1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豊浦郡

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現在の下関市)出身で錣山部屋に所属していた元大相撲力士。引退後は年寄立田川として後進の指導にあたっている。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。現役時代の体格は身長186cm、体重151kg、得意手は右四つ・寄り・左前褌(みつ)。四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている。最高位は東小結(2012年5月場所)。趣味は読書、史跡巡り。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た蜂窩織炎

    埼玉栄高校では全国大会に出場して活躍し、学業では学年約1600人中一桁の成績を取るなど、文武共に優秀であった。その後日本大学に進学、入学当初からレギュラー格で活躍するも、蜂窩織炎の悪化により1年で相撲部を退部。一時は相撲を諦め、警備員や鳶職などアルバイト中心の学生生活を送っていた。相撲をやめて以降、在学中はバイクを嗜んでいたという。日大相撲部の同期には白石(のちの白乃波)や里山がいる。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た豊浦町 (山口県)

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現在の下関市)出身で錣山部屋に所属していた元大相撲力士。引退後は年寄立田川として後進の指導にあたっている。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。現役時代の体格は身長186cm、体重151kg、得意手は右四つ・寄り・左前褌(みつ)。四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている。最高位は東小結(2012年5月場所)。趣味は読書、史跡巡り。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た体重

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現在の下関市)出身で錣山部屋に所属していた元大相撲力士。引退後は年寄立田川として後進の指導にあたっている。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。現役時代の体格は身長186cm、体重151kg、得意手は右四つ・寄り・左前褌(みつ)。四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている。最高位は東小結(2012年5月場所)。趣味は読書、史跡巡り。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た土俵入り

    性格は、真面目・温厚・人見知りしないと自他共に認めるもので、そのためファンサービスも良かった。武士を思わせる堂々とした風貌で、現役時代には手刀や塵手水といった所作が非常に細やかで丁寧であった。また勝ち負けに関係なく、取組後に深々と礼をする所作が清々しかったという声も多い。幕内力士土俵入りの際には、平幕力士の中では隆の山、高見盛、安美錦、豊ノ島、旭天鵬らと並び大きな声援を受ける部類に入っていた。金を稼ぐことの厳しさ、人間関係の重要性は警備会社のアルバイト中に学んだといい、これが人間性を大きく高める契機となったという。所作を丁寧に行うようになったきっかけは「ピシッとやると、大きく見えて、相手を威圧できる」という錣山の教えであり、その所作の良さに指導した本人である錣山も豊真将の引退会見で「礼で始まり、礼で終わる相撲道を体現できる数少ない力士。弟子ながら尊敬している」と称賛していた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た大相撲力士

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現在の下関市)出身で錣山部屋に所属していた元大相撲力士。引退後は年寄立田川として後進の指導にあたっている。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。現役時代の体格は身長186cm、体重151kg、得意手は右四つ・寄り・左前褌(みつ)。四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている。最高位は東小結(2012年5月場所)。趣味は読書、史跡巡り。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た塵手水

    性格は、真面目・温厚・人見知りしないと自他共に認めるもので、そのためファンサービスも良かった。武士を思わせる堂々とした風貌で、現役時代には手刀や塵手水といった所作が非常に細やかで丁寧であった。また勝ち負けに関係なく、取組後に深々と礼をする所作が清々しかったという声も多い。幕内力士土俵入りの際には、平幕力士の中では隆の山、高見盛、安美錦、豊ノ島、旭天鵬らと並び大きな声援を受ける部類に入っていた。金を稼ぐことの厳しさ、人間関係の重要性は警備会社のアルバイト中に学んだといい、これが人間性を大きく高める契機となったという。所作を丁寧に行うようになったきっかけは「ピシッとやると、大きく見えて、相手を威圧できる」という錣山の教えであり、その所作の良さに指導した本人である錣山も豊真将の引退会見で「礼で始まり、礼で終わる相撲道を体現できる数少ない力士。弟子ながら尊敬している」と称賛していた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た錣山部屋

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現在の下関市)出身で錣山部屋に所属していた元大相撲力士。引退後は年寄立田川として後進の指導にあたっている。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。現役時代の体格は身長186cm、体重151kg、得意手は右四つ・寄り・左前褌(みつ)。四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている。最高位は東小結(2012年5月場所)。趣味は読書、史跡巡り。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た山口県

    豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 - )は、山口県豊浦郡豊浦町(現在の下関市)出身で錣山部屋に所属していた元大相撲力士。引退後は年寄立田川として後進の指導にあたっている。本名は山本 洋介(やまもと ようすけ)。現役時代の体格は身長186cm、体重151kg、得意手は右四つ・寄り・左前褌(みつ)。四股名の由来は、〈豊〉は合併のため消滅した豊浦町から、〈真〉は本人の心、〈将〉は大将、〈紀〉はものごとの初めを意味する出身校の監督の一字、〈行〉は父から一字をもらったもので、父母への御礼に従うという意味が込められている。最高位は東小結(2012年5月場所)。趣味は読書、史跡巡り。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「豊真将紀行」のニューストピックワード