347件中 11 - 20件表示
  • 貴乃花部屋

    貴乃花部屋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    12代は実子である若花田(若乃花)・貴花田(貴乃花)兄弟や、安芸乃島・貴闘力・貴ノ浪などの関取を育て上げて一時代を築いた。貴乃花部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱

    横綱から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴乃花光司は、1993年(平成5年)5月場所と7月場所を14勝(優勝)・13勝(同点)としたが、理事長から横審への諮問がなく昇進はならなかった。翌1994年(平成6年)は1月場所から9月場所までの5場所中3場所で優勝、うち9月場所では全勝を果たし(14・11・14・11・15勝)、9月場所後には理事長から横審への諮問が行われた。理事長の諮問がありながら横審が否定の答申をした例は、1969年11月場所直後の北の富士以降長年の間なく、新聞各紙も横綱昇進確実と報じたが、25年ぶりに昇進を見送られた。横審が否定の答申をした理由は、2場所連続優勝でないこと、特に7月場所の11勝で貴乃花の綱獲りは白紙に戻ったとしながら、次の9月場所の全勝で「2場所連続優勝は横審の内規であって協会の諮問とは無関係」という姿勢で、横綱推挙を言わば強行した協会の姿勢への批判などが大きな要因だった。横審委員11名の中では貴乃花の昇進に賛成する者が6名と過半数、反対が5名だったが、内規に定められた「出席委員の3分の2以上の賛成」には達しなかった。それでも貴乃花は翌11月場所も15戦全勝し大関の地位で30連勝、大関の地位「2場所連続全勝優勝」という双葉山以来(のちに第70代横綱・日馬富士公平も達成)の非の打ち所のない成績で、ようやく横綱昇進を果たした。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2001年1月場所に新入幕。千秋楽の和歌乃山戦に勝つという条件付きで敢闘賞候補に挙がったものの、これに敗れて9勝6敗となって受賞を逃した。番付運に恵まれて一気に6枚半上昇した翌3月場所も同様に千秋楽に勝利を挙げるという条件付きで敢闘賞候補に入ったものの出島に押し出されてまたしても9勝6敗に終わり、受賞を逃した。東の6枚目で9勝という成績ながら、番付運に恵まれて入幕3場所目の5月場所は新小結に昇進し、初日に初めて招待した両親が見守る中で、横綱武蔵丸を下手投げで降して白星を挙げた。のち現役引退時の会見では一番嬉しかったこととして、この一番をあげている。3日目には貴乃花と初対戦したが、立合いの圧力で負けて大きく押し込まれ、突っ張りで反撃するも全く通じず一方的に押し出された。この場所は結局8勝7敗で場所を終えたものの武蔵丸の他に4大関(武双山・魁皇・千代大海・出島)から初勝利をあげており、新入幕以来3場所連続で三賞候補に入ったその期待に応える形で初三賞となる殊勲賞を獲得。なお千秋楽白星は十両昇進以降この場所が初めてであり、千秋楽にまた負けるかもしれないというプレッシャーやそれを乗り越えた喜びなどをインタビュールームで明かしていた。東小結に昇格した翌7月場所は大関以上の相手に全敗し、再び7勝7敗で迎えた千秋楽でも負けて関取昇進後初の負け越しを経験。しかし翌場所から横綱昇進まで一度も負け越すことなく番付を上げ続けた。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲 (雑誌)

    大相撲 (雑誌)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    表紙を最も多く飾ったのは、横綱大鵬で66回。2位は横綱貴乃花で64回。3位は横綱千代の富士(現九重)で46回。ちなみに創刊号の表紙は横綱吉葉山と大関三根山。また最終号は横綱白鵬が飾っているが、その白鵬は30回の登場で6位だった。また1989年(平成元年)7月号で唯一、幕下力士として若貴兄弟(当時の若花田、貴花田)が父親の元大関貴ノ花と伯父の元横綱初代若乃花(ともに現役時代の写真)とともに登場しており、兄弟力士ツーショットのみの登場も最多の14回を数える。大相撲 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 玉春日良二

    玉春日良二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1995年3月場所に十両に昇進し、1996年1月場所には幕内に昇進した。初土俵から入幕まで負け越し知らずだった。その新入幕の場所では10勝を挙げ敢闘賞を受賞した。1997年5月場所では、横綱・貴乃花を破る初金星を挙げて8勝7敗と勝ち越し、殊勲賞を受賞し、翌7月場所には関脇への昇進を果たした。その場所は7勝8敗と負け越し、関脇はこの1場所だけで、以後2度の小結を経験するも、三役での勝ち越しはなかった。それでも、全盛期には幕内上位の地位で7個の金星を挙げるなど、上位キラーとして活躍した。しかし、2003年1月場所に右膝の半月板を痛めて休場し幕内から陥落した後は、怪我にも悩まされ幕内中下位や十両に甘んじることが増えた。玉春日良二 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1988年(昭和63年)から1992年(平成4年)の時期は二子山勝治が日本相撲協会の理事長であり、1992年(平成4年)から1998年(平成10年)の時期は出羽海智敬が理事長となった。大相撲では通算最多勝記録の1000勝をした金字塔で国民栄誉賞を受賞した横綱千代の富士に続いて大乃国・旭富士・北勝海が引退して横綱が不在となり、大相撲は平幕力士が優勝するなど角界の戦国時代となる。若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の登場で相撲ブームを起こす。1993年(平成5年)に曙太郎が横綱に昇進して、初の外国出身の横綱が誕生する。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のスポーツ

    1995年のスポーツから見た貴乃花光司貴乃花光司

    11月26日 - 大相撲九州場所千秋楽で、史上初の兄弟による優勝決定戦が行なわれ、兄の大関若乃花勝が弟の横綱貴乃花光司を破り優勝した1995年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 武田頼政

    武田頼政から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2004年(平成16年)と2005年(平成17年)に、週刊現代で貴乃花光司に関する記事を書いた。「当時の二子山親方(元大関貴ノ花)に無断で土地の権利書を持ち出した」「貴乃花が同部屋の若乃花と貴ノ浪に敗れた三度の優勝決定戦は八百長」という内容である。貴乃花と妻の花田景子は名誉を傷付けられたとして講談社などに訴訟を起こした。2009年(平成21年)2月16日東京地裁に原告側の証人として貴乃花が、被告側の証人として武田が出廷。また、初代若乃花の花田勝治、花田景子、藤田紀子、花田勝(元若乃花)、松ヶ根親方(元大関若嶋津)が証人申請されたが、却下されている。貴乃花は記事の内容が全て事実無根であると発言した。講談社側は権利書の記述について当時の別の週刊誌に掲載された貴乃花のインタビューを証拠として提出、貴乃花は「覚えていない」とした。武田は若乃花との八百長についての証言者が藤田であると話した。武田頼政 フレッシュアイペディアより)

  • 幕内最高優勝賞品

    幕内最高優勝賞品から見た貴乃花光司貴乃花光司

    ※ 賜杯・優勝旗は翌場所初日の幕内土俵入り・横綱土俵入りのあとに行われる返還式で優勝力士本人から返還されることになっている。なお、怪我などによる休場で本人が返還できない場合は原則として所属部屋の師匠が代行する。主な事例として、1992年5月場所優勝(新大関となった翌場所は全休)の曙(師匠の東関親方が返還を代行)、1996年9月場所優勝(翌場所は全休)・2001年5月場所優勝(翌場所から7場所連続で全休)の貴乃花(師匠の二子山親方が返還を代行)、2007年7月場所優勝(翌場所から2場所出場停止)・2010年1月場所優勝(場所後に現役引退)の朝青龍(師匠の高砂親方が返還を代行)、2013年11月場所優勝(翌場所は初日から休場)の日馬富士(師匠の伊勢ヶ濱親方が返還を代行)、などがある。二枚鑑札の力士が優勝翌場所を全休した場合は本人=師匠であるため師匠の出席も困難となるが、優勝旗手制度廃止以降でその例はない。なお、1989年3月場所の千代の富士のように、場所終盤の故障により一人で賜杯を受けられるかどうか危ぶまれたため師匠が付き添った例がある。幕内最高優勝賞品 フレッシュアイペディアより)

  • 好角家

    好角家から見た貴乃花光司貴乃花光司

    小泉純一郎 - 第87・88・89代内閣総理大臣。元政治家。2001年5月の夏場所で優勝した貴乃花光司へ自ら総理大臣杯を授与し、「感動したっっっ!」と賛辞を送ったことで有名。好角家 フレッシュアイペディアより)

347件中 11 - 20件表示

「花田光司」のニューストピックワード