社会福祉法人恩賜財団済生会会長等を歴任。また首相特使として、日本国際博覧会参加各国の元首・首相との会談を行う。2006年から2017年まで東園基文の後任として伊勢神宮崇敬会第7代会長。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た国際経済研究所

    1981年にトヨタ自動車販売株式会社代表取締役社長兼トヨタ自動車工業株式会社取締役に就任し、翌1982年、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併に誕生したトヨタ自動車株式会社の初代代表取締役社長に就任。以後、1992年に代表取締役会長就任、1999年に取締役名誉会長等を歴任し、この間1983年6月から名古屋放送株式会社取締役、1983年10月から株式会社国際経済研究所取締役、1989年からアイシン精機株式会社監査役、1990年から日本経済団体連合会副会長、1992年から米国トヨタ自動車販売(TMS)取締役、1994年から1998年まで第8代日本経済団体連合会の会長、1995年6月から株式会社豊田中央研究所代表取締役、1996年10月株式会社コンポン研究所代表取締役、1998年10月東和不動産株式会社取締役会長、1999年6月名古屋鉄道株式会社取締役、2000年豊田総建株式会社監査役、2000年10月ディーディーアイ株式会社取締役名誉会長、2002年から社団法人発明協会会長を務めた他、2005年日本国際博覧会協会会長、日中投資促進機構会長、日中産官学交流機構最高顧問、公益財団法人豊田理化学研究所理事長、学校法人トヨタ神戸整備学園理事長、学校法人トヨタ名古屋整備学園理事長、学校法人トヨタ学園理事、財団法人道路新産業開発機構理事長、公益財団法人三井文庫理事、トヨタ産業技術記念館副理事長、公益財団法人国際科学技術財団評議員、ITS情報通信システム推進会議会長、社会福祉法人恩賜財団済生会会長等を歴任。また首相特使として、日本国際博覧会参加各国の元首・首相との会談を行う。2006年から2017年まで東園基文の後任として伊勢神宮崇敬会第7代会長。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た三菱重工業

    1942年(昭和17年)旧制中学を卒業して、旧制第一高等学校(東京大学教養学部の前身)理科甲類に進学するが、勤労奉仕のため三菱重工業工場や埼玉県での芋掘りに従事。徴兵検査で甲種合格となったものの、理系だったため徴兵延期され、1944年10月旧制名古屋帝国大学工学部機械科に入学。自動車工学が専門の小林明教授に師事し、1947年(昭和22年)9月に名古屋大学工学部機械工学科を卒業した。在学中は自動車同好会を設立し、仲間とともにダッジ・ブラザーズの中古車で知多半島などのドライブを楽しんだ。2002年に設立された名古屋大学全学同窓会では初代会長を務めた。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見たソニー

    愛知県名古屋市白壁町生まれ。ソニー創業者の盛田昭夫が近所に住んでいた。愛知第一師範学校附属小学校(現愛知教育大学附属名古屋小学校)を経て、1936年、父について東京市本郷区曙町(現本駒込)に転居し、本郷区立誠之小学校6年に編入。翌年旧制東京府立第一中学校(東京都立日比谷高等学校の前身)入学。父・喜一郎は多忙でほとんど家におらず、府立一中の入学式には、当時喜一郎宅に下宿していた豊田英二が、父兄代行として出席した。1938年に赤坂に転居。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見たトヨタ自動車工業

    父・豊田喜一郎の命で、建設業・ユタカプレコン設立や水産加工工場での食品業を経験した後、1952年に父が死去し、後任の石田退三社長に求められ、7月、トヨタ自動車工業株式会社に取締役・検査部長として入社。同年歌舞伎座でのお見合いを経て、三井家・三井高長の三女・博子と結婚。11月に東京會舘で結婚式を行い、名古屋市八事にユタカプレコンで新居を建てて移った。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た藤本進

    娘婿の藤本進が大蔵省の駐在員として出向していたことから、マニラで奥田碩と知り合う。以後、交流を深め、奥田改革の後ろ盾となり、豊田本家としてグループ全体の求心力の役割も果たした。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た石田退三

    父・豊田喜一郎の命で、建設業・ユタカプレコン設立や水産加工工場での食品業を経験した後、1952年に父が死去し、後任の石田退三社長に求められ、7月、トヨタ自動車工業株式会社に取締役・検査部長として入社。同年歌舞伎座でのお見合いを経て、三井家・三井高長の三女・博子と結婚。11月に東京會舘で結婚式を行い、名古屋市八事にユタカプレコンで新居を建てて移った。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郎

    豊田章一郎から見た日本経済団体連合会

    豊田 章一?(とよだ しょういちろう、1925年(大正14年)2月27日 - )は、日本の実業家、技術者。勲等は桐花大綬章。学位は工学博士(名古屋大学・1955年)。トヨタ自動車株式会社名誉会長、日本経済団体連合会名誉会長、株式会社デンソー取締役、東和不動産株式会社取締役会長、社会福祉法人恩賜財団済生会会長、学校法人海陽学園理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事。豊田章一郎 フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示