豪紙オーストラリアン ニュース&Wiki etc.

オーストラリアン (The Australian) はニューズ・コーポレーションがシドニーで発行する日刊新聞(日曜日は休刊)である。1964年創刊。読売新聞と提携している。 (出典:Wikipedia)

「豪紙オーストラリアン」Q&A

  • Q&A

    仏DCNS、印海軍向け潜水艦の情報流出 豪潜水艦開発に懸念 http://jp.re…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月25日 09:07

  • Q&A

    潜水艦の機密情報を狙ったサイバー攻撃と日本の潜水艦の売り込みの必要性について質問です…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年11月12日 13:55

  • Q&A

    またまた朝日の捏造記事。 去る5月20日、朝日新聞は一面トップで 「東北大震災の東電…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2014年8月31日 08:49

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「オーストラリアン」のつながり調べ

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たオーストラリアン

    オーストラリア国内にも捕鯨問題とシーシェパードは切り離して考えるべきだという意見があり、豪紙オーストラリアンは2010年1月の記事でシーシェパードの活動を傲慢であり理不尽だと非難し、マスコミにシーシェパードを奨励してはならないと呼びかけた。また、2011年1月、オーストラリア首相のジュリア・ギラードは日本の調査捕鯨の妨害行為を行う同団体に対して警告を発した。(シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • カート・ヴォネガット

    カート・ヴォネガットから見たオーストラリアン

    2005年、ヴォネガットはオーストラリアン紙によるデイヴィッド・ネイスンのインタビューを受けた。その中で最近のテロリストについて意見を求められ、「とても勇敢な人たちだと思う」と応えた。さらに訊かれるとヴォネガットは「彼ら(自爆テロ犯)は自尊心のために死ぬ。自尊心を誰かから奪うというのはひどいことだ。それはあなたの文化や民族や全てを否定されるようなものだ……信じるもののために死ぬことは甘美で立派なことだ」と答えた。最後の文はホラティウスの金言 "Dulce et decorum est pro patria mori"(お国のために死ぬのは甘美で適切だ)をもじったもので、ウィルフレッド・オーエンの Dulce Et Decorum Est における皮肉な引用が出典とも考えられる。ネイスンはヴォネガットのコメントに腹を立て、生きる希望をなくしテロリストを面白がっている老人だと決め付けた。ヴォネガットの息子マークはこの記事に対する反論をボストン・グローブ紙に書いた。すなわち父の「挑発的な姿勢」の背後にある理由を説明し、「まったく無防備な83歳の英語圏の人物が公の場で思っていることをそのまま言うと誤解し見くびるような解説者は、敵が何を考えているかも理解できていないのではないかと心配すべきだ」と記した。(カート・ヴォネガット フレッシュアイペディアより)

「オーストラリアン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「豪紙オーストラリアン」のニューストピックワード