前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
282件中 1 - 10件表示
  • 1990年代

    1990年代から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大相撲で貴花田光司が19歳5か月の最年少幕内最高優勝を飾る1990年代 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴乃花および白鵬とともに「平成の大横綱」と呼ばれる。四股名は高校在学時に世話になったという高知県土佐市の青龍寺に由来している。また「明徳」という名は出身校の明徳義塾高等学校にちなんで名づけられた。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た貴乃花光司貴乃花光司

    中学校卒業後に友綱部屋に入門し、1988年(昭和63年)3月場所で初土俵を踏んだ。同期には大海(後に64代横綱・曙、現タレント)、貴花田(後に65代横綱・貴乃花、現貴乃花親方)、若花田(後に66代横綱・3代若乃花、現タレント)、和歌乃山(元小結)、力櫻(元幕内)など有望な新弟子がおり、「花の六三組」とも称された。ちなみに貴乃花・和歌乃山・力櫻とは同い年・同学年であった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た貴乃花光司貴乃花光司

    現在では、貴乃花および朝青龍とともに「平成の大横綱」の一人に数えられる。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花部屋

    貴乃花部屋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴乃花部屋(たかのはなべや)は、二子山部屋を前身として現在は貴乃花光司が師匠を務める日本相撲協会所属の相撲部屋。かつては二所ノ関一門に所属していたが、2010年1月以降はどの一門にも所属していない。貴乃花部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1991年1月場所初日に幕内通算805勝目を挙げ、当時の大相撲史上単独1位(現在は史上2位)の記録を達成したが、翌日の逆鉾伸重戦で左腕を痛めて途中休場。翌場所も全休した。復帰場所となった1991年5月場所は初日に、当時新鋭だった貴花田光司と対戦するが、まわしが取れず頭をつけられて寄り切りで破れる。この時は再燃した引退説を否定するも、翌日の板井圭介戦は勝利したものの納得いく相撲とは程遠く、「もう1敗したら引退する」との決意を固めて翌日の貴闘力忠茂戦に挑んで敗戦。取組後に記者会見を開き、気力・体力の限界として現役引退を表明、「小さな大横綱」として歴史に名を刻んだ。引退と同時に、陣幕親方(元前頭1・嶋錦)と自身が所有していた年寄・八角を名跡交換したため、年寄・陣幕を襲名し九重部屋の部屋付きの親方となった。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱

    横綱から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴乃花光司は、1993年(平成5年)5月場所と7月場所を14勝(優勝)・13勝(同点)としたが、理事長から横審委員会への諮問がなく昇進はならなかった。翌1994年(平成6年)は1月場所から9月場所までの5場所中3場所で優勝、うち9月場所では全勝を果たし(14・11・14・11・15勝)、9月場所後には理事長から横審委員会への諮問が行われた。理事長の諮問がありながら横審が否定の答申をした例は、1969年11月場所直後の北の富士以降長年の間なく、新聞各紙も横綱昇進確実と報じたが、25年ぶりに昇進を見送られた。横審が昇進を答申しなかった理由は、2場所連続優勝でないこと、特に7月場所の11勝で貴乃花の綱獲りは白紙に戻ったとしながら、次の9月場所の全勝で「2場所連続優勝は横審委員会の内規であって協会の諮問とは無関係」という姿勢で、横綱推挙を言わば強行した協会の姿勢への批判などが大きな要因だった。横審委員の中では貴乃花の昇進に賛成する者が過半数だったが、内規に定められた「出席委員の3分の2以上の賛成」には達しなかった。しかし貴乃花翌11月場所も15戦全勝し、大関の地位「2場所連続全勝優勝」という双葉山以来(のちに第70代横綱・日馬富士公平も達成)の非の打ち所のない成績で、ようやく横綱昇進を果たした。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た貴乃花光司貴乃花光司

    8日 - 【相撲】貴乃花親方が、大相撲初場所後の2月1日に行われる予定の日本相撲協会役員改選(理事候補)に、所属していた二所ノ関一門を離脱して立候補する意思を表明。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    空前の大相撲人気を牽引した若花田・貴花田の若貴兄弟による始球式でスタートした第1戦は投打でなく捕手の「肩」が勝負を決めた。前年来、捕手のイメージを覆す活躍を見せた全セの古田敦也(ヤクルト)である。全パが2回・3回・8回に仕掛けた盗塁全てを刺した。このうち2回の松永浩美(オリックス)、8回の秋山幸二(西武)は盗塁王に輝いた実績もあるだけに古田の強肩はその後、球界で大きな脅威になった。続く第2戦は予想外の出来事が続出する展開となった。全セが1点ビハインドで迎えた7回裏に全セ2番高木豊(大洋)が同点打を放って膠着したまま延長戦に突入した。その結果、両軍選手を使いすぎ、12回表には前日に登板したことでこの日登板予定の無かった全セ槙原寛己(巨人)が練習用シャツで登板。さらに自打球が顔面に直撃し秋山が負傷退場、野手を使い切った全パは野茂英雄(近鉄)がオリックスのヘルメットを被って代打で登場。その裏の外野守備に工藤公康(西武)が付いた。1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小坂秀二

    小坂秀二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    TBS退職後は相撲評論をはじめ、歯科医療や囲碁を扱う執筆活動を行っていた。相撲に関する著書や寄稿を膨大な数執筆し、双葉山から“若”までの歴代横綱のほぼ全員と面識があったという。著書の中で、柏戸と大鵬の「柏鵬時代」の語を最初に考えたのは自分だったと称している(曰く「柏鵬時代 使用随意」と大書した紙を国技館の記者控え室に貼りだした)。小坂秀二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
282件中 1 - 10件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード