56件中 41 - 50件表示
  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た境川部屋

    地元の旧豊浦町立豊浦中学校(現:下関市立夢が丘中学校)には校庭に立派な土俵小屋があり、山本少年はそこで高校生らと混じって鍛えられ、地元の大会でも優秀な成績を修めていた。そのときの後輩には境川部屋の豊響(本名:門元隆太)がいる。中学卒業後は誘いを受けた埼玉栄高等学校に進学し故郷を離れた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た前相撲

    蜂窩織炎の状態が良化した頃、白石と里山の大相撲入りに触発され自身も再び相撲を志す。大学を中退してアルバイト先の社長の紹介で開設されたばかりの錣山部屋に入門し、2004年3月場所に前相撲から初土俵を踏んだ。この時新弟子入門期限間近の22歳11か月であった。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た警備員

    埼玉栄高校では全国大会に出場して活躍し、学業では学年約1600人中一桁の成績を取るなど、文武共に優秀であった。その後日本大学に進学、入学当初からレギュラー格で活躍するも、蜂窩織炎の悪化により1年で相撲部を退部。一時は相撲を諦め、警備員や鳶職などアルバイト中心の学生生活を送っていた。日大相撲部の同期には白石(のちの白乃波)や里山がいる。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た日本大学相撲部

    埼玉栄高校では全国大会に出場して活躍し、学業では学年約1600人中一桁の成績を取るなど、文武共に優秀であった。その後日本大学に進学、入学当初からレギュラー格で活躍するも、蜂窩織炎の悪化により1年で相撲部を退部。一時は相撲を諦め、警備員や鳶職などアルバイト中心の学生生活を送っていた。日大相撲部の同期には白石(のちの白乃波)や里山がいる。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豊浦郡

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現・下関市)出身で錣山部屋所属の現役大相撲力士。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。身長186cm、体重144kg、四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている、ニックネームはマショー。最高位は東小結(2012年5月場所)。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た蜂窩織炎

    埼玉栄高校では全国大会に出場して活躍し、学業では学年約1600人中一桁の成績を取るなど、文武共に優秀であった。その後日本大学に進学、入学当初からレギュラー格で活躍するも、蜂窩織炎の悪化により1年で相撲部を退部。一時は相撲を諦め、警備員や鳶職などアルバイト中心の学生生活を送っていた。日大相撲部の同期には白石(のちの白乃波)や里山がいる。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豊浦町 (山口県)

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現・下関市)出身で錣山部屋所属の現役大相撲力士。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。身長186cm、体重144kg、四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている、ニックネームはマショー。最高位は東小結(2012年5月場所)。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た負け越し

    初の上位戦となった2007年1月場所は、大関琴欧洲に土をつけたものの、7勝8敗で負け越し。翌3月場所は、1月場所に続き、琴欧洲を始め幕内上位力士を相手に内容のいい相撲で好成績を残し、11勝4敗で2度目の技能賞を獲得した。ただ、初めての上位挑戦となった5月場所では5勝10敗と壁に当たった。翌7月場所は、魁皇(現・浅香山)が途中休場したこともあって、後半戦上位と当てられて5連敗するも、前半戦の好調が幸いして9勝6敗と勝ち越し、再び番付を上位に戻した。翌9月場所は8勝7敗と勝ち越し、新三役への昇進が確実と見られたが、不運にも11月場所での小結昇進は見送られた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た体重

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現・下関市)出身で錣山部屋所属の現役大相撲力士。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。身長186cm、体重144kg、四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている、ニックネームはマショー。最高位は東小結(2012年5月場所)。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た埼玉栄高等学校

    地元の旧豊浦町立豊浦中学校(現:下関市立夢が丘中学校)には校庭に立派な土俵小屋があり、山本少年はそこで高校生らと混じって鍛えられ、地元の大会でも優秀な成績を修めていた。そのときの後輩には境川部屋の豊響(本名:門元隆太)がいる。中学卒業後は誘いを受けた埼玉栄高等学校に進学し故郷を離れた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード