260件中 31 - 40件表示
  • 北王子線

    北王子線から見た貨物線貨物線

    北王子線(きたおうじせん)は、東京都北区の田端信号場駅と同区の北王子駅(貨物駅)を結ぶ日本貨物鉄道(JR貨物)の鉄道路線(貨物線)の通称である。正式には東北本線の貨物支線である。かつては、途中から同じく貨物線の須賀線(すかせん)が分岐していた。北王子線 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎港駅

    長崎港駅から見た貨物線貨物線

    戦後も当駅は旅客・貨物とも扱う一般駅として残され、旅客については「上海航路連絡列車によるものに限る」とされたが、該当する旅客列車の運行は行われずに貨物線としてのみ利用されていた(ただし、一時期工場勤務者のための通勤列車が運行されていたという記録もある)。なお、廃止時まで長崎 - 当駅間は電化されなかった。長崎港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 銀川駅

    銀川駅から見た貨物線貨物線

    銀新支線:新城駅終点まで10.751km (貨物線銀川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 千早操車場

    千早操車場から見た貨物線貨物線

    千早操車場(ちはやそうしゃじょう)は、福岡県福岡市東区水谷の鹿児島本線上(千早駅 - 箱崎駅間)にあり、鹿児島本線と博多臨港線(貨物線)の分岐点を兼ねる操車場である。千早操車場 フレッシュアイペディアより)

  • 高島水際線公園

    高島水際線公園から見た貨物線貨物線

    東海道本線の貨物支線である高島線が園内を跨いで走っており、分断している東西の園内を接続する「公園連絡橋」から路線を見渡すことができる。また、目の前には横浜みなとみらいスポーツパークがあり、帷子川の対岸にはポートサイド地区を望める。高島水際線公園 フレッシュアイペディアより)

  • 浜本斗駅

    浜本斗駅から見た貨物線貨物線

    1930年(昭和5年) - 樺太庁鉄道本斗海岸支線本斗駅 - 当駅間(貨物線。1.3km)開通により開業。浜本斗駅 フレッシュアイペディアより)

  • 浜真岡駅

    浜真岡駅から見た貨物線貨物線

    1929年(昭和4年)12月13日 - 樺太庁鉄道真岡海岸支線真岡駅 - 当駅間(貨物線。1.8km)開通により開業。浜真岡駅 フレッシュアイペディアより)

  • 旧雄物川橋梁

    旧雄物川橋梁から見た貨物線貨物線

    本橋梁は、秋田臨海鉄道線(南線)の建設工事に伴って1971年(昭和46年)に完成した。秋田港駅 - 向浜駅間の雄物川水系である旧雄物川(秋田運河)に架かる橋梁である。貨物専用線のため旅客列車が通ることはなく、一日3往復の貨物列車が設定されている。旧雄物川橋梁 フレッシュアイペディアより)

  • 武豊港駅

    武豊港駅から見た貨物線貨物線

    武豊港駅(たけとよみなとえき)は、愛知県知多郡武豊町大字里中にあった、日本国有鉄道(国鉄)武豊線貨物支線の貨物駅である。武豊港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 那珂川駅

    那珂川駅から見た貨物線貨物線

    那珂川駅(なかがわえき)は、かつて茨城県水戸市にあった日本国有鉄道(国鉄)常磐線(貨物支線)の貨物駅(廃駅)である。那珂川駅 フレッシュアイペディアより)

260件中 31 - 40件表示

「貨物線」のニューストピックワード