118件中 71 - 80件表示
  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たスイス

    1971年 - 事業部制を確立(本社機構、繊維機械、産業車両、車両及び大府工場)。カローラバンの生産開始。スイス・スルザー社とグリッパー織機製造の合弁会社、豊田スルザー株式会社を設立。産業車両生産累計10万台を達成。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たフランス

    1995年 - フランスで産業車両製造のため、トヨタ自動車株式会社及びマニトウB.F.株式会社との合弁により、トヨタ インダストリアル イクイップメント株式会社を設立。世界初の片側斜板式連続可変容量コンプレッサー(7SB) の生産開始。スプリンターセダンをモデルチェンジ。DC-DCコンバーター用ICの生産開始。スプリンターカリブをモデルチェンジ。車載用ACインバータ(100W)の生産開始。フォークリフト生産累計100万台達成。1?3トン積カウンタータイプバッテリーフォークリフト「B500」を発売。インドで精紡機製造のため、キルロスカグループ(インド)との合弁により、キルロスカ トヨダ テキスタイル マシナリー株式会社を設立。スターレットをモデルチェンジ。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトーイングトラクター

    1957年 - D型ディーゼルエンジン部品の生産開始。0.85トン積LAT型トーイングトラクターを発売。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たイギリス

    1929年 - 精紡機の生産開始。イギリスのプラット・ブラザーズ社と、自動織機の特許権譲渡契約を締結。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・Z型エンジン

    1986年 - 大府工場を鋳造事業部に改称。無人搬送車の発売開始。1Z型産業車両用直噴ディーゼルエンジンの生産開始。1986年度デミング賞実施賞を受賞。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たディーゼルエンジン

    1982年 - 碧南工場の操業開始(自動車用ディーゼルエンジン)。小型乗用車用C型ディーゼルエンジンの生産開始。TQCの導入。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た佐倉市

    女子陸上部は2001年設立。陸上指導者の小出義雄が設立したスポーツクラブ「佐倉アスリート倶楽部」と提携し、部員は佐倉アスリート倶楽部にて小出の指導を受けながら、日本実業団陸上競技連合加盟の実業団チーム選手として各種大会に参加するという形を取っており(他にユニバーサルACが同様の体制を取っている)、チームの本拠地を豊田自動織機の拠点の存在しない千葉県佐倉市としていた。2011年4月に本社のある愛知県刈谷市に活動拠点を移動し、元須磨学園中学校・高等学校陸上部監督の長谷川重夫の元での新体制となっている。 小林祐梨子・小島一恵らが所属する。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見た須磨学園中学校・高等学校

    女子陸上部は2001年設立。陸上指導者の小出義雄が設立したスポーツクラブ「佐倉アスリート倶楽部」と提携し、部員は佐倉アスリート倶楽部にて小出の指導を受けながら、日本実業団陸上競技連合加盟の実業団チーム選手として各種大会に参加するという形を取っており(他にユニバーサルACが同様の体制を取っている)、チームの本拠地を豊田自動織機の拠点の存在しない千葉県佐倉市としていた。2011年4月に本社のある愛知県刈谷市に活動拠点を移動し、元須磨学園中学校・高等学校陸上部監督の長谷川重夫の元での新体制となっている。 小林祐梨子・小島一恵らが所属する。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たトヨタ・J型エンジン

    1964年 - J型ディーゼルエンジンの生産開始。6気筒斜板式コンプレッサー(6P)の生産開始。通商産業省(当時)より第1回輸出貢献企業の認定。TAS式連続自動紡績法を発表。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田自動織機

    豊田自動織機から見たダンプトラック

    1963年 - 摩擦圧接機の販売開始。ダンプトラックの生産開始。豊田自動織機 フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「豊田自動織機」のニューストピックワード