282件中 31 - 40件表示
  • 嵐望将輔

    嵐望将輔から見た貴乃花光司貴乃花光司

    東京都福生市の中学校を卒業して二子山部屋に入門し、1988年3月場所で初土俵を踏む。この場所に入門した力士は花の六三組と呼ばれ、横綱曙、貴乃花、3代目若乃花、大関魁皇らそうそうたる面々が並んでいる。初土俵時の四股名は「若井上」。嵐望将輔 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た貴乃花光司貴乃花光司

    若貴兄弟(貴乃花光司・若乃花勝)の活躍により、一時相撲ブームが起こった(二人の名を取って若貴ブームとも呼ばれた)。伯父が名横綱・初代若乃花、父が名大関・初代貴ノ花という血統が、オールドファンを呼び戻すとともに、貴乃花の精悍な風貌、若乃花の人好きのする童顔は、それまで相撲に興味のなかった層の女性ファンも獲得した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲部屋

    相撲部屋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    平成の時代からはウェイトトレーニング設備を備えた部屋も多い。昭和時代までは器具で作った筋肉は相撲では役に立たないと敬遠される傾向があった(隆の里や霧島など昭和世代の力士にもウェイトトレーニングを取り入れた例はあった)が、平成に入って貴乃花や武双山らの成功もあって、力士が他のトレーニングジムへ通う煩を避けるためもあり、こうした傾向が進んでいる。入門時の基準にこうした設備の充実を挙げる新弟子も少なくない。相撲部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大相撲の貴乃花光司・武蔵丸光洋両横綱が引退。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回NHK紅白歌合戦

    第42回NHK紅白歌合戦から見た貴乃花光司貴乃花光司

    審査員である若花田・貴花田の「若貴」兄弟がセリ上がりで登場して開会を宣言。この年以降、オープニングに趣向を凝らした大掛かりな構成・演出が採られるようになった。第42回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 大乃国康

    大乃国康から見た貴乃花光司貴乃花光司

    昇進直前の2場所は全て優勝次点だったが、直前3場所通算の成績は40勝5敗で近年では貴乃花(41勝4敗)に次ぐ高い数字(当時若乃花(2代)と並ぶ最高タイ記録)であった。ただし、1987年11月場所後に双羽黒が師匠・立浪親方(元関脇・安念山)らとの衝突の末廃業事件を起こしたきっかけに、「横綱昇進の条件は(原則として)大関の地位で2場所連続優勝」に事実上変更されたため、現在大乃国が大関で連覇を果たせず昇進した最後の横綱となっている。大乃国康 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲 (雑誌)

    大相撲 (雑誌)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    表紙を最も多く飾ったのは、横綱大鵬で66回。2位は横綱貴乃花で64回。3位は横綱千代の富士(現九重)で46回。ちなみに創刊号の表紙は横綱吉葉山と大関三根山。また最終号は横綱白鵬が飾っているが、その白鵬は30回の登場で6位だった。また1989年(平成元年)7月号で唯一、幕下力士として若貴兄弟(当時の若花田、貴花田)が父親の元大関貴ノ花と伯父の元横綱初代若乃花(ともに現役時代の写真)とともに登場しており、兄弟力士ツーショットのみの登場も最多の14回を数える。大相撲 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1995年(平成7年)3月場所には横綱貴乃花から初の供給となる金星を獲得した。1997年(平成9年)3月場所には旭鷲山戦で右足親指を骨折し途中休場。初土俵以来続いた連続出場記録が1359で途切れた。30代後半を迎えた寺尾の突っ張りはなお衰えを知らなかったが、力士の大型化が進んだこともあってか2000年(平成12年)7月にはついに十両陥落。周囲からは引退の声も囁かれたが寺尾は続行を決意。翌年3月場所、5場所ぶりに幕内復帰した。38歳であった。再陥落後は昇進のチャンスもあったが、十両上位の星運に泣いた。2002年(平成14年)9月場所千秋楽で勝利を決めて引退。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 若乃花幹士 (初代)

    若乃花幹士 (初代)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    第65代横綱・貴乃花(現:一代年寄・貴乃花親方)と第66代横綱・3代若乃花(のち藤島、現実業家・タレント)の二人は甥にあたる。 愛人関係にあった韓国人女性との間の息子が藤島部屋に入門したが、幕下止まりで1997年に廃業している。若乃花幹士 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た貴乃花光司貴乃花光司

    先輩横綱である輪島は最高の好敵手であり、「輪湖(わうみ・りんこ)時代」を築いた。輪島との通算成績は21勝23敗でほぼ互角で、優勝は両者合わせて38回(柏鵬の37回を上回る)。特に1975年9月 - 1978年1月までの15場所間の千秋楽結びの一番は全て「輪島 - 北の湖」という対戦で、千秋楽の結び対戦連続回数15回は史上1位である(2位は朝青龍 - 白鵬の7回)。この対戦は、右上手十分の北の湖に対して、輪島は左下手投げを得意としたこともあり、立ち会いからガップリ四つの横綱同士の力相撲となることが常だった。ちなみに、輪島 - 北の湖による千秋楽結び対戦回数は22回あり、曙 - 貴乃花の27回に次いで、史上2位。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

282件中 31 - 40件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード