323件中 81 - 90件表示
  • 高島埠頭

    高島埠頭から見た貨物線貨物線

    埠頭内には高島駅から分岐する貨物支線として表高島駅が設置され、二号桟橋の市営二号上屋と三号桟橋の市営三号上屋には引込み線も敷かれていた。また、新しく造られるごとに桟橋の規模を拡大していったため、戦後に完成した三号桟橋が最も広く係船の利用も多かった。一方、東海汽船の大島航路は現在では大さん橋に寄航するが、1980年代初頭までは当埠頭の一号桟橋に寄航していた。高島埠頭 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和橋

    浦和橋から見た貨物線貨物線

    1931年(昭和6年)7月20日開通。橋長24m、幅8m。それ以前は現在の場所よりやや北側を踏切で平面交差していた。現在の橋は1967年(昭和42年)3月竣工の2代目である。当陸橋は3つの複線をオーバーパスしており、起点(浦和駅西口交差点)側の複線が貨物線(東北貨物線、旅客案内上は湘南新宿ライン)、中央の複線が列車線(旅客案内上は宇都宮線(東北本線)・高崎線・上野東京ライン)、終点(幸手市、内国府間交差点)側の複線が電車線(旅客案内上は京浜東北線)である。当跨線橋は貨物線では浦和駅・大宮駅間、列車線では浦和駅・さいたま新都心駅間、電車線では浦和駅・北浦和駅間にある。浦和橋 フレッシュアイペディアより)

  • ミンスク中央駅

    ミンスク中央駅から見た貨物線貨物線

    5面14線(貨物線を含む)を有する地上駅。ミンスク中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新浦和橋

    新浦和橋から見た貨物線貨物線

    当跨線橋は3本の複線をオーバーパスしており、橋の起点側の複線が貨物線(東北貨物線、旅客案内上は湘南新宿ライン)、中央の複線が列車線(旅客案内上は宇都宮線・高崎線・上野東京ライン)、橋の終点側の複線が電車線(旅客案内上は京浜東北線)であり、当跨線橋は貨物線では浦和駅・大宮駅間、列車線では浦和駅・さいたま新都心駅間、電車線では浦和駅・北浦和駅間にある。新浦和橋 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸フェリー

    厚岸フェリーから見た貨物線貨物線

    厚岸町は、天然の良港である厚岸湾を中心として海運・水産業で発展したこともあり、明治初期は湖南地区に市街地が形成された。1871年(明治4年)の開拓使出張所開設以降、郡役所や町役場といった行政機関も湖南地区に設置され続けた。一方、1917年(大正6年)に釧路から延伸した釧路本線は、湖北地区に厚岸駅を設け、同駅からの貨物線として厚岸湾沿いに浜厚岸駅を設置した。これに伴って湖北地区の開発も進み、両岸を行き来する必要性が高まっていった。厚岸フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 淀川貨物線

    淀川貨物線から見た貨物線貨物線

    淀川貨物線(よどがわかもつせん)は、かつて大阪府吹田市の吹田駅、大阪市都島区の京橋駅および大阪市鶴見区の放出駅から大阪市都島区の淀川駅・初代淀川電車区に至る貨物線の通称であり、正式には片町線の貨物支線であった。放出駅 - 鴫野駅間、巽信号場 - 吹田駅間は現存区間と重複する。淀川貨物線 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父鉄道三ヶ尻線

    秩父鉄道三ヶ尻線から見た貨物線貨物線

    三ヶ尻線(みかじりせん)は、埼玉県深谷市の武川駅と同県熊谷市の熊谷貨物ターミナル駅を結ぶ秩父鉄道の鉄道路線(貨物線)である。秩父鉄道三ヶ尻線 フレッシュアイペディアより)

  • 小名木川橋梁

    小名木川橋梁から見た貨物線貨物線

    国鉄総武本線貨物支線である越中島支線の亀戸駅 - 小名木川駅(現在は廃駅)間の建設工事に伴って1929年(昭和4年)に完成した。新小岩信号場駅 - 小名木川駅間の小名木川に架かる全長59.94mの橋梁である。小名木川橋梁 フレッシュアイペディアより)

  • 旧雄物川橋梁

    旧雄物川橋梁から見た貨物線貨物線

    本橋梁は、秋田臨海鉄道線(南線)の建設工事に伴って1971年(昭和46年)に完成した。秋田港駅 - 向浜駅間の雄物川水系である旧雄物川(秋田運河)に架かる橋梁である。貨物専用線のため旅客列車が通ることはなく、一日3往復の貨物列車が設定されている。旧雄物川橋梁 フレッシュアイペディアより)

  • 竪川橋梁

    竪川橋梁から見た貨物線貨物線

    国鉄総武本線貨物支線である越中島支線の亀戸駅 - 小名木川駅(現在は廃駅)間の建設工事に伴って1929年(昭和4年)に完成した。新小岩信号場駅 - 小名木川駅間の竪川に架かる全長84.48mの橋梁である。竪川橋梁 フレッシュアイペディアより)

323件中 81 - 90件表示

「貨物線」のニューストピックワード