347件中 31 - 40件表示
  • 蒼樹山秀樹

    蒼樹山秀樹から見た貴乃花光司貴乃花光司

    飲食店の次男坊に生まれ、小中時代は野球をやっていたが兄の廃業を機に意志を継ぐ形で大相撲入りを決意。1985年3月場所初土俵。前相撲は一番出世だったものの、序ノ口に付いてから10連敗した。その後は順調に番付を上げて行き1991年11月場所、寺木の本名で十両に昇進した。新十両の場所は4勝11敗と大きく負け越して翌場所に幕下に陥落。陥落した1992年1月場所に四股名を蒼樹山に改めている。5月場所で十両に復帰してからは十両に定着し、1993年3月場所に新入幕を果たした。当初は十両との往復が続いたが、1995年11月場所に4度目の入幕をしてからは幕内に定着。1997年7月場所には東前頭2枚目の地位で貴乃花との相撲を制し、新三役を期待されたが、終盤に負けが込み6勝9敗で負け越した。その後も激しい突き押しを武器に何度か三役昇進が覗える地位に番付を上げることはあったが昇進はならなかった。元々左手首骨折などに悩まされていたが、2000年1月場所に右アキレス腱を断裂し、以降思うような相撲が取れなくなり十両に陥落することが多くなった。2003年11月場所は西十両8枚目の地位で初日から9連敗、10日目を最後に現役を引退し、年寄・枝川を襲名した。現在は時津風部屋の部屋付きの親方として後進の指導にあたっている。2012年3月場所からは審判委員を務めている。蒼樹山秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1995年(平成7年)3月場所には横綱貴乃花から初の供給となる金星を獲得した。1997年(平成9年)3月場所には旭鷲山戦で右足親指を骨折し途中休場。初土俵以来続いた連続出場記録が1359で途切れた。30代後半を迎えた寺尾の突っ張りはなお衰えを知らなかったが、力士の大型化が進んだこともあってか2000年(平成12年)7月にはついに十両陥落。周囲からは引退の声も囁かれたが寺尾は続行を決意。翌年3月場所、5場所ぶりに幕内復帰した。38歳であった。再陥落後は昇進のチャンスもあったが、十両上位の星運に泣いた。2002年(平成14年)9月場所、十両11枚目の地位で怪我により3日目から5日目まで途中休場。再出場の6日目に初白星を挙げ、最後の相撲となった千秋楽では小城錦に勝利を決めるも、5勝8敗2休と負け越し幕下陥落が必至となり同9月場所限りで現役引退。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸乃島勝巳

    安芸乃島勝巳から見た貴乃花光司貴乃花光司

    現役引退後は年寄・藤島を襲名(2003年3月に自身が2002年9月から所有していた山響の名跡と貴乃花が所有していた藤島の名跡を交換済み)するとともに二子山部屋(後に貴乃花部屋)の部屋付親方として後進の指導に当たった。しかし自身の引退相撲への出席を貴乃花が拒否するなど次第に暗雲が漂い始める。後に年寄名跡を藤島から千田川に変更したが、この頃から現役時代は弟弟子だった貴乃花親方と指導方針や部屋運営の考えの違いからの確執が表面化し、2004年(平成16年)9月27日付で先代高田川が1998年に高砂一門より破門されて以来、どの一門にも属さない無派閥であった高田川部屋に移籍した。貴乃花親方から移籍許可書類への押印も拒否されたため、破門をも申し入れる事態に発展。貴乃花により部屋への出勤停止に遭っていたばかりか出入り禁止にもされて話し合いの機会を失っていた千田川は、2004年9月場所11日目(9月22日)に審判部室で必要書類を出して貴乃花に対して所属部屋変更届の承認を求める事態を起こした。このような確執もあって結果的には師匠の押印を特別に免除され、保証人として病床に臥していた11代二子山親方に判を押してもらい事無きを得たが、これにより貴乃花部屋とは完全に訣別した。安芸乃島勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・フィッティパルディ

    クリスチャン・フィッティパルディから見た貴乃花光司貴乃花光司

    クリスチャン・フィッティパルディ(Christian Fittipaldi, 1971年1月18日 - )は、ブラジル出身のレーシングドライバーである。父はかつて存在したF1チームフィッティパルディのオーナーであるウィルソン・フィッティパルディ、叔父は元F1ワールドチャンピオンでインディ500優勝者でもあるエマーソン・フィッティパルディである。甘いマスクで人気が高かったためフジテレビF1中継でのニックネームは「F1貴花田」と呼ばれていた。クリスチャン・フィッティパルディ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大相撲の貴乃花光司・武蔵丸光洋両横綱が引退。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回NHK紅白歌合戦

    第42回NHK紅白歌合戦から見た貴乃花光司貴乃花光司

    審査員である若花田勝(現:花田虎上)・貴花田光司(現:貴乃花親方)の「若貴」兄弟がセリ上がりで登場して開会を宣言。この年以降、オープニングに趣向を凝らした大掛かりな構成・演出が採られるようになった。第42回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た貴乃花光司貴乃花光司

    自分の撒いた種とはいえ、琴錦の落ち込みは相当のもので、一時は廃業も考えたという。そんな琴錦に弟子想いの佐渡ヶ嶽親方は7月場所後しばらくの間故郷に帰っての休養を命じた。故郷でも周りから白い目で見られると思っていた琴錦だが地元のファンの温かい励ましを受けたことでやる気を取り戻し、怪我の治療をしながら稽古に励む。東前頭5枚目まで番付を下げた翌9月場所は貴花田、若花田には敗れたものの13勝2敗で幕内優勝し、7月場所に優勝した同部屋の琴富士に続き平幕優勝を成し遂げた。翌11月場所では小結に復帰。初日に霧島、9日目、新入幕の貴ノ浪に敗れるも14日目まで2敗で大関・小錦と優勝を争う。その14日目に1敗の大関小錦を破りついに2敗で並ぶ。前々場所4勝11敗と負け越しているのにも関わらず、場所中に当時の二子山理事長から「連覇なら大関も検討する」と言われ、過去に例のない「関脇以下での連続優勝」および前田山以来の「関脇を飛び越えての大関昇進」に期待が高まった。しかし千秋楽若花田に負けて12勝3敗と優勝次点に留まり、連覇にあと一歩及ばなかった。しかもその相撲で古傷の左足首を負傷、1992年1月場所は関脇に返り咲き大関昇進を目指すも、前場所でのケガの回復が遅れて7勝8敗と負け越し、大関取りは振り出しに戻ってしまう。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の日本

    1991年の日本から見た貴乃花光司貴乃花光司

    横綱・千代の富士が通算1045勝という記録を残し現役を引退、元大関・貴ノ花の息子である若花田・貴花田の兄弟力士の活躍で大相撲は世代交代の転換期を迎えた。1991年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 旭豊勝照

    旭豊勝照から見た貴乃花光司貴乃花光司

    左四つ得意で右上手を取ると力を発揮し、1996年3月場所では貴乃花から金星を挙げて9勝6敗で殊勲賞。翌5月場所には新三役で小結に昇進した。その場所には8勝7敗と勝ち越し、翌7月場所には関脇に昇進してもおかしくはなかったが、西から東に回っただけで番付運に泣かされ昇進することはできなかった。続く9月場所は曙から金星を挙げて9勝6敗で敢闘賞。その後も幕内上位での相撲が続き、曙太郎・貴乃花光司から金星を獲得するなど地力の高さを見せた。瓢箪をぶら下げた化粧廻しや、電飾を使った化粧廻しを使用したことでも知られている(後者に関しては、露鵬・白露山兄弟も使用)。旭豊勝照 フレッシュアイペディアより)

  • 安美錦竜児

    安美錦竜児から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2003年1月場所8日目には横綱・貴乃花を初挑戦で送り出しで破り、自身初となる金星を獲得した。その翌日に貴乃花はこの取組を最後に現役引退を表明したため、貴乃花の現役最後の対戦相手となった。同年5月場所には11勝4敗の好成績を挙げて2回目の技能賞を受賞した。翌7月場所には横綱・武蔵丸を破り2個目の金星を獲得した。2005年9月場所には横綱・朝青龍を破り3個目の金星を獲得した。だが2003年7月場所11日目の闘牙戦で前十字靱帯と半月板を損傷する重傷を負い、翌日から休場。この怪我は当時まだ小兵の範疇から抜け出していない体格であったことが原因で起こったとされており、師匠の伊勢ヶ濱も「早いうちから体をつくっておけば、あんなことは起きなかったかもしれない。もったいない」と悔やんでいた。医者からは即手術を勧められたが、手術すれば復帰まで半年を要することと「やってみたら意外にそこそこの相撲はとれた」と感じたことから敢えて手術せずに膝の周りを鍛え、怪我と付き合いながら戦い続ける道を選んだ。安美錦竜児 フレッシュアイペディアより)

347件中 31 - 40件表示