前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 豪風

    豪風から見た豪風旭豪風旭

    豪風 フレッシュアイペディアより)

  • 押尾川

    押尾川から見た豪風旭豪風旭

    押尾川(おしおがわ)とは日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、初代押尾川が四股名として名乗っていたもので、由来は定かではない。2012年4月現在、退職した19代押尾川に代わって豪風旭が所有している。押尾川 フレッシュアイペディアより)

  • 全国学生相撲選手権大会

    全国学生相撲選手権大会から見た豪風旭豪風旭

    個人戦の優勝者には、日本相撲連盟から学生横綱の称号が贈られる。又、学生横綱を取得した場合には、大相撲において幕下15枚目格の幕下付出の資格を取得する事が出来る。 学生横綱のうち大相撲入りした主な者には、1995年度優勝の柳川信行(増健亘志)日本大学出身、1997年度及び1998年度優勝の田宮啓司(琴光喜啓司)日本大学出身、2000年度優勝の垣添徹(垣添徹)日本体育大学出身、2001年度優勝の成田旭(豪風旭)中央大学出身、2010年度優勝の明月院秀政「めいげついんひでまさ」と読む(千代大龍秀政)日本体育大学出身などがいる。全国学生相撲選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た豪風旭豪風旭

    平幕の嘉風と豪風が2敗で13日目まで優勝の望みをつないだが、ともに14日目に敗れて3敗。白鵬は2番を残して4場所連続16回目の優勝が決まった。14日目、千秋楽も勝って15戦全勝、1月場所14日目からの連勝を62まで伸ばした。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た豪風旭豪風旭

    横綱昇進のかかる大関・日馬富士は初日に豊ノ島に危なげながらも勝利する。しかし、2日目に隠岐の海に敗れてしまい横綱昇進の雲行きが怪しくなる。さらに、4日目には豊真将に敗れて横綱昇進は厳しくなった。そして、5日目にも初日から不振の豪風にも敗れて横綱昇進はわずか5日で白紙となった。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年11月場所

    大相撲平成23年11月場所から見た豪風旭豪風旭

    9日目に稀勢の里が日馬富士に敗れ2敗目となる。9日目の時点で全勝は白鵬と琴奨菊の2人、2敗で稀勢の里と豪風と若荒雄と碧山ら4人が追いかける展開となった。大相撲平成23年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た豪風旭豪風旭

    成田旭(小結・豪風旭・尾車部屋・秋田県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 闘牙進

    闘牙進から見た豪風旭豪風旭

    2007年5月に準年寄の期限が切れる前に大関・千代大海から名跡を借りて年寄・佐ノ山を襲名し、2008年2月にはその千代大海が在籍する九重部屋へ移籍した。2010年1月13日には千代大海が引退して年寄・佐ノ山を襲名したため、大関・魁皇から名跡を借りて年寄・浅香山を襲名した。同年9月には豪風から名跡を借りて年寄・押尾川を、2012年4月には元大関・前の山が保有する名跡を借りて年寄・千田川を襲名した。2012年6月5日に錦戸部屋へ移籍し、同年6月25日(7月場所番付発表日)までに、襲名中の年寄名跡・千田川を正式に取得した。闘牙進 フレッシュアイペディアより)

  • つきひざ

    つきひざから見た豪風旭豪風旭

    十両では2003年7月場所4日目の増健(後の柳川)-北桜戦(増健●)、幕内では2004年9月場所3日目の旭天鵬-栃東戦(栃東●;栃東は右膝を痛め、翌日から休場)で初めて適用された。この他、2008年1月場所2日目の豊真将-北勝力戦(北勝力●)、2009年1月場所14日目の白鵬-千代大海戦(千代大海●)、2009年3月場所5日目の翔天狼-黒海戦(翔天狼●)、2010年7月場所12日目の徳瀬川-豪風(豪風●)、2011年1月場所12日目の白鵬-日馬富士戦(日馬富士●)、2012年1月場所3日目の天鎧鵬-芳東(芳東●)、2012年7月場所中日の旭天鵬-碧山(旭天鵬●)、2013年1月場所中日の若の里-千代大龍(千代大龍●)、14日目の豊ノ島-妙義龍(妙義龍●)などでも記録されている。つきひざ フレッシュアイペディアより)

  • 旭道山和泰

    旭道山和泰から見た豪風旭豪風旭

    1991年11月場所12日目、それは寺尾 - 琴ヶ梅戦の取組前のことであった。旭道山が土俵下で控えていたときに、突然土俵に上がろうとした一般の泥酔男性客に対し、現役中の旭道山が慌ててその泥酔者をつまみ出すというハプニングがあった。そのエピソードは、2003年11月7日放送のテレビ番組「謎を解け!まさかのミステリー」で取り上げられた。この一件は雑誌などで「○旭道山-泥酔者● (掬い投げ)」などと書かれた。ちなみに16年後の2007年9月場所11日目にも、豪栄道 - 豪風戦の取組前で突如土俵に上がろうとした女性客を、現役中の高見盛と錦戸審判委員(元水戸泉)らが取り押さえるという事件があった。旭道山和泰 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「豪風旭」のニューストピックワード