147件中 31 - 40件表示
  • 東海デジタルネットワークセンター

    東海デジタルネットワークセンターから見た豊田自動織機豊田自動織機

    日本女子ソフトボールリーグ(トヨタ自動車、豊田自動織機、デンソーのいずれもトヨタグループ系列の3チームが出場する愛知県内での試合。幹事局・ひまわりネットワーク(豊田市運動公園野球場開催分)、キャッチネットワーク(刈谷球場開催分)など開催地地元のケーブル局。後日GAORAで全国録画中継)東海デジタルネットワークセンター フレッシュアイペディアより)

  • エスティ・モバイルディスプレイ

    エスティ・モバイルディスプレイから見た豊田自動織機豊田自動織機

    ソニー株式会社と株式会社豊田自動織機の共同出資で設立された企業であった。エスティ・モバイルディスプレイ フレッシュアイペディアより)

  • ソニーモバイルディスプレイ

    ソニーモバイルディスプレイから見た豊田自動織機豊田自動織機

    2007年12月1日付けでソニー株式会社と株式会社豊田自動織機の合弁会社のエスティ・エルシーディとエスティ・モバイルディスプレイの合併によって発足したが現在はソニーの完全子会社となっている。ソニーモバイルディスプレイ フレッシュアイペディアより)

  • サンリバー (吹田市)

    サンリバー (吹田市)から見た豊田自動織機豊田自動織機

    2003年 - 豊田自動織機の完全子会社化、上場廃止。サンリバー (吹田市) フレッシュアイペディアより)

  • 愛知トヨタ自動車

    愛知トヨタ自動車から見た豊田自動織機製作所豊田自動織機

    前身は「日之出モータース」というゼネラルモーターズの当時の日本法人「日本ゼネラルモータース」の愛知県総代理店であったが、1935年(昭和10年)9月にトヨタ自動車(当時は豊田自動織機製作所自動車部)と契約し同社専属の代理店となった。これがトヨタ販売チャンネルの第1号である。その後社名を「名古屋トヨタ販売」と変更した後、1942年(昭和17年)に「自動車販売は1県1社を原則とする」戦時統制によって日産自動車名古屋販売支店と合併した「愛知県自動車配給」の設立をもって現在の会社の発足としている。戦後、日産は「愛知日産自動車」を設立し分離、この時に名称が「愛知トヨタ販売」となり、1948年(昭和23年)に現在の「愛知トヨタ自動車」に改名された。愛知トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • イビデン電子工業

    イビデン電子工業から見た豊田自動織機豊田自動織機

    共和事業場(愛知県大府市、豊田自動織機共和工場内)イビデン電子工業 フレッシュアイペディアより)

  • 富士電機システムズ

    富士電機システムズから見た豊田自動織機豊田自動織機

    東洋電機製造 - 鉄道関連製品の海外市場における業務提携をしていた(2011年に提携解消)。その後、同社は同分野に対する日立製作所と提携。さらに産業機器関連でも豊田自動織機と業務資本提携。富士電機システムズ フレッシュアイペディアより)

  • 西三河南部

    西三河南部から見た豊田自動織機豊田自動織機

    幕末・明治維新期には、矢作川から導水した明治用水の測量・開削が行われ、農業の発展・水道の安定供給基盤が整備された。大正時代以後は、豊田自動織機(刈谷市)やトヨタ自動車(豊田市)など、トヨタグループの本社・工場が西三河南部地方一帯に集中立地し、現在の「トヨタ王国」に至る。西三河南部 フレッシュアイペディアより)

  • 村上信一

    村上信一から見た豊田自動織機豊田自動織機

    その後ソフトボール日本リーグ1部の豊田自動織機のバッティングコーチに就任、同チームの日本リーグ3連覇に貢献した。村上信一 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知製鋼

    愛知製鋼から見た豊田自動織機豊田自動織機

    1934年(昭和9年) - 豊田自動織機製作所の製鋼部門が発足。愛知製鋼 フレッシュアイペディアより)

147件中 31 - 40件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード