323件中 11 - 20件表示
  • ラインズ・ブラザーズ

    ラインズ・ブラザーズから見た貨物線貨物線

    1913年、ロンドン近郊の各地に散らばっていた各工場を集約させるため、ロンドン北部トッテナムのダウンレーン (Down Lane ) に大規模な工場が建設された。この工場は効率よく製造ラインを組むため、建築家の助言を元にワルターが設計したもので、『アザミの工場』と呼ばれ、4.5エーカーの土地を有し、原料や製品を鉄道で輸送するための専用の貨物線が設けられていた。1914年に操業を開始し、それまでのカレドニアン工場はショールームとなった。この時新たに300人の従業員を雇い入れた。1914年-1915年のカタログでは新製品として、足こぎ自動車、三輪車、キックスクーター、赤ちゃん歩行器、ブランコ、自動車模型が掲載された。しかし第一次世界大戦が勃発し、物資が不足したため、それらの多くが中断を余儀なくされた。同年、次男のワルターと4男のアーサー、そして3男のジョージ (George ) がイタリアとフランスの戦線へ赴いた。ラインズ・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島貨物ターミナル駅

    鹿児島貨物ターミナル駅から見た貨物線貨物線

    かつてこの駅から中央市場付近まで単線非電化の貨物引込線が伸びていたが国鉄分割民営化までに撤去されている。鹿児島貨物ターミナル駅 フレッシュアイペディアより)

  • 臨港貨物線

    臨港貨物線から見た貨物線貨物線

    臨港貨物線 フレッシュアイペディアより)

  • 紫川信号場

    紫川信号場から見た貨物線貨物線

    小倉駅構内の紫川橋梁改良工事が進められ、工事スペースの関係上、橋梁部分の貨物線が単線化されるために設置されたのが当信号場である。紫川信号場 フレッシュアイペディアより)

  • 浜本斗駅

    浜本斗駅から見た貨物線貨物線

    1930年(昭和5年) - 樺太庁鉄道本斗海岸支線本斗駅 - 当駅間(貨物線。1.3km)開通により開業。浜本斗駅 フレッシュアイペディアより)

  • 浜真岡駅

    浜真岡駅から見た貨物線貨物線

    1929年(昭和4年)12月13日 - 樺太庁鉄道真岡海岸支線真岡駅 - 当駅間(貨物線。1.8km)開通により開業。浜真岡駅 フレッシュアイペディアより)

  • マープタープット工業港

    マープタープット工業港から見た貨物線貨物線

    マープタープット工業港地区へは、1995年8月19日にタイ国鉄東線サッタヒープ支線カオチーチャン駅から分岐する貨物線が開通し、終点の工業団地内にマープタープット貨物駅が設置されている。マープタープット工業港 フレッシュアイペディアより)

  • 貨物線の森緑道

    貨物線の森緑道から見た貨物線貨物線

    横浜開港150周年を記念して2007年(平成19年)12月より東海道本線貨物支線(通称・新興線)の廃線跡を整備し、2008年(平成20年)6月29日に一部開園した。京浜臨海部における「京浜の森」づくり事業の一つである。貨物線の森緑道 フレッシュアイペディアより)

  • ホッパー (鉱業)

    ホッパー (鉱業)から見た貨物線貨物線

    ホッパーは、鉱山で選別した鉱石、炭鉱で採掘した石炭、河川で採取した砂利などを、出荷・積込まで貯めておくための貯炭槽および機械設備である。一般的に、四角の箱状の構造をした建造物であり、規模により巨大なものも存在する。ホッパーは積み出し設備を兼ねるため、主に貨物線・専用線の引込み線や運搬用の道路の上に作られている。貯炭槽となるホッパー自体の形状は、原料が効率よく流れるように円錐型や四角錐となっている。炭鉱においてはボタ山と同様に、炭鉱地域を象徴するものの一つとなっており、閉山後も遺構として残存する場合が多い。ホッパー (鉱業) フレッシュアイペディアより)

  • 西府村

    西府村から見た貨物線貨物線

    武蔵野線貨物支線(下河原線) : 下河原駅(1976年(昭和51年)廃止)西府村 フレッシュアイペディアより)

323件中 11 - 20件表示

「貨物線」のニューストピックワード