前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
347件中 1 - 10件表示
  • 1990年代の日本

    1990年代の日本から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1月26日 - 大相撲で貴花田光司が19歳5か月の最年少幕内最高優勝を飾る。1990年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た貴乃花光司貴乃花光司

    先輩横綱である輪島は最高の好敵手であり、「輪湖 (りんこ) 時代」を築いた。輪島との通算成績は21勝23敗でほぼ互角で、優勝は両者合わせて38回 (柏鵬の37回を上回る) 。特に1975年9月 - 1978年1月までの15場所間の千秋楽結びの一番は全て「輪島 - 北の湖」という対戦で、千秋楽の結び対戦連続回数15回は史上1位である (2位は白鵬 - 日馬富士の10回、3位は朝青龍 - 白鵬の7回) 。この対戦は、右上手十分の北の湖に対して、輪島は左下手投げを得意としたこともあり、立合いからガップリ四つの横綱同士の力相撲となることが常だった。ちなみに、輪島 - 北の湖による千秋楽結び対戦回数は22回あり、曙 - 貴乃花の27回に次いで、史上2位。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た貴乃花光司貴乃花光司

    その軽量や注文相撲、何より外国人(モンゴル出身)力士という境遇、さらにしばしば上位を苦しめる安美錦と同じ部屋であるために綱取りに際しては厳しい意見が飛び交い、横綱審議委員会の内館牧子に至っては2009年(平成21年)7月場所前に「2場所連続で優勝すれば横綱昇進というのであれば横審はいらない」と発言し、日馬富士の綱取りには極めて高レベルな成績が要求された。こうした横審の逆風に遭う中、2012年(平成24年)9月場所にて2場所連続全勝優勝を決め、見事横綱昇進を果たした。2場所連続全勝優勝での横綱昇進は、1994年11月の二代目貴乃花(現・貴乃花親方)以来実に18年ぶりのことである。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た貴乃花光司貴乃花光司

    中学時代のあるときに友綱部屋の後援者が相撲大会を観戦しており、その時勧誘された ことで中学校卒業後に友綱部屋に入門し、1988年(昭和63年)3月場所で初土俵を踏んだ。同期には大海(後に64代横綱・曙、現プロレスラー)、貴花田(後に65代横綱・貴乃花、現貴乃花親方)、若花田(後に66代横綱・3代若乃花、現タレント)、和歌乃山(後に小結)、力櫻(後に幕内、プロレスラー)など有望な新弟子がおり、「花の六三組」とも称された。貴乃花・和歌乃山・力櫻とは同い年・同学年であった。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1月8日 - 【大相撲】貴乃花親方が、大相撲初場所後の2月1日に行われる予定の日本相撲協会役員改選(理事候補)に、所属していた二所ノ関一門を離脱して立候補する意思を表明。2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 若乃花幹士 (初代)

    若乃花幹士 (初代)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    第65代横綱・貴乃花(一代年寄・貴乃花親方)と第66代横綱・3代若乃花(のち藤島、現実業家・タレントの花田虎上)の二人は甥にあたる。 愛人関係にあった韓国人女性との間の息子が藤島部屋に入門し、1989年3月初土俵。若剛志の四股名で幕下まで昇進した(1997年1月に引退)。 若乃花幹士 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 八百長

    八百長から見た貴乃花光司貴乃花光司

    11月場所は実の兄弟である横綱・貴乃花と大関・若乃花が他の力士に星2つの差をつけ千秋楽へ突入。優勝決定戦で若貴対決が観られるのではないかと思われた。本割において両者ともに敗れたため史上初の兄弟力士での優勝決定戦になった。前場所まで4連覇中だった横綱・貴乃花が四つに組んだ後これといった攻めもなく下手ひねりに敗れる。この取り組みは社会的な注目を集めたが、弟である貴乃花に対しては、八百長とはいわないまでもやはり勝負に徹しきれない心理もあったのではないかという見方は当時から強かったため問題視されることはなかった。しかし、貴乃花が引退後にこれをふりかえって「やりにくかった」と発言、八百長を認めたとの誤解を招いて問題化した。この後、一部報道では決定戦の前夜、両者の師匠であり実父である二子山親方が宿舎の貴乃花の自室を訪ね、「光司、明日は分かっているだろうな」と、暗に優勝を譲ることを求めたとされた。また本割で若乃花が敗れたため、貴乃花-武蔵丸戦を前に二子山親方が再度「分かっているだろうな」と念を入れ、兄弟対決をアシストさせたとも報じた。横綱に昇進し、順調に優勝を重ねる貴乃花に対し、初優勝から2年半以上遠ざかっていた兄である若乃花に実父である二子山が特別な感情を持っていたであろうということは、多くの関係者が証言している。八百長 フレッシュアイペディアより)

  • 湊富士孝行

    湊富士孝行から見た貴乃花光司貴乃花光司

    中学時代は柔道部に所属し、市内の大会で優勝するなどした。相撲も興味があり、高崎市の東京農大二高の相撲部の練習に参加することもあった。同校の監督の助言もあり、中学卒業と同時に湊部屋に入門し、1984年3月場所に初土俵を踏んだ。因みに湊富士が大相撲に進む意思を固めたきっかけは群馬県出身の幕内力士として1912年5月場所の白梅以来65年ぶりに新入幕した栃赤城の存在であり、後に自分より先に同じ群馬県出身の琴錦、琴稲妻、起利錦が関取昇進を果たしたことに対して「自分も続くぞ。」と励みになって稽古したという。決して早くはなかったものの着実に番付を上げて行き、1992年1月場所に十両に昇進した。この時は5勝10敗とはね返されたが、7月場所で返り咲くと二子山部屋への出稽古を重ねて力をつけ、解説の北の富士からも「十両とはいえ同じ関取ですからね」と支持されるほどとなる。出稽古に際しては都内にウィークリーマンションまで借りるほどであった(やくみつるによって一コマ漫画にも描かれた)。特に二子山部屋へは泊り込みでの出稽古をしていたとも伝えられており、稽古を通じて貴乃花を尊敬するとともに貴乃花の稽古から学ぼうとしていたという。1993年5月場所には12勝3敗の好成績を挙げ十両優勝。この場所は千秋楽に勝てば13勝となり近年にない好成績となるはずであったが、敗れて12勝に留まった。十両8枚目の番付であったが、この優勝によって翌7月場所には新入幕を果たした。湊富士孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 三賞

    三賞から見た貴乃花光司貴乃花光司

    三賞最年少受賞 貴乃花光司 18歳3か月(平成3年3月場所)三賞 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲部屋

    相撲部屋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    相撲部屋の数は昭和時代まではおおむね30前後で安定していたが、平成時代になると若乃花・貴乃花兄弟の活躍によって相撲人気が高まり入門志願者が増え、新しい部屋が次々に作られ一時期は部屋の数が50を超えることもあった(2004年の55部屋が史上最多)。しかし、新しい部屋の乱立によって所属力士が数人しかいない小規模な部屋が多くなり、部屋の運営に支障をきたしたり、入門から引退までの期間が短い大学相撲出身の年寄が次々と部屋を新設し、それらの年寄が大相撲の伝統をうまく継承できずに力士が問題を起こすケースが出てきた。相撲部屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
347件中 1 - 10件表示

「花田光司」のニューストピックワード