28件中 11 - 20件表示
  • 送り吊り落とし

    送り吊り落としから見た豪風旭豪風旭

    決まり手制定以降、幕内では3度記録されており、2001年1月場所9日目で旭鷲山が濱ノ嶋に、2004年5月場所12日目で白鵬が豪風に、2007年9月場所12日目で安馬が豪栄道に、それぞれ決めている。なお、十両では今のところ記録されていない。送り吊り落とし フレッシュアイペディアより)

  • 朝赤龍太郎

    朝赤龍太郎から見た豪風旭豪風旭

    2003年3月場所に豪風と共に新入幕。入幕後しばらくはパッとしなかったが、2004年3月場所では幕内下位ながら好調で、横綱朝青龍、大関魁皇(現浅香山)、大関千代大海(現佐ノ山)と共に初日から11連勝。12日目には魁皇を破って12連勝としたが、翌日千代大海との全勝対決は、突き合い押し合いの大激闘の末、押し出しで敗れた。それでも千秋楽まで優勝争いを展開し(優勝は全勝の朝青龍)、結局13勝2敗の優勝次点で終えて殊勲賞と技能賞を同時に受賞した。朝赤龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 磋牙司洋之

    磋牙司洋之から見た豪風旭豪風旭

    2011年9月場所5日目(2011年9月15日)の栃乃若との対戦において、栃乃若に土俵際まで押し込まれたものの、相手の左腕を掴んで豪快な一本背負いを決めて勝利した。一本背負いの決まり手での勝利は、幕内では2004年5月場所千秋楽に豪風が金開山に決めて以来のこととなった。同場所から開始された観客のマークシート採点による「敢闘精神評価」では649ポイントという当日のトップ得票を獲得し、本人は「流れで体が勝手に動いた。大きな技で決まると気持ちがいい」「お客さんが喜んでくれたので、よかった」と取組後に語った。磋牙司洋之 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た豪風旭豪風旭

    6月21日 - 豪風旭、大相撲力士1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 6月21日

    6月21日から見た豪風旭豪風旭

    1979年 - 豪風旭、大相撲力士6月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た豪風旭豪風旭

    2000年(平成12年)9月から基準をさらに厳格化され現行の規定となり、付け出される枚数が幕下10枚目格付出と幕下15枚目格付出に改められた。当初はタイトルを取った当年限りで有効とされていたが、新制度適用第1号の垣添徹が資格取得後の怪我で初土俵が遅れたため、優勝の日から1年間と有効期間が改められている。幕下15枚目以内で全勝した場合は十両昇進の対象とする内規があるため、最短1場所で関取になることが可能になった。15枚目格付出力士は9人、10枚目格付出力士は、市原(清瀬海)孝行がアマチュア横綱に加え国体成年Aに優勝し、この制度となって初めて10枚目格付出の資格を得て2007年1月場所初土俵を踏んだ。現行の規定になってから現在まで1場所で十両昇進した力士はおらず、2場所で十両に昇進した力士としては成田(豪風)旭、内田(普天王)水の2人がいる。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 舞の海秀平

    舞の海秀平から見た豪風旭豪風旭

    以後、同じ方法を施した新弟子検査受験者が数人現れたが、健康上の理由でこの方法を用いることは禁止された。その代わり、幕下付出資格者は体格不問となったり、「第二新弟子検査」が創設されたりと(規定身長を167cm以上に引き下げ)、小柄な力士志望者への門戸拡大につながった(第二新弟子検査から入門の豊ノ島や、学生相撲出身の豪風など)。なお、舞の海以前にも大受(元大関、現朝日山親方)がシリコンを埋め込んで新弟子検査を受けた例がある。舞の海秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た豪風旭豪風旭

    2009年1月場所は千代大海と並んで1位タイとなる、12度目の大関角番となった。進退を賭けて場所入りし、12日目に前頭3枚目豪風を破って角番脱出、同時に引退危機も乗り越えた。その後3連敗したため場所を8勝7敗で終えた。その場所直後に虫垂炎で緊急入院、手術はせず薬で治療したが協会の公式行事は休場した。2009年11月場所で幕内在位が98場所となり、元関脇高見山の97場所を超える大相撲史上第1位の記録を達成した。同場所3日目に関脇把瑠都を破って史上3人目の通算800勝を果たし、九重親方(58代横綱・千代の富士)は「私の幕内807勝(史上1位)を超えて欲しい」とエールを送った。さらに同場所10日目、大関琴欧洲を押し倒しての勝利で幕内805勝を達成、55代横綱北の湖)の804勝を超えて幕内勝利数が単独第2位の記録となった。この年は2005年以降では最多となる年間48勝を記録した(2005年が39勝、2006年が40勝、2007年が44勝、2008年が43勝)。なお、この年は全6場所の成績がすべて8勝7敗という珍記録も発生した。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た豪風旭豪風旭

    2007年9月場所11日目に、豪栄道-豪風戦の取組前で、突如大量のビラを持ちながら土俵に上がろうとした女性客を、西土俵下で控えていた高見盛が錦戸審判委員(元水戸泉)らと共に、慌ててその女性を引き摺り下ろすという事件があった(過去にも1991年11月場所12日目に現役中の旭道山が、泥酔状態で土俵に上がった男性客を抱えながら土俵外へ下ろさせるハプニングが発生)。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 琴風豪規

    琴風豪規から見た豪風旭豪風旭

    引退後は年寄・尾車を襲名し、佐渡ヶ嶽部屋から独立する形で1987年3月に尾車部屋を設立した。以降、豪風や嘉風などの関取を育てるとともに、2005年4月には押尾川親方(元大関大麒麟)が部屋経営を断念したため押尾川部屋を引き取った。2009年1月に所属関取である若麒麟の大麻所持事件により委員から平年寄への二階級降格の処分を受けた。これに際して部屋の閉鎖も考えていたが、嘉風ら部屋の力士から「自分にとっての師匠は親方だけです。親方が部屋を畳むのなら自分も引退します」と諭され翻意した。取的や裏方衆にまで土下座して謝罪したという。琴風豪規 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「豪風旭」のニューストピックワード