57件中 11 - 20件表示
  • 蒼天龍政光

    蒼天龍政光から見た豊真将紀行豊真将紀行

    三段目2場所目となった2011年9月場所は、2番相撲で右足を負傷し、途中休場。ここからまた休場が続き、再び序ノ口に落ちた2012年3月場所の6番相撲から土俵復帰した。場所後にはNHKの大河ドラマ「平清盛」に平安時代の力士役として、部屋頭の幕内豊真将らと一緒に出演するための撮影に挑んでいた(放送は同年6月17日)が、本場所のほうはまだ皆勤できず、この後2場所は場所後半だけの出場となった。本格復帰したのは同年9月場所であったが、土付かずの7戦全勝とし、序ノ口優勝を決めた。蒼天龍政光 フレッシュアイペディアより)

  • 立田川豊英

    立田川豊英から見た豊真将紀行豊真将紀行

    立田川豊英 フレッシュアイペディアより)

  • つきひざ

    つきひざから見た豊真将紀行豊真将紀行

    十両では2003年7月場所4日目の増健(後の柳川)-北桜戦(増健●)、幕内では2004年9月場所3日目の旭天鵬-栃東戦(栃東●;栃東は右膝を痛め、翌日から休場)で初めて適用された。この他、2008年1月場所2日目の豊真将-北勝力戦(北勝力●)、2009年1月場所14日目の白鵬-千代大海戦(千代大海●)、2009年3月場所5日目の翔天狼-黒海戦(翔天狼●)、2010年7月場所12日目の徳瀬川-豪風(豪風●)、2011年1月場所12日目の白鵬-日馬富士戦(日馬富士●)、2012年1月場所3日目の天鎧鵬-芳東(芳東●)、2012年7月場所中日の旭天鵬-碧山(旭天鵬●)、2013年1月場所中日の若の里-千代大龍(千代大龍●)、14日目の豊ノ島-妙義龍(妙義龍●)、2013年5月場所12日目の豪栄道-松鳳山(松鳳山●)、2014年9月場所千秋楽の常幸龍-豊響(常幸龍●)、2014年11月場所12日目の千代大龍-誉富士(千代大龍●)などでも記録されている。つきひざ フレッシュアイペディアより)

  • 力水 (相撲)

    力水 (相撲)から見た豊真将紀行豊真将紀行

    水桶を白房下と赤房下の東西に1個ずつ配置し、呼び出しが水桶から柄杓(ひしゃく)で水を汲んで「力水をつける」役の力士に渡し、これを力水とする。土俵上の力士は柄杓を受けるが、これを飲むのではなく、一口だけ口に含むのみ。受ける側は片膝を立てて行う方法が本来の正しい形であるが、現在はほとんどの力士は慣習上蹲踞の姿勢で力水を受けており、豊真将などが数少ない例外である。力水をつけた後は、次いで渡される力紙(化粧紙ともいう。半紙を半裁し二つ折りにしたもの)で口や顔の汗などを拭いて(この時、含んだ水を桶の横にある盥に吐く)身を清める儀式を行う。力水 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • ヌケヌケ

    ヌケヌケから見た豊真将紀行豊真将紀行

    ツラズモウと読む。ヌケヌケの対義語であり、同一場所中に白星と黒星が目立って連続する(目安として4連続以上)星取を形容する相撲用語であり、同じ場所中に連勝と連敗を同時に記録することで起こる現象である。しかし、黒星が連続するという条件を満たすという性質上、「連相撲」という用語は大負けをしやすい力士に対する揶揄の性質も有する。また、強行出場を行いがちな力士(豊真将・大道など)は大敗しやすく必然と連相撲になりやすい。ヌケヌケ フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年11月場所

    大相撲平成23年11月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    豊真将が戦後4位となる30歳6ヶ月で三役(小結)に昇進をした。大相撲平成23年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年7月場所

    大相撲平成23年7月場所から見た豊真将紀行豊真将紀行

    横綱・白鵬はいつものように初日から連勝し、大関・日馬富士も同じく初日から連勝した。大関昇進を目指す関脇・琴奨菊は初日に豊ノ島に敗れたものの中日までに1敗を守った。中日の時点で白鵬と日馬富士の2人が全勝で把瑠都と琴奨菊と豊真将と新入幕の高安と同じく新入幕の富士東が1敗で追いかける展開となった。大相撲平成23年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • ぶつかり稽古

    ぶつかり稽古から見た豊真将紀行豊真将紀行

    近年では、豊真将が錣山親方(元寺尾)の胸を借りてぶつかり稽古をしたが、後に寺尾が肋骨を3本も折っていた事を知ったというエピソードがあるように、胸を出す方にも相当な鍛錬が要求される厳しい稽古である。尚、豊真将はこのぶつかり稽古があったからこそ幕内に上がれたと語っている。ぶつかり稽古 フレッシュアイペディアより)

  • 後ろもたれ

    後ろもたれから見た豊真将紀行豊真将紀行

    2008年5月場所14日目(5月24日) - 北勝力が豊真将に勝利。後ろもたれ フレッシュアイペディアより)

  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た豊真将紀行豊真将紀行

    幼い頃から相撲を始め、小学、中学、高校と全国大会に出場する活躍を見せた。日本大学相撲部の同期には里山、豊真将(1年で退部)がいる。学生相撲では怪我もあり幕下付出の資格を得ることができなかったが、全国学生相撲選手権大会では準優勝の成績を残した。白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード