347件中 21 - 30件表示
  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た貴乃花光司貴乃花光司

    不戦勝の数は10回と史上2位の記録を持つ(史上1位は出羽錦の11回)。1999年3月場所の10日目には横綱・若乃花戦、翌11日目には横綱・貴乃花戦と、史上初となる2日連続しての不戦勝を記録した。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌乃山洋

    和歌乃山洋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1988年3月場所初土俵。曙、貴乃花、若乃花、魁皇らと同期。俗に言う「花の六三組」の1人である。早くから期待の星とされ1991年7月場所に十両に昇進。和歌乃山洋 フレッシュアイペディアより)

  • 昇進伝達式

    昇進伝達式から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大正6年(1917年)1月場所後、大錦卯一郎が横綱に、栃木山守也が大関に、と出羽海部屋の両力士が同時昇進を果たしたが、伝達式は一緒に行われたのかどうか、資料が少なくはっきりしない。その後、同様の例は一度もなく(二人とも大関の例では、昭和37年5月場所の栃ノ海晃嘉・栃光正之の同部屋同時昇進の伝達式が一緒に行われている)、平成5年(1993年)7月場所で、ともに二子山部屋の力士であった貴ノ花光司(当時大関・のち横綱貴乃花)と若ノ花勝(当時関脇・のち横綱若乃花)が、それぞれ横綱・大関への同時昇進の可能性があった時には、日本相撲協会も前例から学ぶことができずに苦慮したといわれる。結果的に、同場所では若ノ花の大関昇進だけ実現した。昇進伝達式 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    千代大海の大関昇進により、若乃花と貴乃花に次ぐ新しい時代のヒーローとして期待された。しかし新大関の1999年(平成11年)3月場所は、初日から3連敗を喫するなど不調で星が伸びず、さらに10日目の武蔵丸との取り組み中に、武蔵丸の頭突きが鼻に当たって鼻骨を折ってしまい、鼻血を流しながらしばらく立ち上がれず、途中休場する羽目になってしまった。翌5月場所は公傷が適用されて全休、いきなり初の大関角番となった1999年7月場所は、10勝5敗と勝ち越して角番を脱した。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た貴乃花光司貴乃花光司

    せり上がるときに左手を胸の近くに当てて右手を伸ばす土俵入りで、大多数の横綱がこちらを選択している。2代梅ヶ谷藤太郎が完成したとされ、以降、栃木山守也・双葉山定次・大鵬幸喜・北の湖敏満・千代の富士貢といった大横綱も多くこの雲龍型である。平成以降では曙太郎・貴乃花光司・武蔵丸光洋・朝青龍明徳らが選択しているが、先述の4人は全て幕内優勝を10回以上果たし、横綱の地位も4年以上に渡って務めていた。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 敷島勝盛

    敷島勝盛から見た貴乃花光司貴乃花光司

    自己最高位の西前頭筆頭まで上げた1998年3月場所は、3勝12敗と大きく負け越しはしたものの4日目に横綱・貴乃花を寄り切りで破り初金星を挙げ、翌5月場所10日目にも貴乃花を小手投げで破り、2場所連続して金星を挙げたが、差し手の方でカチ上げる二度手間の立合いが祟って結局三役には届かなかった。敷島勝盛 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見た貴乃花光司貴乃花光司

    11月23日 - 日本相撲協会、大関貴乃花光司の横綱昇進を決定1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    空前の大相撲人気を牽引した若花田・貴花田の若貴兄弟による始球式でスタートした第1戦は全セの古田敦也(ヤクルト)が全パの2回・3回・8回に仕掛けた盗塁全てを刺した。このうち2回の松永浩美(オリックス)、8回の秋山幸二(西武)は盗塁王の実績もあった。続く第2戦は予想外の出来事が続出する展開となった。全セが1点ビハインドで迎えた7回裏に全セ高木豊(大洋)が同点打を放って膠着したまま延長戦に突入した。その結果、両軍選手を使いすぎ、12回表には前日に先発したことでこの日登板予定のなかった全セ槙原寛己(巨人)が練習用シャツで登板。さらに自打球が顔面に直撃し秋山が負傷退場、野手を使い切った全パは野茂英雄(近鉄)がオリックスのヘルメットを被って代打で登場(結果は見逃しの三振)。その裏の外野守備に工藤公康(西武)が付いた(守備機会なし)。1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 河野景子

    河野景子から見た貴乃花光司貴乃花光司

    河野 景子(こうの けいこ、1964年11月12日 - )は、日本のタレントであり、元フジテレビのアナウンサー。元大相撲力士で、第65代横綱、貴乃花光司の妻としても知られる。戸籍名:花田 景子(はなだ けいこ、旧姓:河野)。河野景子 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た貴乃花光司貴乃花光司

    学生時代には数々のタイトルを獲得し、鳴り物入りで、名門部屋である伊勢ノ海部屋に入門し、1994年3月場所、幕下付出で初土俵。四股名は当初から「土佐ノ海」で、これは「土佐の太平洋のように、大きな存在となれ。」という願いをこめて、師匠の伊勢ノ海親方が命名したものである。プロ入り当時から「将来の横綱」と注目され、期待に違わず、トントン拍子に出世。負け越し知らずで1995年7月場所にいきなり西前頭7枚目で新入幕(5月場所に西十両筆頭で14勝1敗で優勝)。新入幕での前頭7枚目という地位は、戦後2番目の大躍進である。日本相撲協会の期待の表れから、新入幕の初日にいきなり大関若乃花、2日目は、横綱貴乃花と対戦(結果は2番とも土佐ノ海の負け)した。新入幕の場所で横綱と対戦した力士は、戦後では土佐ノ海を含め、過去4人だけである。この場所では7勝8敗に終わり、初土俵以来、初の負け越しとなった。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

347件中 21 - 30件表示

「花田光司」のニューストピックワード