260件中 11 - 20件表示
  • 景徳鎮駅

    景徳鎮駅から見た貨物線貨物線

    景徳鎮東線(貨物線):本駅が起点、景徳鎮東駅終点まで4km景徳鎮駅 フレッシュアイペディアより)

  • ジョスコー線

    ジョスコー線から見た貨物線貨物線

    九州鉄道が佐世保駅と佐世保鎮守府の間に敷設した貨物線を起源とする。佐世保駅から日本国有鉄道(国鉄)佐世保線を延長する形で北上し、松浦線と併走しながら西へ分岐、佐世保川を渡って鎮守府構内に入るとすぐにヤードとなり、現在の米軍基地ゲート付近(鎮守府貨物線時代の終点)から立神係船池と平行して西に進み、佐世保重工業の製缶工場を迂回するために北へ湾曲、神島町の山麓をトンネルで貫通し、船殻工場を迂回して佐世保重工業の敷地外縁を半周して赤崎岸壁に至る。岸壁沿いの道路と併走し、貯油所ゲートを越えてヤードに分岐していた。ジョスコー線 フレッシュアイペディアより)

  • 中油嘉義溶剤廠支線

    中油嘉義溶剤廠支線から見た貨物線貨物線

    中油嘉義溶剤廠支線(ちゅうゆかぎようざいしょうしせん)は、かつて存在した台湾鉄路管理局の鉄道路線である。台湾中油の専用貨物線であった。中油嘉義溶剤廠支線 フレッシュアイペディアより)

  • メルボルン港

    メルボルン港から見た貨物線貨物線

    港内には標準軌の貨物線が乗り入れているほか、シティーリンクの出入り口もある。またステイションピアー近傍まで路面電車の109系統が乗り入れている。メルボルン港 フレッシュアイペディアより)

  • 浜小樽駅

    浜小樽駅から見た貨物線貨物線

    浜小樽駅(はまおたるえき)は、かつて北海道小樽市堺町にあった函館本線小樽築港駅を起点とする貨物支線の貨物駅で、1984年(昭和59年)2月1日に同線の廃止に伴い、廃駅となった。浜小樽駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北沢産業網干鉄道

    北沢産業網干鉄道から見た貨物線貨物線

    国鉄山陽本線と、姫路木材港(姫路港浜田地区)を結んでいた貨物線である。北沢産業網干鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武会沢線

    東武会沢線から見た貨物線貨物線

    会沢線(あいざわせん)は石灰石、ドロマイト等の運搬用に設けられた、佐野線の終点葛生駅から第三会沢駅に至る東武鉄道の貨物線である。東武会沢線 フレッシュアイペディアより)

  • けやき平 (川崎市)

    けやき平 (川崎市)から見た貨物線貨物線

    武蔵野南線が当地の地下を通過しているが、同線は基本的に貨物線であり、また域内に同線を利用可能な駅設備は存在しない。けやき平 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • ラインズ・ブラザーズ

    ラインズ・ブラザーズから見た貨物線貨物線

    1913年、ロンドン近郊の各地に散らばっていた各工場を集約させるため、ロンドン北部トッテナムのダウンレーン (Down Lane ) に大規模な工場が建設された。この工場は効率よく製造ラインを組むため、建築家の助言を元にワルターが設計したもので、『アザミの工場』と呼ばれ、4.5エーカーの土地を有し、原料や製品を鉄道で輸送するための専用の貨物線が設けられていた。1914年に操業を開始し、それまでのカレドニアン工場はショールームとなった。この時新たに300人の従業員を雇い入れた。1914年-1915年のカタログでは新製品として、足こぎ自動車、三輪車、キックスクーター、赤ちゃん歩行器、ブランコ、自動車模型が掲載された。しかし第一次世界大戦が勃発し、物資が不足したため、それらの多くが中断を余儀なくされた。同年、次男のワルターと4男のアーサー、そして3男のジョージ (George ) がイタリアとフランスの戦線へ赴いた。ラインズ・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • 神木 (川崎市)

    神木 (川崎市)から見た貨物線貨物線

    武蔵野南線が当地の地下を通過しているが、同線は基本的に貨物線であり、また域内に同線を利用可能な駅設備は存在しない。神木 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

260件中 11 - 20件表示

「貨物線」のニューストピックワード