前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • 2016年の相撲

    2016年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    30日 - 【大相撲】立田川親方(元小結豊真将)の断髪式が国技館で行われた。2016年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年3月場所

    大相撲平成21年3月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    この場所も両横綱の一騎討ちになるかと思われたが、朝青龍は10日目からの上位戦、まず日馬富士に敗れると12日目には琴光喜にも敗れて痛い2敗目。白鵬は単独トップとなったが、上位戦でも不覚は取らず独走を続け、14日目の結び前に朝青龍が琴欧洲に敗れた時点で白鵬の10回目の優勝が決まった。白鵬は千秋楽でも朝青龍を寄り切り自身3回目となる全勝優勝を達成。優勝次点は11勝4敗に終わった朝青龍と、6日目から9連勝するなど活躍した同じく11勝4敗の平幕の豊真将で、次点力士に4勝差をつけての優勝は15日制定着以降11例目となる。大相撲平成21年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将

    豊真将から見た豊真将紀行豊真将紀行

    豊真将 フレッシュアイペディアより)

  • 山本洋介

    山本洋介から見た豊真将紀行豊真将紀行

    山本洋介 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見た豊真将紀行豊真将紀行

    (大相撲)大相撲九州場所5日目の18日は、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬は4勝目をあげ1敗をまもり、大関陣では魁皇は1敗をまもり、これまで4連勝の把瑠都が豊真将に寄り倒されて1敗を喫し、琴欧洲が3敗、全勝は前頭の翔天狼だけとなった。朝日新聞スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    7日目の時点では白鵬と栃乃洋の2人が全勝、その下に把瑠都、琴欧洲ら1敗勢が4人という状況であったが、栃乃洋は中日に初黒星を喫した。白鵬は嘉風や豊真将を相手に危ない場面も見られたものの、着々と白星を並べてこの場所も優勝戦線の単独トップに立った。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    横綱昇進のかかる大関・日馬富士は初日に豊ノ島に危なげながらも勝利する。しかし、2日目に隠岐の海に敗れてしまい初黒星を喫した。さらに、4日目には豊真将に敗れて残り全てを勝たない限り横綱昇進は厳しくなった。そして、5日目にも初日から不振の豪風にも敗れて横綱昇進は5日目で白紙となった。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    白鵬が黒星を喫した後は大関の把瑠都らが全勝を守っていたが、把瑠都は5日目に豊真将に敗れて土が着き、ただ一人残った全勝力士である翔天狼も翌6日目に敗れたため、1敗の8人が優勝戦線に並び立った。6日目時点で全勝力士が消えるのは平成12年5月場所以来のことであった。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    野球賭博問題による謹慎の影響で幕内の取組の数が減る中、まず抜け出したのが横綱白鵬、大関琴欧洲、平幕の鶴竜、豊真将の4人で、この4人が7連勝と勝ち進んで全勝を守った。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年1月場所

    大相撲平成21年1月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    敢闘賞:豊真将(2回目)大相撲平成21年1月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード