前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • ニューズ・コーポレーション

    ニューズ・コーポレーションから見たオーストラリアンオーストラリアン

    1964年には首都キャンベラでオーストラリア初の全国紙ジ・オーストラリアンを創刊、マードックはクオリティ・ペーパーの発行人として政治的影響力を強めるようになった。1972年にはシドニーのデイリー・テレグラフを買収、ニューズ・リミテッドをオーストラリアの三本の指に入るメディアグループへと成長させた。オーストラリア国外では、1969年に経営が傾いていたロンドンの新聞ザ・サンを買収、これを扇情的なタブロイド紙に変えて成功を収めた。1970年代にはニューズ・リミテッドはロンドンやニューヨークの雑誌や新聞に手を伸ばせるほどの勢力となり、1979年にはグループを新持株会社ニューズ・コーポレーションのもとに再編した。ニューズ・リミテッドは当初、オーストラリア労働党を支持する紙面づくりを行っていたが、1975年を境に自由党支持に転向し、イギリスでも労働党から保守党支持に転向した(これは新保守主義に極めて近い)。以後、グループは政治的には保守系を支持する論調を張っている。ニューズ・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • ナショナル・インタレスト

    ナショナル・インタレストから見たオーストラリアンオーストラリアン

    ナショナル・インタレストの記事は、アメリカ国内・国外を問わず多くのメディアに引用掲載されている。主なものに、ニューヨーク・タイムズ(米)、フィナンシャル・タイムズ(英)、オーストラリアン(豪)、新東亜(韓)、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(アメリカ資本、本部はパリ)がある。ナショナル・インタレスト フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たオーストラリアンオーストラリアン

    オーストラリアンと経済紙であるオーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが日刊の全国紙である。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・アボット

    トニー・アボットから見たオーストラリアンオーストラリアン

    イングランドロンドンでオーストラリア人の両親の間に生まれる。1960年にオーストラリアへ帰国。シドニー大学で経済学と法学を専攻し、学生代表委員会会長を務める。またボクサーとしての活動歴もある。シドニー大学卒業後はローズ奨学生としてオックスフォード大学ザ・クイーンズ・カレッジに留学。オックスフォード大学で修士号(政治・哲学専攻)を取得。1983年、カトリック系神学校へ進学しカトリック司祭になるための勉強を始めるもその後中退。学生時代よりライターとして活動していた縁でオーストラリアンなどに記事を寄稿しジャーナリストとして活動を始める。記事の中で労働組合や左派系政党を批判する論調を展開。1990年から1993年までオーストラリアの政治家ジョン・ヒューソン秘書、1993年から1994年までオーストラリア立法君主連合事務局長を務める。1994年、ニューサウスウェールズ州の連邦議会補欠選挙で当選し政界入りした。ジョン・ハワード政権下に2001年に環境大臣、2003年に健康保険大臣に就任した。2009年に行われた自由党内の党首選挙でマルコム・ターンブルに替わって党首に就任した。ハワード政権退陣後、自由党はブレンダン・ネルソン、ターンブルと党首交代が相次ぎ迷走が続いていたが、アボットは退潮傾向に歯止めをかけ、2010年6月には人気の高かったケビン・ラッド首相を退陣に追い込み、同年8月の総選挙では情勢を接戦に持ち込んだ。トニー・アボット フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見たオーストラリアンオーストラリアン

    オーストラリアの『オーストラリアン』は、「鳩山首相は明らかに中国の度重なる要請にもとづいて会見を強制したが宮内庁は強烈に反対した」と報じた。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • クーリエ・ジャポン

    クーリエ・ジャポンから見たオーストラリアンオーストラリアン

    オーストラリアン (The Australian)』クーリエ・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • AP1000

    AP1000から見たオーストラリアンオーストラリアン

    しかしながら、ジ・オーストラリアン新聞2011年の報告によると、AP1000原子炉は世界中のどこを探しても未だに操業しているものは無く、本型はまだ証明されていない技術である。ポール・ガーヴェイはこう述べている。「中国にとって、大規模に建設しフル操業下におく前の段階として、1基か2基の新型原子炉を建設し試験するのは賢いことである。」AP1000 フレッシュアイペディアより)

  • 日米豪印戦略対話

    日米豪印戦略対話から見たオーストラリアンオーストラリアン

    2010年6月ジュリア・ギラード首相への交代はオーストラリアの外交関係の変化をもたらし、アメリカ合衆国との関係強化と中国との距離を置く政策に転換した。オーストラリアン紙は四カ国対話についてオーストラリアの防衛問題にからめて広範に記事を書き、ラッド政権との交代後「オーストラリアの国益は長年の盟友であるアメリカ合衆国を支えることによって地域における優越性を維持できる」とされた。アメリカ合衆国によるギラード政権の和解と四カ国対話への復帰にもかかわらず、対話についてトニー・アボットと豪自由党は四カ国関係を残したラッドの最初の決定を批判の対象とした。日米豪印戦略対話 フレッシュアイペディアより)

  • カート・ヴォネガット

    カート・ヴォネガットから見たオーストラリアンオーストラリアン

    2005年、ヴォネガットはオーストラリアン紙によるデイヴィッド・ネイスンのインタビューを受けた。その中で最近のテロリストについて意見を求められ、「とても勇敢な人たちだと思う」と応えた。さらに訊かれるとヴォネガットは「彼ら(自爆テロ犯)は自尊心のために死ぬ。自尊心を誰かから奪うというのはひどいことだ。それはあなたの文化や民族や全てを否定されるようなものだ……信じるもののために死ぬことは甘美で立派なことだ」と答えた。最後の文はホラティウスの金言 "Dulce et decorum est pro patria mori"(お国のために死ぬのは甘美で適切だ)をもじったもので、ウィルフレッド・オーエンの Dulce Et Decorum Est における皮肉な引用が出典とも考えられる。ネイスンはヴォネガットのコメントに腹を立て、生きる希望をなくしテロリストを面白がっている老人だと決め付けた。ヴォネガットの息子マークはこの記事に対する反論をボストン・グローブ紙に書いた。すなわち父の「挑発的な姿勢」の背後にある理由を説明し、「まったく無防備な83歳の英語圏の人物が公の場で思っていることをそのまま言うと誤解し見くびるような解説者は、敵が何を考えているかも理解できていないのではないかと心配すべきだ」と記した。カート・ヴォネガット フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たオーストラリアンオーストラリアン

    オーストラリア国内にも捕鯨問題とシーシェパードは切り離して考えるべきだという意見があり、豪紙オーストラリアンは2010年1月の記事でシーシェパードの活動を傲慢であり理不尽だと非難し、マスコミにシーシェパードを奨励してはならないと呼びかけた。また、2011年1月、オーストラリア首相のジュリア・ギラードは日本の調査捕鯨の妨害行為を行う同団体に対して警告を発した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「豪紙オーストラリアン」のニューストピックワード