282件中 11 - 20件表示
  • 河野景子

    河野景子から見た貴乃花光司貴乃花光司

    河野 景子(こうの けいこ、1964年11月12日 - )は、日本のタレントであり、元フジテレビアナウンサーである。元大相撲力士で、第65代横綱、貴乃花光司の妻としても知られる。本名:花田 景子(はなだ けいこ、旧姓:河野)。河野景子 フレッシュアイペディアより)

  • 2011 FNS歌謡祭

    2011 FNS歌謡祭から見た貴乃花光司貴乃花光司

    徳永英明と貴乃花光司が『輝きながら…』をコラボ歌唱。貴乃花の出演に関しては、『J-CASTテレビウォッチ』が12月13日付で「伝統ある音楽祭と言っておきながら、ド素人の貴乃花に歌わせ、カラオケ大会の雰囲気を漂わせている」と批判的な意見を掲載した。2011 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃和歌清隆

    栃乃和歌清隆から見た貴乃花光司貴乃花光司

    金星:4個(大乃国1個、北勝海2個、貴乃花1個)栃乃和歌清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のスポーツ

    1995年のスポーツから見た貴乃花光司貴乃花光司

    11月26日 - 大相撲九州場所千秋楽で、史上初の兄弟による優勝決定戦が行なわれ、兄の大関若乃花勝が弟の横綱貴乃花光司を破り優勝した1995年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見た貴乃花光司貴乃花光司

    11月23日 - 日本相撲協会、大関貴乃花光司の横綱昇進を決定1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 玉春日良二

    玉春日良二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1995年3月場所に十両に昇進し、1996年1月場所には幕内に昇進した。初土俵から入幕まで負け越し知らずだった。その新入幕の場所では10勝を挙げ敢闘賞を受賞した。1997年5月場所では、横綱貴乃花を破る初金星を挙げて勝ち越し、殊勲賞を受賞し、翌7月場所には関脇への昇進を果たした。関脇はこの1場所だけで、以後2度の小結を経験するも、三役での勝ち越しはなかった。それでも、全盛期には幕内上位の地位で7個の金星を挙げるなど、上位キラーとして活躍した。しかし、2003年1月場所に右膝の半月板を痛めて休場し幕内から陥落した後は、怪我にも悩まされ幕内中下位や十両に甘んじることが増えた。玉春日良二 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌乃山洋

    和歌乃山洋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1988年3月場所初土俵。曙、貴乃花、若乃花、魁皇らと同期。俗に言う「花の六三組」の1人である。早くから期待の星とされ1991年7月場所に十両に昇進。和歌乃山洋 フレッシュアイペディアより)

  • 幕内最高優勝賞品

    幕内最高優勝賞品から見た貴乃花光司貴乃花光司

    ※ 賜杯・優勝旗は翌場所初日の幕内土俵入り・横綱土俵入りのあとに行われる返還式で優勝力士本人から返還されることになっている。なお、怪我などによる休場で本人が返還できない場合は原則として所属部屋の師匠が代行する。主な事例として、1992年5月場所優勝(新大関となった翌場所は全休)の曙(師匠の東関親方が返還を代行)、1996年9月場所優勝(翌場所は全休)・2001年5月場所優勝(翌場所から7場所連続で全休)の貴乃花(師匠の二子山親方が返還を代行)、2007年7月場所優勝(翌場所から2場所出場停止)・2010年1月場所優勝(場所後に現役引退)の朝青龍(師匠の高砂親方が返還を代行)、などがある。二枚鑑札の力士が優勝翌場所を全休した場合は本人=師匠であるため師匠の出席も困難となるが、優勝旗手制度廃止以降でその例はない。なお、1989年3月場所の千代の富士のように、場所終盤の故障により一人で賜杯を受けられるかどうか危ぶまれたため師匠が付き添った例がある。幕内最高優勝賞品 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    千代大海の大関昇進により、若乃花と貴乃花に次ぐ新しい時代のヒーローとして期待された。しかし新大関の1999年(平成11年)3月場所は、初日から3連敗を喫するなど不調で星が伸びず、さらに10日目の武蔵丸との取り組み中に、武蔵丸の頭突きが鼻に当たって鼻骨を折ってしまい、鼻血を流しながらしばらく立ち上がれず、途中休場する羽目になってしまった。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 湊富士孝行

    湊富士孝行から見た貴乃花光司貴乃花光司

    右四つになると力を発揮した。柔軟な身体で、土俵際に攻め込まれても下手投げを打って逆転するといった粘りの相撲が持ち味で一部の好角家からは、「マシュマロマン」の愛称で親しまれた。三役を狙える場所も有ったが、攻めが遅いところがあり昇進できなかった。地味な存在ではあったが、金星は合計3度も獲得しており、1998年1月場所と同5月場所に貴乃花から、1999年9月場所には武蔵丸からそれぞれ殊勲の星を挙げ、地力の高さを示した。2000年に医師の女性と結婚。2001年7月場所を最後に十両に陥落すると、全盛期のような粘りの相撲が取れなくなり十両下位に低迷。2002年9月場所には幕下に陥落したため現役を引退し、所有していた(事実上、元敷島に貸していた)年寄株を使用して年寄・立田川を襲名し、湊部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっていた。2010年7月に師匠である先代の湊親方(元小結・豊山)と名跡を交換し、湊部屋を継承した。湊富士孝行 フレッシュアイペディアより)

282件中 11 - 20件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード