前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • ニューズ・コーポレーション (1979-2013)

    ニューズ・コーポレーション (1979-2013)から見たオーストラリアンオーストラリアン

    1964年には首都キャンベラでオーストラリア初の全国紙ジ・オーストラリアンを創刊、マードックはクオリティ・ペーパーの発行人として政治的影響力を強めるようになった。1972年にはシドニーのデイリー・テレグラフを買収、ニューズ・リミテッドをオーストラリアの三本の指に入るメディアグループへと成長させた。オーストラリア国外では、1969年に経営が傾いていたロンドンの新聞ザ・サンを買収、これを扇情的なタブロイド紙に変えて成功を収めた。1970年代にはニューズ・リミテッドはロンドンやニューヨークの雑誌や新聞に手を伸ばせるほどの勢力となり、1979年にはグループを新持株会社ニューズ・コーポレーションのもとに再編した。ニューズ・リミテッドは当初、オーストラリア労働党を支持する紙面づくりを行っていたが、1975年を境に自由党支持に転向し、イギリスでも労働党から保守党支持に転向した(これは新保守主義に極めて近い)。以後、グループは政治的には保守系を支持する論調を張っている。ニューズ・コーポレーション (1979-2013) フレッシュアイペディアより)

  • コリンズ級潜水艦更新計画

    コリンズ級潜水艦更新計画から見たオーストラリアンオーストラリアン

    2015年6月15日、フランスの政府高官が、新型潜水艦に関して、日本に共同提案を持ち掛ける可能性を示したとオーストラリアンが報じた。純日本製の導入は中国を刺激する可能性があるが、フランスとの共同提案を受け入れる程度なら、そうした批判も回避できるという。コリンズ級潜水艦更新計画 フレッシュアイペディアより)

  • フロッグケーキ

    フロッグケーキから見たオーストラリアンオーストラリアン

    フロッグケーキは南オーストラリアを代表するデザートで、オーストラリアの新聞紙オーストラリアンでは、まず思いつく(ただし、ちょっと奇妙な)デザートに挙げており、誕生日やウェディングケーキにさえも使われている。また、時には州の宣伝にも一役買ってきた。例を挙げると、2001年には世界警察消防競技大会の開催地選定時に、政治家のジョン・ホールが最後のアピールにフロッグケーキを用い、2007年のアデレード開催を勝ち取った。ラジオパーソナリティのピーター・ゴアーズがフロッグケーキの像を建てようと冗談で言ったこともあったが、実際に南オーストラリアの伝統文化を表すものとしてリストアップされたこともある。南オーストラリアのナショナルトラストは毎年8つ、南オーストラリアの文化に関連した事物を選出しており、フロッグケーキは2001年に選出されている。2015年には、メンタルヘルスの研究資金調達のため、陶製やレジン、銀などで作られたフロッグケーキを象ったアート作品が南オーストラリアのアーティストたちによって作られた。オークションにおいて6,000ドルで落札されたものもあり、これらの作品の売り上げにより30,000ドルを調達できたという。フロッグケーキを選んだことについて、製作者は子どものときに誰もが経験している南オーストラリアらしいものだから、と理由を話している。フロッグケーキ フレッシュアイペディアより)

  • 日米豪印戦略対話

    日米豪印戦略対話から見たオーストラリアンオーストラリアン

    2010年(平成22年)6月ジュリア・ギラード首相への交代はオーストラリアの外交関係の変化をもたらし、アメリカ合衆国との関係強化と中国との距離を置く政策に転換した。オーストラリアン紙は四カ国対話についてオーストラリアの防衛問題にからめて広範に記事を書き、ラッド政権との交代後「オーストラリアの国益は長年の盟友であるアメリカ合衆国を支えることによって地域における優越性を維持できる」とされた。アメリカ合衆国によるギラード政権の和解と四カ国対話への復帰にもかかわらず、対話についてトニー・アボットと豪自由党は四カ国関係を残したラッドの最初の決定を批判の対象とした。日米豪印戦略対話 フレッシュアイペディアより)

  • ナショナル・インタレスト

    ナショナル・インタレストから見たオーストラリアンオーストラリアン

    ナショナル・インタレストの記事は、アメリカ国内・国外を問わず多くのメディアに引用掲載されている。主なものに、ニューヨーク・タイムズ(米)、フィナンシャル・タイムズ(英)、オーストラリアン(豪)、新東亜(韓)、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(アメリカ資本、本部はパリ)がある。ナショナル・インタレスト フレッシュアイペディアより)

  • トニー・アボット

    トニー・アボットから見たオーストラリアンオーストラリアン

    イギリスのロンドンで、オーストラリア国籍の両親の間に生まれた。アボットの父リチャードはニューカッスル・アポン・タインで生まれ、近郊の村で育った。アボットは第二次世界大戦中に家族とともにオーストラリアに移住している。母フェイはシドニー出身のオーストラリア人である。1960年に幼いアボットは両親とともにオーストラリアへ帰国した。シドニー郊外のチャッツウッドに一家は居を構えた。シドニー大学で経済学と法学を専攻し、学生代表委員会会長を務める。またボクサーとしての活動歴もある。シドニー大学卒業後はローズ奨学生としてオックスフォード大学ザ・クイーンズ・カレッジに留学し、オックスフォード大学で修士号(政治・哲学専攻)を取得する。1984年、カトリックの神学校であるセント・パトリック神学校へ入学しカトリック司祭になるための勉強を始め、イエズス会に影響を受けたが、その後中退した。神学校をやめてから出会ったのが、シドニーで働くニュージーランド人のマーガレット・エイトケンで、2人は1988年に結婚した。妻との間にルイーズ、ブリジェット、フランセスの3子がいる.。学生時代よりライターとして活動していた縁でオーストラリアンなどに記事を寄稿しジャーナリストとして活動を始める。記事の中で労働組合や左派系政党を批判する論調を展開した。トニー・アボット フレッシュアイペディアより)

  • AP1000

    AP1000から見たオーストラリアンオーストラリアン

    しかしながら、2011年のジ・オーストラリアン新聞の報告によると、AP1000原子炉は世界中のどこを探しても未だに操業しているものは無く、本型はまだ証明されていない技術である。ポール・ガーヴェイはこう述べている。「中国にとって、大規模に建設しフル操業下におく前の段階として、1基か2基の新型原子炉を建設し試験するのは賢いことである。」AP1000 フレッシュアイペディアより)

  • オンライン新聞

    オンライン新聞から見たオーストラリアンオーストラリアン

    オーストラリアでは、『オーストラリアン』、『シドニー・モーニング・ヘラルド』など一部の新聞社が、読者がオンラインでニュース記事を読めるように、オンライン版を提供している。オンライン新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たオーストラリアンオーストラリアン

    オーストラリアンと経済紙であるオーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが日刊の全国紙である。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • ボイコット、投資撤収、制裁

    ボイコット、投資撤収、制裁から見たオーストラリアンオーストラリアン

    BDS運動の支持者たちは反セム主義的な主張を行っている、あるいは反セム主義的な活動を実施しているとする告発がなされている。例えば一部の支持者たちは、イスラエルによる現在のアラブ人に対する措置を、ナチス時代のドイツがホロコーストの際にユダヤ人に対して行った措置と比較し、イスラエルの自決権を否定している。オーストラリアンは、インターネット上に存在するホロコーストを否認する内容の出版物の刊行や、「ユダヤ人とユダヤ人を愛する者たち」に対する攻撃の扇動などの活動を、BDS運動の支持者に起因するものとして議論している。ボイコット、投資撤収、制裁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「豪紙オーストラリアン」のニューストピックワード

  • SUBARU IMPREZA 22B−STi VERSION

  • ランサーエボリューション

  • KYOSHO MINI CAR & BOOK