282件中 21 - 30件表示
  • 敷島勝盛

    敷島勝盛から見た貴乃花光司貴乃花光司

    自己最高位の西前頭筆頭まで上げた1998年3月場所は、3勝12敗と大きく負け越しはしたものの4日目に横綱・貴乃花を寄り切りで破り初金星を挙げ、翌5月場所10日目にも貴乃花を小手投げで破り、2場所連続して金星を挙げた。敷島勝盛 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た貴乃花光司貴乃花光司

    せり上がるときに左手を胸の近くに当てて右手を伸ばす土俵入りで、大多数の横綱がこちらを選択している。2代梅ヶ谷藤太郎が完成したとされ、以降、栃木山守也・双葉山定次・大鵬幸喜・北の湖敏満・千代の富士貢といった大横綱も多くこの雲龍型である。平成以降では曙太郎・貴乃花光司・武蔵丸光洋・朝青龍明徳が選択しているが、4人は全て幕内優勝を10回以上果たし、横綱の地位も4年以上に渡って務めていた。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た貴乃花光司貴乃花光司

    学生時代には数々のタイトルを獲得し、鳴り物入りで、名門部屋である伊勢ノ海部屋に入門し、1994年3月場所、幕下付出で初土俵。四股名は当初から「土佐ノ海」で、これは「土佐の太平洋のように、大きな存在となれ。」という願いをこめて、師匠の伊勢ノ海親方が命名したものである。プロ入り当時から「将来の横綱」と注目され、期待に違わず、トントン拍子に出世。負け越し知らずで1995年7月場所にいきなり西前頭7枚目で新入幕(5月場所に西十両筆頭で14勝1敗で優勝)。新入幕での前頭7枚目という地位は、戦後2番目の大躍進である。日本相撲協会の期待の表れから、新入幕の初日にいきなり大関若乃花、2日目は、横綱貴乃花と対戦(結果は2番とも土佐ノ海の負け)した。新入幕の場所で横綱と対戦した力士は、戦後では土佐ノ海を含め、過去4人だけである。この場所では7勝8敗に終わり、初土俵以来、初の負け越しとなった。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 旭豊勝照

    旭豊勝照から見た貴乃花光司貴乃花光司

    左四つ得意で右上手を取ると力を発揮し、1996年5月場所には新三役・小結に昇進した。その場所には8勝7敗と勝ち越し、翌7月場所には関脇に昇進してもおかしくはなかったが、西から東に回っただけで番付運に泣かされ昇進することはできなかった。その後も幕内上位での相撲が続き、曙、貴乃花から金星を獲得するなど地力の高さを見せた。瓢箪をぶら下げた化粧廻しや、電飾を使った化粧廻しを使用したことでも知られている(後者に関しては、露鵬・白露山兄弟も使用)。旭豊勝照 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た貴乃花光司貴乃花光司

    首相就任直後の2001年5月の夏場所では、たいていは内閣官房副長官(政務)が担当する総理大臣杯の授与を自ら行い、前日の負傷を押して出場し22回目の幕内優勝を勝ち取った横綱貴乃花光司に対して「痛みに耐えてよく頑張った! 感動したっっっ! おめでとう!」との賛辞を送った。「感動したっっっ!」は流行語ともなった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学付属中野中学校・高等学校

    明治大学付属中野中学校・高等学校から見た貴乃花光司貴乃花光司

    相撲部は全国大会優勝の常連であり、かつて花田勝(元横綱・3代目若乃花)、花田光司(元横綱・貴乃花)、志賀太祐(元大関・栃東)らが所属していた。明治大学付属中野中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た貴乃花光司貴乃花光司

    不戦勝の数は10回と史上2位の記録を持つ(史上1位は出羽錦の11回)。 1999年3月場所の10日目には横綱・若乃花戦、翌11日目には横綱・貴乃花戦と、史上初となる2日連続しての不戦勝を記録した。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た貴乃花光司貴乃花光司

    自分の撒いた種とはいえ、琴錦の落ち込みは相当のもので、一時は廃業も考えたという。そんな琴錦に弟子想いの佐渡ヶ嶽親方は7月場所後しばらくの間故郷に帰っての休養を命じた。故郷でも周りから白い目で見られると思っていた琴錦だが地元のファンの温かい励ましを受けたことでやる気を取り戻し、怪我の治療をしながら稽古に励む。東前頭5枚目まで番付を下げた翌9月場所は貴花田、若花田には敗れたものの13勝2敗で幕内優勝し、7月場所に優勝した同部屋の琴富士に続き平幕優勝を成し遂げた。翌11月場所では小結に復帰。初日に霧島、9日目、新入幕の貴ノ浪に敗れるも14日目まで2敗で大関小錦と優勝を争う。その14日目に1敗の大関小錦を破りついに2敗で並ぶ。場所中に当時の二子山理事長から「連覇なら大関も検討する」と言われ、過去に例のない「関脇以下での連続優勝」および前田山以来の「関脇を飛び越えての大関昇進」に期待が高まった。しかし千秋楽若花田に負けて12勝3敗と優勝次点に留まり、連覇にあと一歩及ばなかった。しかもその相撲で古傷の左足首を負傷、1992年1月場所は関脇に返り咲き大関昇進を目指すも、前場所でのケガの回復が遅れて7勝8敗と負け越し、大関取りは振り出しに戻ってしまう。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 武田頼政

    武田頼政から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2004年(平成16年)と2005年(平成17年)に、週刊現代で貴乃花光司に関する記事を書いた。「当時の二子山親方(元大関貴ノ花)に無断で土地の権利書を持ち出した」「貴乃花が同部屋の若乃花と貴ノ浪に敗れた三度の優勝決定戦は八百長」という内容である。貴乃花と妻の花田景子は名誉を傷付けられたとして講談社などに訴訟を起こした。2009年(平成21年)2月16日東京地裁に原告側の証人として貴乃花が、被告側の証人として武田が出廷。また、初代若乃花の花田勝治、花田景子、藤田紀子、花田勝(元若乃花)、松ヶ根親方(元大関若嶋津)が証人申請されたが、却下されている。貴乃花は記事の内容が全て事実無根であると発言した。講談社側は権利書の記述について当時の別の週刊誌に掲載された貴乃花のインタビューを証拠として提出、貴乃花は「覚えていない」とした。武田は若乃花との八百長についての証言者が藤田であると話した。武田頼政 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た貴乃花光司貴乃花光司

    引退前、膝をケガして土俵に上がれなかった時の元横綱 貴乃花の稽古風景博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

282件中 21 - 30件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード