109件中 21 - 30件表示
  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たM&A

    過去にはトヨタ自動車の筆頭株主(信託銀行分を除く)で、トヨタグループ各社の株も多数保有していた。しかし、時価総額が保有資産総額(トヨタグループ株式の含み益)を下回っていることから、敵対的買収によりトヨタグループの支配権を握られることが危惧され、2005年(平成17年)にトヨタグループ各社による自動織機の持株比率合計を過半数以上に引き上げるという防衛策が取られた。その為、現在の筆頭株主はトヨタ自動車となっている。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た江蘇省

    1994年 - 1?3トン積エンジン式フォークリフト「X500」を発売。中国・江蘇省で鋳物素形材製造のため、豊田通商株式会社との合弁により、豊田工業昆山有限公司を設立。リーチタイプバッテリー式フォークリフト「R500」を発売。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た豊田自動織機シャトルズ

    ラグビー部(豊田自動織機シャトルズ)は1984年創部。2011年にはトップリーグに加盟するも1年で降格し、現在はトップウェスト所属。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たブランド

    現在は、社名の通りの繊維機械の製造や、トヨタ自動車の一部車種(ヴィッツ、RAV4、マークXジオなど)の組み立て、「トヨタL&F」ブランドでのフォークリフトの生産と販売、ニューエレクトロニクス製品の生産まで、多岐に渡る事業を展開している。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た通商産業省

    1964年 - J型ディーゼルエンジンの生産開始。6気筒斜板式コンプレッサー(6P)の生産開始。通商産業省(当時)より第1回輸出貢献企業の認定。TAS式連続自動紡績法を発表。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た名古屋証券取引所

    1949年 - 東京、名古屋及び大阪の各証券取引所に株式上場。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た本田技術研究所 (旧)

    本田宗一郎 - 自身が創業した自動車部品製造会社の株式を豊田自動織機に売却、その資金を元に本田技術研究所を設立した。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たティーアイビーシー

    1998年 - 1?5トン積エンジン式フォークリフト「GENEO」を発売。ドイツでカーエアコン用コンプレッサー製造のため、株式会社デンソーとの合弁でテーデー ドイチェ クリマコンプレッサー 有限会社(TDDK)を設立。ICチップ用のプラスチックパッケージ基板製造のため、イビデン株式会社との合弁により、株式会社ティーアイビーシーを設立。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たスルザー

    1971年 - 事業部制を確立(本社機構、繊維機械、産業車両、車両及び大府工場)。カローラバンの生産開始。スイス・スルザー社とグリッパー織機製造の合弁会社、豊田スルザー株式会社を設立。産業車両生産累計10万台を達成。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た豊田綱領

    1935年 - 大衆乗用車A1型の試作車完成。「豊田綱領」を制定。東京・芝浦で、トヨダ・G1型トラック発表会を開催。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード