147件中 91 - 100件表示
  • 芝田山部屋

    芝田山部屋から見た豊田自動織機豊田自動織機

    豊田自動織機 - 名古屋場所の際、大府工場を宿舎としている。芝田山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・スプリンターシエロ

    トヨタ・スプリンターシエロから見た豊田自動織機豊田自動織機

    E80系スプリンター5ドアセダン(リフトバック)の後継車種でE90系(6代目)スプリンターの5ドアモデルにあたる。生産は豊田自動織機で行われ、販売はトヨタオート店(現ネッツ店)が担当していた。トヨタ・スプリンターシエロ フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た豊田自動織機豊田自動織機

    経済界では近年、豊田市・刈谷市といった西三河地方を本拠地とするトヨタグループの存在感が群を抜いている。例えば連結売上高では中部電力(約2兆1500億円)と東海旅客鉄道(約2兆円)は、トヨタ自動車本体はおろかグループ企業のひとつであるアイシン精機(約2兆1200億円)と同程度で、両社の連結売上高を合算してもグループ筆頭企業であるデンソー(3兆1900億円)を超える程度。財界活動でも、2007年現在、トヨタグループは中経連(豊田自動織機名誉会長)・中部経済同友会(豊田自動織機会長)では代表職を、名商(トヨタ自動車副会長)は前会頭を輩出し、また中部財界が中心となった中部国際空港開業や愛知万博の開催では同社社長(元関東自動車工業社長)・博覧会協会会長(豊田章一郎トヨタ自動車名誉会長)を務めている。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見た豊田自動織機豊田自動織機

    自動車部品などを製造する東海精機株式会社を、創業者の本田 宗一郎が株式会社豊田自動織機に売却。その資金を元に、1946年(昭和21年)、静岡県浜松市(現・浜松市中区)山下町(後の山下工場)に本田技術研究所として開設され、内燃機関および各種工作機械の製造、ならびに研究を開始。1947年(昭和22年)にはA型自転車用補助動力エンジンを開発した。本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

  • トランコム

    トランコムから見た豊田自動織機豊田自動織機

    4月 - 株式会社豊田自動織機と資本・業務提携。トランコム フレッシュアイペディアより)

  • トヨタL&F中部

    トヨタL&F中部から見た豊田自動織機豊田自動織機

    以上はトヨタL&Fカンパニー製(株)豊田自動織機)。トヨタL&F中部 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・FCHV

    トヨタ・FCHVから見た豊田自動織機豊田自動織機

    トヨタグループでは他にダイハツ工業から軽自動車版としてムーヴEV-FCとムーヴFCV-K-2、タントFCHVが、豊田自動織機からは燃料電池を搭載したフォークリフト"FCHV-F"が登場、これらには30kWのトヨタ製燃料電池スタックが搭載されている。トヨタ・FCHV フレッシュアイペディアより)

  • 平田紡績

    平田紡績から見た豊田自動織機豊田自動織機

    1938年(昭和13年)に豊田自動織機製作所(豊田自動織機)と藤田製作所と共に、企業が所在地する愛知県と三重県の一文字を取って愛三工業の出資企業となる。平田紡績 フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LFA

    レクサス・LFAから見た豊田自動織機豊田自動織機

    2005年5月、軽量化とボディ剛性向上のため、シャーシとボディ骨格および外板をアルミ素材からカーボン素材に変更することが決まり、新製法を用いたカーボン素材を豊田自動織機と共同開発することも併せて決定した。レクサス・LFA フレッシュアイペディアより)

  • 自動車製造事業法

    自動車製造事業法から見た豊田自動織機豊田自動織機

    本法により許可会社とされたのは、日産自動車と豊田自動織機自動車部(後のトヨタ自動車工業)の2社で、後に東京自動車工業(後のいすゞ自動車)が加わった。自動車製造事業法 フレッシュアイペディアより)

147件中 91 - 100件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード