前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 錣山部屋

    錣山部屋から見た豊真将紀行豊真将紀行

    2006年1月場所に豊真将が新十両へ昇進し、部屋初となる関取が誕生した。それ以降は新たな関取は誕生していない。錣山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年3月場所

    大相撲平成21年3月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    この場所も両横綱の一騎打ちになるかと思われたが、朝青龍は10日目からの上位戦、まず日馬富士に敗れると12日目には琴光喜にも敗れて痛い2敗目。白鵬は単独トップとなったが、上位戦でも不覚は取らず独走を続け、14日目の結び前に朝青龍が琴欧洲に敗れた時点で白鵬の10回目の優勝が決まった。白鵬は千秋楽でも朝青龍を寄り切り自身3回目となる全勝優勝を達成。優勝次点は11勝4敗に終わった朝青龍と、6日目から9連勝するなど活躍した同じく11勝4敗の平幕の豊真将で、次点力士に4勝差をつけての優勝は15日制定着以降11例目となる。大相撲平成21年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将

    豊真将から見た豊真将紀行豊真将紀行

    豊真将 フレッシュアイペディアより)

  • 山本洋介

    山本洋介から見た豊真将紀行豊真将紀行

    山本洋介 フレッシュアイペディアより)

  • ぶつかり稽古

    ぶつかり稽古から見た豊真将紀行豊真将紀行

    ぶつかり稽古(ぶつかりけいこ)とは受ける側とぶつかる側に分かれて行う相撲の稽古のことである。受ける側はぶつかる側より、やや力の強い力士が行う。防御と押しの姿勢を繰り返すことにより、受け身を覚える。これが怪我の防止にもつながる。関取でも5分も続ければ息が上がるハードな稽古である。近年では、豊真将が錣山親方(元寺尾)の胸を借りてぶつかり稽古をしたが、後に寺尾が肋骨を3本も折っていた事を知ったというエピソードがあるように、胸を出す方にも相当な鍛錬が要求される厳しい稽古である。尚、豊真将はこのぶつかり稽古があったからこそ幕内に上がれたと語っている。ぶつかり稽古 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見た豊真将紀行豊真将紀行

    (大相撲)大相撲九州場所5日目の18日は、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬は4勝目をあげ1敗をまもり、大関陣では魁皇は1敗をまもり、これまで4連勝の把瑠都が豊真将に寄り倒されて1敗を喫し、琴欧洲が3敗、全勝は前頭の翔天狼だけとなった。朝日新聞スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡さんさ踊り

    盛岡さんさ踊りから見た豊真将紀行豊真将紀行

    翌8月2日には、岩手21赤べこ野球軍団の選手と同球団で総監督を務めている俳優の宇梶剛士、最終日の8月4日には、大相撲夏巡業盛岡場所のため同地を訪れていた岩手出身の栃乃花の他、高見盛、豊真将、稀勢の里といった人気力士がパレードに参加した。盛岡さんさ踊り フレッシュアイペディアより)

  • 清瀬海孝行

    清瀬海孝行から見た豊真将紀行豊真将紀行

    新入幕の2008年(平成20年)1月場所は8勝7敗と勝ち越したものの、同年3月場所初日の豊真将との取り組みで右膝全治2週間の怪我を負い、2日目から入門以来初めて休場したために、同年5月場所では十両に陥落した。5月場所では膝にサポーターをして土俵に上がったが、7勝8敗と千秋楽に負け越しが決まった。初日のNHK解説によると実は靭帯を断裂しており、ほとんど稽古ができないまま本場所を迎えた。関取として初の御当地場所となった同年7月場所も膝の調子が悪く、大きなサポーターを付けての土俵となり初日から5日連続負けが続いたが、その後は持ち直し14日目に勝ち越した。しかし、千秋楽は右膝前十字靭帯の損傷の疑いのため休場した。清瀬海孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た豊真将紀行豊真将紀行

    幼い頃から相撲を始め、小学、中学、高校と全国大会に出場する活躍を見せた。日本大学相撲部の同期には里山、豊真将(1年で退部)がいる。学生相撲では怪我もあり幕下付出の資格を得ることができなかったが、全国学生相撲選手権大会では準優勝の成績を残した。白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    白鵬の1敗後は大関の把瑠都らが全勝を守っていたが、把瑠都は5日目に豊真将に敗れて土が着き、ただ一人残った全勝力士である翔天狼も翌6日目に敗れたため、1敗の8人が優勝戦線に並び立った。6日目時点で全勝力士が消えるのは平成12年5月場所以来のこと。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード