57件中 21 - 30件表示
  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    豊真将紀行(錣山部屋 山口県下関市出身)(8場所ぶり4回目) - 11勝4敗2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の相撲

    2009年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    敢闘賞 豊真将紀行(錣山部屋 山口県下関市出身)(13場所ぶり2回目) - 11勝4敗2009年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の相撲

    2006年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    敢闘賞 豊真将紀行(錣山部屋 山口県下関市出身)(初受賞) - 12勝3敗2006年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の相撲

    2007年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    技能賞 豊真将紀行(錣山部屋 山口県下関市出身)(2場所ぶり2回目) - 11勝4敗2007年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    敢闘賞 豊真将紀行(錣山部屋 山口県下関市出身)(5場所ぶり5回目) - 11勝4敗2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の相撲

    2015年の相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    1月16日 - 【大相撲】元小結の豊真将が引退、年寄・立田川を襲名2015年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た豊真将紀行豊真将紀行

    山本洋介(小結・豊真将紀行、錣山部屋、山口県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た豊真将紀行豊真将紀行

    現役時代は相撲界では珍しい甘いマスクと筋肉質のソップ体型で、女性ファンからの人気と声援が多かった。若い頃は回転の速い上突っ張りといなしで勝負しており、その敏捷な動きから海外公演で「タイフーン」の通称がついたほどだった。また右を差すこともあり、下手投げは強かった。晩年は突っ張りの後、父・兄が得意としていた両差しの相撲を取るようになった。引退後は年寄・錣山を襲名、井筒部屋の部屋付き親方を経て2004年(平成16年)1月、錣山部屋を創設。同部屋からは2015年(平成27年)7月場所までに小結・豊真将、幕内・青狼、阿炎を出している。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た豊真将豊真将紀行

    2017年12月、2018年1月31日に行われる理事候補選挙に時津風一門の意向として鏡山親方を推す動きに異議を唱え、23代湊(元前頭2枚目湊富士)と直弟子の19代立田川(元小結豊真将)と共に一門から離脱した。2月2日の副理事選挙では4人で副理事の3枠を争う中、実兄の14代井筒と異例の兄弟対決となった。結果は14票で落選となり、55歳の誕生日を飾れなかったが「一歩踏み出せた。意味は大きい」と晴れやかな表情だった。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 大道健二

    大道健二から見た豊真将紀行豊真将紀行

    謹慎処分の結果として幕下へ陥落した2010年9月場所では西幕下筆頭の位置で4勝3敗と勝ち越し、翌11月場所において1場所での十両復帰を果たすと、その11月場所と続く2011年1月場所と2場所連続して9勝6敗の成績を挙げて勝ち越し、大相撲八百長問題による翌3月場所の中止を挟んで、同年5月技量審査場所においても東十両4枚目の位置で8勝7敗と勝ち越しを決めて、翌7月場所において新入幕を果たした。2012年7月場所では初日から7連勝と非常に好調で、給金相撲で3連敗するなど後半はやや失速したものの、11日目に勝ち越しを決めて最終的に10勝5敗という好成績を収めた。2013年7月場所は初日から14連敗を喫する絶不振ぶりであったが、千秋楽の富士東戦でやっと白星を上げ、幕内皆勤全敗を免れた。 その次の9月場所でも6勝9敗と負け越したが翌11月場所は番付運に恵まれ東十両9枚目からわずか1枚半下降の西十両10枚目の地位で土俵に上がり、正念場となるこの場所は14日目に勝ち越しを決めて最終的に9勝6敗で終えた。2014年3月場所は東十両5枚目の番付で、7勝7敗の成績で千秋楽を迎え、この日の取組に十両全勝優勝の快挙がかかっていた豊真将に勝つ殊勲の星で勝ち越した。大道健二 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード