282件中 91 - 100件表示
  • 小城錦康年

    小城錦康年から見た貴乃花光司貴乃花光司

    同年7月場所では念願の小結昇進を果たすが、5月場所千秋楽の土佐ノ海戦で負けた際に傷めた膝の故障の影響で、4勝11敗と大負けし、以降三役に復帰することはなかった。それでも上位ではたびたび善戦し、西前頭3枚目で迎えた1998年5月場所では横綱貴乃花(金星)、優勝した大関若乃花、大関貴ノ浪に勝利し、8勝7敗で殊勲賞を受賞している。小城錦康年 フレッシュアイペディアより)

  • 昇進伝達式

    昇進伝達式から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大正6年(1917年)1月場所後、大錦卯一郎が横綱に、栃木山守也が大関に、出羽海部屋の両力士が同時昇進を果たしたが、伝達式は一緒に行われたのかどうか、資料が少なくはっきりしない。その後、同様の例は一度もなく(二人とも大関の例では、昭和37年5月場所の栃ノ海晃嘉・栃光正之の同部屋同時昇進の伝達式が一緒に行われている)、平成5年(1993年)7月場所で、ともに二子山部屋の力士であった貴ノ花光司(当時大関・のち横綱貴乃花)と若ノ花勝(当時関脇・のち横綱若乃花)が、それぞれ横綱・大関への同時昇進の可能性があった時には、日本相撲協会も前例から学ぶことができずに苦慮したといわれる。結果的に、同場所では若ノ花の大関昇進だけ実現した。昇進伝達式 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県立日川高等学校

    山梨県立日川高等学校から見た貴乃花光司貴乃花光司

    武井美男 - 元明大中野高校教諭・相撲部監督、若乃花・貴乃花・栃東等を指導山梨県立日川高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 琴別府要平

    琴別府要平から見た貴乃花光司貴乃花光司

    一度新十両を経験しながら、序ノ口に降下した力士が入幕を果たした例は琴別府が初めてであった。同部屋の先輩、大関琴風が膝の負傷で関脇から幕下まで陥落後再起を果たし「地獄を見た男」と呼ばれたことになぞらえて、「新・地獄を見た男」と呼ばれた。その新入幕の場所、巨体を利して前に出る徹底した押し相撲で10勝を挙げ敢闘賞を受賞、注目を集めた。翌1993年1月場所10日目、この場所に大関昇進を賭ける関脇・貴花田を一気に押し倒した相撲でますます評価を高くしたが、13日目に旭道山のけたぐりに敗れた際左太腿を痛め休場に追い込まれ、この場所は勝ち越していたため番付は上がったものの、その後は体重の急増によって動きが悪くなり、伸び悩んだ。このけたぐりでの負傷・休場というパターンは復活後二回にわたって発生しており、地獄を見た男のはまったさらなる地獄として印象に残り、相撲雑誌にもやくみつるによって『けたぐり地獄』なる地獄にはまりこみ鬼に「オニでも泣けてくるじゃねえか」と泣かれるという一コマ漫画が描かれたほどである。1997年1月場所を最後に幕内から陥落。十両でも思うような結果が結果が残せなくなり、11月場所には幕下に陥落し、12日目の相撲を最後に現役を引退した。琴別府要平 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年3月場所

    大相撲平成24年3月場所から見た貴乃花光司貴乃花光司

    この年の2月、大阪場所担当部長に貴乃花親方が就任してそのPR活動が世間の注目を浴びており、観客動員数が増えることが期待された。大相撲平成24年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 峰桜健士

    峰桜健士から見た貴乃花光司貴乃花光司

    中学卒業後、放駒部屋に入門し、1988年3月場所に初土俵を踏む。同期生には横綱曙太郎、貴乃花光司、3代目若乃花、大関魁皇博之ら花の六三組と呼ばれるそうそうたる面々が並ぶ。前相撲では二番出世であった。1988年12月に峰崎親方が峰崎部屋を創設して独立すると移籍する。峰桜健士 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た貴乃花光司貴乃花光司

    日馬富士はこの場所を全勝優勝したが、大関の2場所連続全勝優勝は1994年9月場所と11月場所の貴乃花以来史、1場所15日制定着以降で2人目だった。また、白鵬は横綱昇進以降で初めて3場所続けて優勝を逃した。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • のたり松太郎

    のたり松太郎から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴華田→貴ノ華(貴乃花光司のたり松太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐治敬三

    佐治敬三から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大相撲・若貴兄弟のタニマチとして知られ、若乃花夫妻の媒酌人を務めたり貴乃花を自社製品のCMに起用したことがある。兄弟の父親である貴ノ花も藤島親方時代の1980年代前半に自社製品のCMに起用されており、おそらく兄弟の角界入り前から縁があると思われる。佐治敬三 フレッシュアイペディアより)

  • 維新力浩司

    維新力浩司から見た貴花田貴乃花光司

    相撲取りにあるまじき腹筋の浮いた体格と、俳優・山下真司そっくりの端正な顔立ち、元気溢れる勇敢な取り組みで、十両では若花田・貴花田と並び立つ屈指の人気を博した。愛称は平成の牛若丸。1989年11月場所で西十両筆頭まで昇進したものの、体重が80kgそこそこの小兵であり幕内までは届かなかった。1990年3月場所では、8日目に曙を突き落とし、10日目に若花田を上手投げで土俵下に投げ飛ばすなど後の横綱から豪快な内容で白星をあげている。この間の9日目には貴花田と対戦、内容的には勝っていたものの髷掴みの反則を取られて敗れた。同年7月場所に東十両11枚目で2勝13敗と大幅に負け越し、幕下転落が確実となったため、この場所限りで廃業した。十両での通算成績は141勝159敗。十両在位は20場所と当時の年寄襲名の最低条件(十両連続在位20場所以上)も満たしており、師匠・大鳴戸も将来的には養子にし、部屋を譲る意向があったとも伝えられる。維新力浩司 フレッシュアイペディアより)

282件中 91 - 100件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード