前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • 豪風旭

    豪風旭から見た豪栄道豪太郎

    2016年5月30日には秋田県から県民栄誉章を授与されることが決定、同年8月16日の大相撲巡業秋田場所が催された秋田県立体育館で顕彰式が行われた。9月場所は2015年7月場所後の旭天鵬の引退から幕内最年長力士を務めていた安美錦が十両に陥落したため幕内最年長力士として土俵に上がった。場所前の二所ノ関一門連合稽古では、小結・魁聖らに8連勝するなど、衰え知らずのところをアピールしており、場所でも8勝7敗の勝ち越しを記録。続く11月場所も9勝6敗で勝ち越し、場所14日目である11月26日付のブログで「年六場所で四場所勝ち越したのは、何と初めてらしいです」と自分自身に驚いていた。2017年1月場所は10勝5敗と好成績であり、37歳7ヶ月にして自身初の幕内での3場所連続勝ち越し。なお、この場所では中日の魁聖戦で十両以上では自身3度目となる一本背負いを決めている。「捨て身。狙ってできるものじゃない」と振り返り「13年やっているということ。それだけでも価値がある」と誇らしげだった。3月場所は東前頭筆頭まで番付を上げたが、大関以上との対戦では不調の豪栄道以外から白星を挙げることができず、上位の壁に阻まれて5勝10敗の負け越し。場所後の春巡業は全休。4月10日、自身のブログで右肘の手術を受けたことを公表。その数日前に退院し「今は朝稽古に顔を出して、午後はリハビリと言う日々」という。気力、気持ち、体力的なものを考慮しそのまま引退しようと考えたが、執刀医、家族らの支えを改めて痛感。「これが理由で辞めるくらいなら腹を掻っ切って死んだ方が良いと思った。消えていた闘争心に火がつきました」と現役続行への意欲を持った。医者から「普通は間に合わない」と言われるほど重症であったが、5月場所中に小学4年生であった息子が柔道の大会で好成績を残したことなどに刺激を受けて場所を奮闘した。4勝11敗と大きく負け越したが、何とか皆勤を果たした。6月に母が死去。7月場所は2日目に幕内出場回数で土佐ノ海の学生最多記録を更新した。12日目に給金相撲となったが、残りを落として8勝7敗。3日目の支度部屋では「夏場所も(肘の)状態は良かったんですけど、脳みそがついていかなくて。整形外科的に完治しても、使えなかったものが使えるようになったことが…。いきなりバンバンできないし、やっぱり時間が必要ですから」とコメントを残している。9月場所は西の10枚目の地位で迎えた。初日から5連敗を喫するなど苦しい出だしとなったが、なんとか6勝は挙げて一桁の負け越しに抑えた。10月2日の全日本力士選士権では準優勝。決勝ではこの日から国技館の土俵に復帰した横綱・稀勢の里(田子ノ浦)に寄り切りで敗戦。「最年長優勝がかかってましたね。顔を張られて流血ですよ」とコメント。東前頭13枚目で迎えた11月場所は序盤から黒星が先行し、10日目終了時点で3勝7敗と幕内残留の危機に瀕したが、そこから4連勝するなど持ち直して7勝8敗と1つの負け越しに抑えた。2018年1月場所は9日目まで1勝8敗と大乱調。後半盛り返すも5勝10敗の大敗に終わり、これにより76場所連続で守り続けた幕内から十両に陥落することが確実と伝えられた。場所終了時点で進退については明言しておらず、尾車も「本人次第」と回答した。それでも3月場所には関取連続在位が93場所を記録し、この時点で10位タイとなる連続在位記録を達成した格好となった。結局引退はせず、13年ぶりとなる十両の土俵で迎えた3月場所は序盤から白星を伸ばして10日目に勝ち越しを決めた。この時点で優勝争いのトップタイだったが、ここから4連敗と失速。千秋楽には勝って9勝6敗とし、1場所での幕内復帰をほぼ確実とした。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た武双山正士

    横綱・稀勢の里には5勝21敗。稀勢の里の大関在位中は1勝9敗。横綱昇進後は1敗。直近の勝利は2014年7月場所で、決まり手は叩き込み。稀勢の里の兄弟子の若の里には18勝7敗(勝率.720)と大きく勝ち越している。2010年7月場所から2013年9月場所にかけて10連勝。豪風の若の里戦の勝率は武蔵丸(10勝5敗・勝率.667)、朝青龍(19勝10敗・勝率.655)、白鵬(11勝6敗・勝率.647)、鶴竜(6勝4敗・勝率.600)、武双山(17勝8敗・勝率.680)、魁皇(21勝13敗・勝率.618)、栃東(14勝10敗・勝率.583)、琴光喜(18勝15敗・勝率.545)、琴奨菊(6勝5敗・勝率.545)ら若の里戦に勝ち越している横綱・大関陣を上回っている。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た千代大海龍二

    ところが、新入幕の場所は初日から連敗を喫し、3日目には栃乃花に対し土俵際で突き落としを辛くも決めて幕内初白星を挙げたが、その際に右膝と右足首を痛めて休場した。結局1勝3敗11休に終わり十両に転落した。9月場所に13勝2敗の好成績で十両優勝を果たし、翌場所に幕内に復帰した。2004年秋頃には「目がチカチカする」と網膜剥離の症状を訴え、福岡で緊急手術を受けた。尾車は「見えるようになっても、ぶちかませるのか。長く相撲を取るなんて、とてもとても」と後にその怪我を振り返る。その後も大勝ちはなく、ぶどう膜炎を患って十両に落ちるなど一進一退を続けたが、2006年1月場所に東前頭3枚目に番付を上げ、初めて横綱・大関と総当たりする位置についた。そして千代大海、魁皇の2大関を破る活躍を見せたが、最終的には4勝11敗で負け越してしまった。それでも、その後は前頭上位から中位あたりに定着するようになった。そして、2008年1月場所では、自己最高となる12勝3敗の好成績をあげて、初めての三賞となる敢闘賞を受賞した。翌3月場所は新三役で小結に昇進。秋田県からの新三役は、1992年7月場所の巴富士以来。その場所では、初日から5連敗を喫するなど3勝12敗と大きく負け越して1場所で陥落となった(なお初白星は大関・琴光喜から挙げた)。2010年9月場所にも再び12勝3敗という好成績を挙げ、2回目の敢闘賞を受賞した。現在は中下位で勝ち越し→上位で負け越しという場所が続いている。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た銅谷志朗

    師匠の尾車親方は豪風の押し相撲について「当たりが極端に強いわけではなく、弱いところを正確に突き放す」と評しており、本人も研究を重ねて相手の弱点を付く押し相撲を心掛けている。元テレビ朝日アナウンサーの銅谷志朗は2014年11月場所前の座談会で「中村が尾車部屋に移籍してからは積極的に質問を行っている」と伝えており、35歳を迎えてからも進歩を遂げるところはこうした研究熱心さによるところが大きい。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た蒼樹山

    2017年1月場所、東前頭5枚目(平幕)の立場で『これより三役』に出場した。この場所は14日目までに鶴竜・日馬富士の横綱2人、大関の豪栄道ら、本来なら「これより三役」に出場するべき上位力士が相次いで休場したことから、比較的好調な成績を維持していた豪風が「これより三役」に出場することとなった。「これより三役」は殆どの場合が関脇以上の力士で占められる。特に近年は横綱・大関の在籍数が多くなっている為、なおさら平幕の立場で出場する例は少ない。過去には蒼樹山や玉鷲などが平幕の立場で出場した例が在る。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た嘉風雅継

    2014年7月場所9日目の日馬富士戦で、初金星を獲得した。この時点で35歳1ヶ月0日となっており、年6場所制(1958年以降)における最年長初金星の記録が達成された。同部屋の嘉風が場所4日目に日馬富士に勝って樹立した32歳3ヶ月27日の記録に触発され、見事に嘉風の後に続いた形となった。最終的には9勝6敗と勝ち越して、技能賞の候補にも入ったが三賞選考委員会の賛成が過半数に満たず受賞はお預けとなった。翌9月場所は新関脇。戦後最年長での新関脇昇進というスロー出世記録を作った。この昇進を受けた会見では尾車から「私は28歳で引退している。35歳でこれだけ勝てるのは、心から立派だと思う」と讃えられた。秋田県からの新関脇は、1964年5月場所の開隆山以来。迎えた9月場所は、千秋楽に勝ち越しを懸けたが、7勝8敗に終わった。東小結で迎えた11月場所は2日目に初日を出したものの3日目から12連敗と大崩れし、結局場所を2勝13敗の大敗で終えた。2015年1月場所は9勝6敗と勝ち越したものの、翌3月場所は胃腸炎と左上腕二頭筋断裂に苦しみ、4勝11敗の不振に終わった。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た旭天鵬勝

    2016年5月30日には秋田県から県民栄誉章を授与されることが決定、同年8月16日の大相撲巡業秋田場所が催された秋田県立体育館で顕彰式が行われた。9月場所は2015年7月場所後の旭天鵬の引退から幕内最年長力士を務めていた安美錦が十両に陥落したため幕内最年長力士として土俵に上がった。場所前の二所ノ関一門連合稽古では、小結・魁聖らに8連勝するなど、衰え知らずのところをアピールしており、場所でも8勝7敗の勝ち越しを記録。続く11月場所も9勝6敗で勝ち越し、場所14日目である11月26日付のブログで「年六場所で四場所勝ち越したのは、何と初めてらしいです」と自分自身に驚いていた。2017年1月場所は10勝5敗と好成績であり、37歳7ヶ月にして自身初の幕内での3場所連続勝ち越し。なお、この場所では中日の魁聖戦で十両以上では自身3度目となる一本背負いを決めている。「捨て身。狙ってできるものじゃない」と振り返り「13年やっているということ。それだけでも価値がある」と誇らしげだった。3月場所は東前頭筆頭まで番付を上げたが、大関以上との対戦では不調の豪栄道以外から白星を挙げることができず、上位の壁に阻まれて5勝10敗の負け越し。場所後の春巡業は全休。4月10日、自身のブログで右肘の手術を受けたことを公表。その数日前に退院し「今は朝稽古に顔を出して、午後はリハビリと言う日々」という。気力、気持ち、体力的なものを考慮しそのまま引退しようと考えたが、執刀医、家族らの支えを改めて痛感。「これが理由で辞めるくらいなら腹を掻っ切って死んだ方が良いと思った。消えていた闘争心に火がつきました」と現役続行への意欲を持った。医者から「普通は間に合わない」と言われるほど重症であったが、5月場所中に小学4年生であった息子が柔道の大会で好成績を残したことなどに刺激を受けて場所を奮闘した。4勝11敗と大きく負け越したが、何とか皆勤を果たした。6月に母が死去。7月場所は2日目に幕内出場回数で土佐ノ海の学生最多記録を更新した。12日目に給金相撲となったが、残りを落として8勝7敗。3日目の支度部屋では「夏場所も(肘の)状態は良かったんですけど、脳みそがついていかなくて。整形外科的に完治しても、使えなかったものが使えるようになったことが…。いきなりバンバンできないし、やっぱり時間が必要ですから」とコメントを残している。9月場所は西の10枚目の地位で迎えた。初日から5連敗を喫するなど苦しい出だしとなったが、なんとか6勝は挙げて一桁の負け越しに抑えた。10月2日の全日本力士選士権では準優勝。決勝ではこの日から国技館の土俵に復帰した横綱・稀勢の里(田子ノ浦)に寄り切りで敗戦。「最年長優勝がかかってましたね。顔を張られて流血ですよ」とコメント。東前頭13枚目で迎えた11月場所は序盤から黒星が先行し、10日目終了時点で3勝7敗と幕内残留の危機に瀕したが、そこから4連勝するなど持ち直して7勝8敗と1つの負け越しに抑えた。2018年1月場所は9日目まで1勝8敗と大乱調。後半盛り返すも5勝10敗の大敗に終わり、これにより76場所連続で守り続けた幕内から十両に陥落することが確実と伝えられた。場所終了時点で進退については明言しておらず、尾車も「本人次第」と回答した。それでも3月場所には関取連続在位が93場所を記録し、この時点で10位タイとなる連続在位記録を達成した格好となった。結局引退はせず、13年ぶりとなる十両の土俵で迎えた3月場所は序盤から白星を伸ばして10日目に勝ち越しを決めた。この時点で優勝争いのトップタイだったが、ここから4連敗と失速。千秋楽には勝って9勝6敗とし、1場所での幕内復帰をほぼ確実とした。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た琴風豪規

    2002年5月に、本名の成田を四股名として幕下15枚目格付出で初土俵を踏んだ。その初土俵の場所は、2日目の1番相撲で安馬(のちの日馬富士)を破って大相撲での初白星を挙げた。その後も連勝を続け、6戦全勝で迎えた13日目の7番相撲では同じく6戦全勝の豊桜との取組が組まれたがこれに敗れた。この相撲に勝てば幕下優勝が決まり、また新十両の可能性が残るところだったが、いずれも果たせなかった。それでも翌7月場所も勝ち越して、幕下在位僅か2場所で9月場所に新十両に昇進した。この時に四股名を豪風に改めたが、これは「豪快な相撲で豪華な風が吹くように」との願いを込めて師匠の尾車が命名したものである。十両の土俵でも勝ち越しを続けて3場所で通過し、結局一度も負け越しを経験しないまま2003年3月場所に新入幕を果たした。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た魁皇博之

    ところが、新入幕の場所は初日から連敗を喫し、3日目には栃乃花に対し土俵際で突き落としを辛くも決めて幕内初白星を挙げたが、その際に右膝と右足首を痛めて休場した。結局1勝3敗11休に終わり十両に転落した。9月場所に13勝2敗の好成績で十両優勝を果たし、翌場所に幕内に復帰した。2004年秋頃には「目がチカチカする」と網膜剥離の症状を訴え、福岡で緊急手術を受けた。尾車は「見えるようになっても、ぶちかませるのか。長く相撲を取るなんて、とてもとても」と後にその怪我を振り返る。その後も大勝ちはなく、ぶどう膜炎を患って十両に落ちるなど一進一退を続けたが、2006年1月場所に東前頭3枚目に番付を上げ、初めて横綱・大関と総当たりする位置についた。そして千代大海、魁皇の2大関を破る活躍を見せたが、最終的には4勝11敗で負け越してしまった。それでも、その後は前頭上位から中位あたりに定着するようになった。そして、2008年1月場所では、自己最高となる12勝3敗の好成績をあげて、初めての三賞となる敢闘賞を受賞した。翌3月場所は新三役で小結に昇進。秋田県からの新三役は、1992年7月場所の巴富士以来。その場所では、初日から5連敗を喫するなど3勝12敗と大きく負け越して1場所で陥落となった(なお初白星は大関・琴光喜から挙げた)。2010年9月場所にも再び12勝3敗という好成績を挙げ、2回目の敢闘賞を受賞した。現在は中下位で勝ち越し→上位で負け越しという場所が続いている。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た武蔵丸光洋

    横綱・稀勢の里には5勝21敗。稀勢の里の大関在位中は1勝9敗。横綱昇進後は1敗。直近の勝利は2014年7月場所で、決まり手は叩き込み。稀勢の里の兄弟子の若の里には18勝7敗(勝率.720)と大きく勝ち越している。2010年7月場所から2013年9月場所にかけて10連勝。豪風の若の里戦の勝率は武蔵丸(10勝5敗・勝率.667)、朝青龍(19勝10敗・勝率.655)、白鵬(11勝6敗・勝率.647)、鶴竜(6勝4敗・勝率.600)、武双山(17勝8敗・勝率.680)、魁皇(21勝13敗・勝率.618)、栃東(14勝10敗・勝率.583)、琴光喜(18勝15敗・勝率.545)、琴奨菊(6勝5敗・勝率.545)ら若の里戦に勝ち越している横綱・大関陣を上回っている。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示

「押尾川旭」のニューストピックワード