109件中 41 - 50件表示
  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・マークXジオ

    現在は、社名の通りの繊維機械の製造や、トヨタ自動車の一部車種(ヴィッツ、RAV4、マークXジオなど)の組み立て、「トヨタL&F」ブランドでのフォークリフトの生産と販売、ニューエレクトロニクス製品の生産まで、多岐に渡る事業を展開している。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・パプリカ

    1967年 - 長草工場操業開始、パブリカピックアップの生産開始。カウンター式バッテリーフォークリフト生産開始。産業車両月産1000台を達成。ミニエースの生産開始。H型ディーゼルエンジンの生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・スプリンターカリブ

    1990年 - FZ型ガソリンエンジンの生産開始。繊維機械用主制御装置の生産開始。スプリンターカリブの生産開始。1990年度PM優秀事業場賞を受賞。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・スターレット

    1978年 - スターレットの生産開始。国産メーカー初の三輪タイプバッテリーフォークリフトFBE型「ナローエース」を発売。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・bB

    2001年 - 1?3トン積リーチタイプバッテリーフォークリフト「GENEO‐R」を発売。トヨタ自動車株式会社よりL&F 事業部門を営業譲渡。RAV4の生産開始。千葉県にトヨタL&Fカスタマーズセンターをオープン。車載用ACインバータ(1.5kW)の生産開始。bBオープンデッキの生産開始。商号を株式会社豊田(とよた)自動織機に変更(英文社名をToyoda Automatic Loom Works, Ltd.から現在の表記に変更。)。アメリカでリビルトコンプレッサー製造のため、アクティス マニュファクチャリング LLCを設立。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・スプリンター

    1988年 - C型ディーゼルエンジン生産累計100万台を達成。スプリンターセダンの生産開始。RX100型リング精紡機の生産開始。米国で産業車両製造のため、トヨタ自動車株式会社との合弁により、トヨタ インダストリアル イクイップメント マニュファクチャリング株式会社を設立。無人フォークリフト「AFBR」シリーズを発売。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・ミニエース

    1967年 - 長草工場操業開始、パブリカピックアップの生産開始。カウンター式バッテリーフォークリフト生産開始。産業車両月産1000台を達成。ミニエースの生産開始。H型ディーゼルエンジンの生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た千葉県

    2001年 - 1?3トン積リーチタイプバッテリーフォークリフト「GENEO‐R」を発売。トヨタ自動車株式会社よりL&F 事業部門を営業譲渡。RAV4の生産開始。千葉県にトヨタL&Fカスタマーズセンターをオープン。車載用ACインバータ(1.5kW)の生産開始。bBオープンデッキの生産開始。商号を株式会社豊田(とよた)自動織機に変更(英文社名をToyoda Automatic Loom Works, Ltd.から現在の表記に変更。)。アメリカでリビルトコンプレッサー製造のため、アクティス マニュファクチャリング LLCを設立。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た愛知県

    株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタ自動車の源流である。現在のトヨタ自動車は豊田自動織機の自動車部が独立したもの。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た碧海郡

    1926年 - 豊田佐吉発明の「自動織機」を製造するため、愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に、株式会社豊田(とよだ)自動織機製作所(現・株式会社豊田自動織機)を設立。初代社長は豊田利三郎。因みに自動織機とは自動織布機の略称である。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード