118件中 91 - 100件表示
  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た証券取引所

    1949年 - 東京、名古屋及び大阪の各証券取引所に株式上場。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た日本サッカーリーグ

    サッカー部(豊田自動織機サッカー部)は1946年に愛知県立刈谷高等学校サッカー部OBによって設立され、1965年の第1回日本サッカーリーグに参加した古豪クラブである。現在は愛知県社会人サッカーリーグ1部所属。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た機械

    株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタグループの本家にあたる。現在のトヨタ自動車や愛知製鋼は、豊田自動織機の自動車部門や製鋼部門を分社化したもの。1926年(大正15年)11月18日創業。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・HZエンジン

    1989年 - 米国でカーエアコン用コンプレッサー製造のため、日本電装株式会社〈現株式会社デンソー〉との合弁により、ミシガン オートモーティブ コンプレッサー株式会社を設立。静電誘導トランジスタ「SIT」をバッテリーフォークリフト「B300」のコントローラに搭載。HZ型ディーゼルエンジンの生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たインド

    1995年 - フランスで産業車両製造のため、トヨタ自動車株式会社及びマニトウB.F.株式会社との合弁により、トヨタ インダストリアル イクイップメント株式会社を設立。世界初の片側斜板式連続可変容量コンプレッサー(7SB) の生産開始。スプリンターセダンをモデルチェンジ。DC-DCコンバーター用ICの生産開始。スプリンターカリブをモデルチェンジ。車載用ACインバータ(100W)の生産開始。フォークリフト生産累計100万台達成。1?3トン積カウンタータイプバッテリーフォークリフト「B500」を発売。インドで精紡機製造のため、キルロスカグループ(インド)との合弁により、キルロスカ トヨダ テキスタイル マシナリー株式会社を設立。スターレットをモデルチェンジ。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た圧縮機

    現在は、社名にある、原点である繊維機械(自動織機など)の製造だけでなく、ヴィッツ、RAV4などトヨタ自動車の一部車種の生産、およびディーゼルエンジン、カーエアコン用コンプレッサー、コンバータ、EV用充電スタンド等の自動車関連製品の開発生産、「トヨタL&F」ブランドでのフォークリフトや自動倉庫、無人搬送車の開発から販売まで、多岐に亘る事業を展開している。フォークリフトとカーエアコン用コンプレッサー、エアジェット織機のシェアは世界トップである。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た半田市

    東知多工場 - 愛知県半田市日東町豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・P型エンジン

    1959年 - 3気筒クランク式固定容量コンプレッサーの生産開始。P型ガソリンエンジンの生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た商号

    また、トヨタグループの発展に大きな役割を果たしてきた誇りから、2001年(平成13年)の商号変更時に「自動織機」を外すことはなかった。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・S型エンジン (初代)

    1953年 - S型ガソリンエンジンの生産開始。共和工場の操業開始。(自動車用エンジン、自動車組立)豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

118件中 91 - 100件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード

  • 大会の成功に向け、極めて意義がある。

  • わが国のスポーツ・文化などの振興に大きく貢献する仕組みとして、大会のレガシー(遺産)になる

  • 国際連盟の承認手続きを待つ