147件中 61 - 70件表示
  • 国際技能競技大会

    国際技能競技大会から見た豊田自動織機豊田自動織機

    溶接(稲木利保、8位、豊田自動織機)、配管(本田翔一、4位、千代田設備)、電子機器組立て(松浦脩人、5位、日産自動車)、ウェブデザイン(永井大輔、8位、キノトロープ)、電工(関力也、9位、関電工神奈川支店)、左官(牛丸和己、4位、小倉左官店)、洋裁(黒田美果、11位、下関文化産業専門学校)、西洋料理(能島舞、15位、公益社団法人全日本司厨士協会)、造園(藤?賢博、岡部造園、猪野直紀、?山造庭園、9位)国際技能競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 神谷正太郎

    神谷正太郎から見た豊田自動織機豊田自動織機

    1935年、神谷の地元である愛知県で豊田自動織機が自動車の生産に乗り出すという報を聞く。豊田の自動車部門の創業者で自身は技術畑の人物であった豊田喜一郎から「販売の事は一切おまかせする」と販売担当への就任を要請された神谷はこれを承諾し、豊田に役員待遇で入社した。この時、神谷を慕っていたGM時代の部下が経営していた「日の出モータース」はGMから豊田へ販売車両の代理契約を変更した。これが現在の愛知トヨタ自動車のルーツである。神谷正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田英二

    豊田英二から見た豊田自動織機豊田自動織機

    愛知県立第一中学校、第八高等学校(現・名古屋大学)を経て、1936年に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業。豊田自動織機に入り、自動車部に配属された。豊田英二 フレッシュアイペディアより)

  • 生産技術

    生産技術から見た豊田自動織機豊田自動織機

    また、繊維業からは生産技術者の充実を背景として、後のトヨタ自動車の元となった豊田自動織機などの新興企業が生まれた。生産技術 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機製作所サッカー部

    豊田自動織機製作所サッカー部から見た豊田自動織機豊田自動織機

    豊田自動織機製作所サッカー部(とよだじどうしょっきせいさくじょサッカーぶ)は豊田自動織機のサッカー部。1946年に愛知県立刈谷高等学校サッカー部OBによって設立され、1965年の第1回日本サッカーリーグに参加した古豪クラブである。豊田自動織機製作所サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋電機製造

    東洋電機製造から見た豊田自動織機豊田自動織機

    2011年(平成23年) - 豊田自動織機と資本・業務提携。東洋電機製造 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷仁美

    新谷仁美から見た豊田自動織機豊田自動織機

    陸上競技関係者の間では、高橋尚子の再来と言われている。憧れとしている高橋尚子を目指すべく、高校卒業後の2006年4月に小出義雄率いる豊田自動織機(佐倉アスリートクラブ)女子陸上部に入部。新谷仁美 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立刈谷北高等学校

    愛知県立刈谷北高等学校から見た豊田自動織機豊田自動織機

    隣接する豊田自動織機の陸上競技場を使用しており、陸上部が使用するほか、体育の授業でも使用している。愛知県立刈谷北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 三井銀行

    三井銀行から見た豊田自動織機豊田自動織機

    その後同行は明治後期から大正期にかけて三井財閥の中枢として機能し、また鐘淵紡績(現・クラシエホールディングス)、芝浦製作所(現・東芝)、豊田自動織機など多くの企業を支援・育成した。三井銀行 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車工業サッカー部

    トヨタ自動車工業サッカー部から見た豊田自動織機豊田自動織機

    なお「豊田」を名乗るチームとして1965年の日本サッカーリーグ創設時に豊田自動織機製作所サッカー部が存在した。トヨタ自動車も豊田自動織機も同じトヨタグループであるが、両者は全く関係のない独立したクラブである。トヨタ自動車工業サッカー部 フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード