49件中 11 - 20件表示
  • 素首落とし

    素首落としから見た豪風旭豪風旭

    最近では、2015年3月場所5日目の幕内で安美錦が豪風に、同年1月場所12日目の十両で貴ノ岩が栃飛龍に、2014年9月場所4日目の幕内の取組で横綱鶴竜が碧山に、同日の十両の取組で芳東が千代皇に、同年5月場所中日(8日目)の幕内の取組で関脇栃煌山が豊ノ島に、同年1月場所2日目の十両の取組で芳東が蒼国来に、2013年9月場所10日目の幕内の取組で時天空が琴勇輝に、それぞれこの技で勝利している。2017年1月場所14日目の幕内の取り組みで高安がこの技で勝利した。素首落とし フレッシュアイペディアより)

  • 垣添徹

    垣添徹から見た豪風旭豪風旭

    2012年4月25日に現役引退を表明し、幕内の豪風から年寄名跡を借りて年寄・押尾川を襲名して藤島部屋の部屋付き親方となった。大学の同級生である剣武と同時の引退表明であった。同年10月16日には16代雷(元幕内・春日富士)の退職に伴い空き名跡となっていた雷の年寄名跡を正式に取得して年寄・17代雷を襲名した。垣添徹 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年11月場所

    大相撲平成23年11月場所から見た豪風旭豪風旭

    9日目に稀勢の里が日馬富士に敗れ2敗目となる。9日目の時点で全勝は白鵬と琴奨菊の2人、2敗で稀勢の里と豪風と若荒雄と碧山ら4人が追いかける展開となった。大相撲平成23年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 蹴手繰り

    蹴手繰りから見た豪風旭豪風旭

    2017年5月場所11日目、荒鷲が豪風に対してこの技で勝利した。蹴手繰り フレッシュアイペディアより)

  • 闘牙進

    闘牙進から見た豪風旭豪風旭

    2007年5月に準年寄の期限が切れる前に大関・千代大海から名跡を借りて年寄・19代佐ノ山を襲名し、2008年2月にはその千代大海が在籍する九重部屋へ移籍した。2010年1月13日には千代大海が引退して年寄・20代佐ノ山を襲名したため、大関・魁皇から名跡を借りて年寄・13代浅香山を襲名した。同年9月には幕内・豪風から名跡を借りて年寄・20代押尾川を襲名し、2012年4月には2010年3月に日本相撲協会を定年退職した17代千田川(元大関・前の山)が保有する名跡を借りて年寄・20代千田川を襲名した。2012年6月5日に錦戸部屋へ移籍し、同年6月25日(同年7月場所番付発表日)までに襲名中の年寄名跡・千田川を正式に取得した。闘牙進 フレッシュアイペディアより)

  • 全国学生相撲選手権大会

    全国学生相撲選手権大会から見た豪風旭豪風旭

    学生横綱のうち大相撲入りした主な者には、1995年度優勝の柳川信行(増健亘志、日大)、1997年度及び1998年度優勝の田宮啓司(琴光喜啓司、日大)、2000年度優勝の垣添徹(垣添徹、日体大)、2001年度優勝の成田旭(豪風旭、中大)、2010年度優勝の明月院秀政(千代大龍秀政、日体大)などがいる。全国学生相撲選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 一本背負投

    一本背負投から見た豪風旭豪風旭

    2004年5月場所千秋楽、豪風が金開山に対して勝利。一本背負投 フレッシュアイペディアより)

  • 青葉城幸雄

    青葉城幸雄から見た豪風豪風旭

    また、34歳8ヵ月という年齢での新関脇昇進は三賞制定後の1947年以降では、3位の年長記録(現在の1位は、2014年9月場所にて35歳2ヵ月で昇進した豪風。2位は、1957年11月場所に於いての北の洋で、34歳9ヵ月)。その他、初土俵から関脇初昇進までにかかった年数と所要場所数に於いては、現在(※2014年9月現在)でも歴代1位の記録である。青葉城幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た豪風旭豪風旭

    豪風旭(尾車部屋 秋田県北秋田市出身)(16場所ぶり2回目) - 12勝3敗2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の相撲

    2008年の相撲から見た豪風旭豪風旭

    敢闘賞 豪風旭(尾車部屋 秋田県北秋田市出身)(初受賞) - 12勝3敗2008年の相撲 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「押尾川旭」のニューストピックワード