前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豊ノ島大樹

    新入幕の場所で脚を傷め、また立ち合いに迷いが出たこともあって、入幕直後は下位でややもたついていたが、入幕4場所目の2006年11月場所は一躍成長を見せた場所になった。初日に豊ノ島に敗れたが、その後は11日目まで10連勝で全勝の横綱朝青龍を追った。12日目に初めての大関戦となる栃東(現・玉ノ井)との一番に敗れ2敗に後退したが、その先も崩れず、優勝はならなかったものの14日目まで朝青龍の優勝を引き伸ばした。12勝3敗の優勝次点の成績と相撲の好内容が評価され、敢闘賞と技能賞を同時に受賞した。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た鶴竜力三郎

    同門の大関・鶴竜と仲が良いといわれる。豊真将の師匠は錣山親方(元関脇寺尾)で、鶴竜の師匠は井筒親方(元関脇逆鉾)。人気兄弟力士であった両・親方の弟子という、いとこのような関係で仲が良く、稽古を共にすることもある。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た旭天鵬勝

    性格は、真面目・温厚・人見知りしないと自他共に認めるもので、そのためファンサービスも良い。武士を思わせる堂々とした風貌で、手刀や塵手水といった所作が非常に細やかで丁寧である。また勝ち負けに関係なく、取り組み後に深々と礼をする所作が清々しいという声も多い。幕内力士土俵入りの際には、平幕力士の中では隆の山、高見盛(現・振分)、安美錦、豊ノ島、旭天鵬、栃煌山らと並び大きな声援を受ける部類に入る。金を稼ぐことの厳しさ、人間関係の重要性は警備会社のアルバイト中に学んだといい、これが人間性を大きく高める契機となったという。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た隆の山俊太郎

    性格は、真面目・温厚・人見知りしないと自他共に認めるもので、そのためファンサービスも良い。武士を思わせる堂々とした風貌で、手刀や塵手水といった所作が非常に細やかで丁寧である。また勝ち負けに関係なく、取り組み後に深々と礼をする所作が清々しいという声も多い。幕内力士土俵入りの際には、平幕力士の中では隆の山、高見盛(現・振分)、安美錦、豊ノ島、旭天鵬、栃煌山らと並び大きな声援を受ける部類に入る。金を稼ぐことの厳しさ、人間関係の重要性は警備会社のアルバイト中に学んだといい、これが人間性を大きく高める契機となったという。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豊響隆太

    地元の旧豊浦町立豊浦中学校(現:下関市立夢が丘中学校)には校庭に立派な土俵小屋があり、山本少年はそこで高校生らと混じって鍛えられ、地元の大会でも優秀な成績を修めていた。そのときの後輩には境川部屋の豊響(本名:門元隆太)がいる。中学卒業後は誘いを受けた埼玉栄高等学校に進学し故郷を離れた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た魁皇博之

    初の上位戦となった2007年1月場所は、大関琴欧洲に土をつけたものの、7勝8敗で負け越し。翌3月場所は、1月場所に続き、琴欧洲を始め幕内上位力士を相手に内容のいい相撲で好成績を残し、11勝4敗で2度目の技能賞を獲得した。ただ、初めての上位挑戦となった5月場所では5勝10敗と壁に当たった。翌7月場所は、魁皇(現・浅香山)が途中休場したこともあって、後半戦上位と当てられて5連敗するも、前半戦の好調が幸いして9勝6敗と勝ち越し、再び番付を上位に戻した。翌9月場所は8勝7敗と勝ち越し、新三役への昇進が確実と見られたが、不運にも11月場所での小結昇進は見送られた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た朝青龍明徳

    新入幕の場所で脚を傷め、また立ち合いに迷いが出たこともあって、入幕直後は下位でややもたついていたが、入幕4場所目の2006年11月場所は一躍成長を見せた場所になった。初日に豊ノ島に敗れたが、その後は11日目まで10連勝で全勝の横綱朝青龍を追った。12日目に初めての大関戦となる栃東(現・玉ノ井)との一番に敗れ2敗に後退したが、その先も崩れず、優勝はならなかったものの14日目まで朝青龍の優勝を引き伸ばした。12勝3敗の優勝次点の成績と相撲の好内容が評価され、敢闘賞と技能賞を同時に受賞した。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た琴欧洲勝紀

    初の上位戦となった2007年1月場所は、大関琴欧洲に土をつけたものの、7勝8敗で負け越し。翌3月場所は、1月場所に続き、琴欧洲を始め幕内上位力士を相手に内容のいい相撲で好成績を残し、11勝4敗で2度目の技能賞を獲得した。ただ、初めての上位挑戦となった5月場所では5勝10敗と壁に当たった。翌7月場所は、魁皇(現・浅香山)が途中休場したこともあって、後半戦上位と当てられて5連敗するも、前半戦の好調が幸いして9勝6敗と勝ち越し、再び番付を上位に戻した。翌9月場所は8勝7敗と勝ち越し、新三役への昇進が確実と見られたが、不運にも11月場所での小結昇進は見送られた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た安美錦竜児

    性格は、真面目・温厚・人見知りしないと自他共に認めるもので、そのためファンサービスも良い。武士を思わせる堂々とした風貌で、手刀や塵手水といった所作が非常に細やかで丁寧である。また勝ち負けに関係なく、取り組み後に深々と礼をする所作が清々しいという声も多い。幕内力士土俵入りの際には、平幕力士の中では隆の山、高見盛(現・振分)、安美錦、豊ノ島、旭天鵬、栃煌山らと並び大きな声援を受ける部類に入る。金を稼ぐことの厳しさ、人間関係の重要性は警備会社のアルバイト中に学んだといい、これが人間性を大きく高める契機となったという。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豪栄道豪太郎

    約3年相撲から離れていたこともあり、入門当初は母校でもある出稽古先の埼玉栄高校で、エースの澤井豪太郎(現:豪栄道)に歯が立たず、1年生の佐野マービン・リー・ジュニア(元:幕下大翔勇、現:マービンJr.)にさえ分が悪いなど苦労したこともあったが、その年の11月場所では三段目で全勝優勝。スピード出世で番付を上げ、翌2005年1月場所、初土俵から5場所で幕下に昇進。幕下上位でも安定した成績を残し、同年11月場所には東幕下3枚目まで番付を上げ、5勝2敗と勝ち越し。続く2006年1月場所で十両に昇進した。その場所も好調で東十両12枚目で10勝5敗と勝ち越し、翌3月場所も12勝3敗と惜しくも十両優勝を逃したが大勝。5月場所、初土俵からおよそ2年で新入幕を果たした。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード