260件中 81 - 90件表示
  • 外浜駅

    外浜駅から見た貨物線貨物線

    門司港駅からの貨物支線の終着駅であったが、駅構内には数本の側線があるのみで、駅北側へ続く田野浦公共臨港鉄道(後述)が分岐していた。貨物支線と臨港鉄道を直通する貨物列車が運行されていた時は、信号場としての役割のみを担っていた。外浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • 油須原線

    油須原線から見た貨物線貨物線

    なお、豊前川崎駅 - 福田駅間の一部は第二大任駅(貨物専用駅)までの貨物線を共用する予定だったと思われる。油須原線 フレッシュアイペディアより)

  • 世知原線

    世知原線から見た貨物線貨物線

    世知原町等の佐々川流域にある炭鉱からの石炭輸送のため、佐世保鉄道が岡本彦馬専用鉄道を譲り受けて運営した軌間762mmの軽便鉄道で、地方鉄道としては1933年に貨物線として開業した。翌年に旅客営業も開始し、1936年には買収・国有化され、鉄道省(国有鉄道)松浦線の名無し支線となった。1945年、松浦線の改軌工事完成に伴って、枝線が松浦線から分離され、世知原線となったが、沿線の炭鉱が閉山すると衰退し、レールバスのキハ10000系(キハ02形)が細々と走る程度になってしまった。世知原線 フレッシュアイペディアより)

  • 千年 (川崎市)

    千年 (川崎市)から見た貨物線貨物線

    当地の地下を武蔵野南線が通過しているが、同線は基本的に貨物線であり、また当地に同線を利用可能な駅などの施設も存在しない。千年 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 八戸臨海鉄道線

    八戸臨海鉄道線から見た貨物線貨物線

    八戸臨海鉄道線(はちのへりんかいてつどうせん)は、八戸臨海鉄道が運営している青森県八戸市の八戸貨物駅と北沼駅を結ぶ鉄道路線(貨物線)である。八戸臨海鉄道線 フレッシュアイペディアより)

  • 水島臨海鉄道港東線

    水島臨海鉄道港東線から見た貨物線貨物線

    港東線(こうとうせん)は、岡山県倉敷市の水島駅から東水島駅に至る水島臨海鉄道の鉄道路線である。貨物営業のみを行っている貨物線である。水島臨海鉄道港東線 フレッシュアイペディアより)

  • 水島臨海鉄道西埠頭線

    水島臨海鉄道西埠頭線から見た貨物線貨物線

    西埠頭線(にしふとうせん)は、岡山県倉敷市の三菱自工前駅から西埠頭駅に至る水島臨海鉄道の鉄道路線である。貨物営業のみを行っている貨物線であるが、現在貨物列車の運行は無い。水島臨海鉄道西埠頭線 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見事故

    鶴見事故から見た貨物線貨物線

    事故地点における貨物線(品鶴線)走行中の佐原発野洲行き下り貨物列車(EF15形電気機関車牽引45両編成)後部3両目のワラ1形2軸貨車(ワラ501)が突然脱線。引きずられて架線柱に衝突した後に編成から外れ、隣の東海道本線上り線を支障した。そこへ同線を走行中の横須賀線電車の久里浜発東京行き上り2000S列車と下り線を走行中の東京発逗子行き下り2113S列車(いずれも12両編成)がほぼ同時に進入した。鶴見事故 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎貨物駅

    川崎貨物駅から見た貨物線貨物線

    JRの東海道本線貨物支線(通称東海道貨物線)、神奈川臨海鉄道の浮島線・千鳥線・水江線が乗り入れる。乗り入れる4路線はいずれも貨物線である。川崎貨物駅 フレッシュアイペディアより)

  • 高島線

    高島線から見た貨物線貨物線

    高島線(たかしません)は、東海道本線の貨物支線のうち、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅から同市神奈川区の東高島駅を経由し同市中区の桜木町駅を結ぶ鉄道路線、およびその支線の通称である。この記事では、この線から分岐してかつて横浜港一帯に伸びていた貨物線である、通称横浜臨港線(よこはまりんこうせん)についても説明する。鶴見地区の臨港線については鶴見線を、本牧埠頭の臨港線については神奈川臨海鉄道本牧線をそれぞれ参照。高島線 フレッシュアイペディアより)

260件中 81 - 90件表示

「貨物線」のニューストピックワード