118件中 11 - 20件表示
  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ自動車株式会社

    1988年 - C型ディーゼルエンジン生産累計100万台を達成。スプリンターセダンの生産開始。RX100型リング精紡機の生産開始。米国で産業車両製造のため、トヨタ自動車株式会社との合弁により、トヨタ インダストリアル イクイップメント マニュファクチャリング株式会社を設立。無人フォークリフト「AFBR」シリーズを発売。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た本田技研工業

    本田宗一郎は1945年に自身が所有していたピストンリング製造会社「東海精機重工業」の全株式を豊田自動織機へ売却。1946年に売却資金を元手に本田技術研究所を設立、1948年には本田技研工業と改称し本格的にエンジン製造へ参入する。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たデンソー

    1989年 - 米国でカーエアコン用コンプレッサー製造のため、日本電装株式会社〈現株式会社デンソー〉との合弁により、ミシガン オートモーティブ コンプレッサー株式会社を設立。静電誘導トランジスタ「SIT」をバッテリーフォークリフト「B300」のコントローラに搭載。HZ型ディーゼルエンジンの生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た本田宗一郎

    1945年 - 民需転換許可。本田宗一郎が経営する「東海精機」の全株式を取得。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た豊田佐吉

    1926年 - 豊田佐吉発明のG型自動織機を製造するため、愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に、株式会社豊田(とよだ)自動織機製作所を設立。初代社長は豊田利三郎。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタグループ

    株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタグループの本家にあたる。現在のトヨタ自動車や愛知製鋼は、豊田自動織機の自動車部門や製鋼部門を分社化したもの。1926年(大正15年)11月18日創業。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・プリウス

    1999年 - アルミ事業部を設置。プリウス用ダイオードの生産開始。小型乗用車ヴィッツの生産開始。固定ラック「パートナーラック」を発売。日産テクシス株式会社よりウォータジェット織機事業の営業譲渡。1?3.5トン積カウンタータイプバッテリーフォークリフト「GENEO‐B」を発売。SS無線モデム「GIGA WAVEシリーズ」の生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たティーアイビーシー

    1998年 - 1?5トン積エンジン式フォークリフト「GENEO」を発売。ドイツでカーエアコン用コンプレッサー製造のため、株式会社デンソーとの合弁でテーデー ドイチェ クリマコンプレッサー 有限会社(TDDK)を設立。ICチップ用のプラスチックパッケージ基板製造のため、イビデン株式会社との合弁により、株式会社ティーアイビーシーを設立。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た豊田利三郎

    1926年 - 豊田佐吉発明のG型自動織機を製造するため、愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に、株式会社豊田(とよだ)自動織機製作所を設立。初代社長は豊田利三郎豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た小島一恵

    女子陸上部は2001年設立。陸上指導者の小出義雄が設立したスポーツクラブ「佐倉アスリート倶楽部」と提携し、部員は佐倉アスリート倶楽部にて小出の指導を受けながら、日本実業団陸上競技連合加盟の実業団チーム選手として各種大会に参加するという形を取っており(他にユニバーサルACが同様の体制を取っている)、チームの本拠地を豊田自動織機の拠点の存在しない千葉県佐倉市としていた。2011年4月に本社のある愛知県刈谷市に活動拠点を移動し、元須磨学園中学校・高等学校陸上部監督の長谷川重夫の元での新体制となっている。 小林祐梨子・小島一恵らが所属する。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

118件中 11 - 20件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード