347件中 41 - 50件表示
  • 取組

    取組から見た貴乃花光司貴乃花光司

    優勝決定戦における同部屋・兄弟による優勝決定戦の代表的な例としては、1995年(平成7年)11月場所の若乃花勝 - 貴乃花光司がある。取組 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃和歌清隆

    栃乃和歌清隆から見た貴乃花光司貴乃花光司

    金星:4個(大乃国1個、北勝海2個、貴乃花1個)栃乃和歌清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 花田虎上

    花田虎上から見た貴乃花光司貴乃花光司

    花田 虎上(はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、東京都中野区(出生地は杉並区)出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士、第66代横綱・若乃花 勝(わかのはな まさる)、3代目若乃花となる。父は元大関の貴ノ花、母は女優の藤田紀子、弟は第65代横綱の貴乃花、伯父は第45代横綱の初代若乃花、甥(弟・貴乃花の長男)は靴職人・タレントの花田優一。本名は花田 勝(はなだ まさる)。花田虎上 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐望将輔

    嵐望将輔から見た貴乃花光司貴乃花光司

    東京都福生市の中学校を卒業して二子山部屋に入門し、1988年3月場所で初土俵を踏む。この場所に入門した力士は花の六三組と呼ばれ、横綱曙、貴乃花、3代目若乃花、大関魁皇らそうそうたる面々が並んでいる。初土俵時の四股名は「若井上」。嵐望将輔 フレッシュアイペディアより)

  • 剣晃敏志

    剣晃敏志から見た貴乃花光司貴乃花光司

    剣晃は平成の大横綱・貴乃花光司など、上位力士相手にも容赦ない張り手をかますなど闘志溢れる相撲が取り口で、自ら「ヒール」を公言していた。特に1993年3月場所での対浪乃花教天戦の張り手合戦は有名である。さらに大関の貴ノ浪貞博には幕内対戦成績が過去9勝9敗の五分で3回にわたり3連勝するなどと圧倒的に強く、「貴ノ浪の最大の天敵」とも言われていた。剣晃は差し身が上手く根は左四つだが、右四つでももろ差しでも相撲が取れて投げや吊り、寄りにも鋭さがあった。剣晃敏志 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た貴乃花光司貴乃花光司

    翌1994年(平成6年)1月場所は自身初の大関獲りの場所となった。しかし、同部屋に貴ノ花と若ノ花の2大関がいるため、同じく大関獲りだった武蔵丸よりも好成績が求められた。7日目、それまで1度も勝てなかった横綱曙との対戦で斜めに仕切る(本人いわく「突っ張りの威力をそらす狙いだった」)という奇策に出る。これが効いたのか、珍手の河津掛けで曙を倒し、ようやく横綱戦初勝利をおさめる。結果13勝2敗の成績を残し、2回目の敢闘賞を受賞。同年1月場所後、ライバル武蔵丸と同時に大関昇進が決まった。大関同時昇進は1977年(昭和52年)1月場所後の若三杉・貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • 旭鷲山昇

    旭鷲山昇から見た貴乃花光司貴乃花光司

    当初大島は「もう1人だけついでに」というつもりで旭鷲山を採用したに過ぎなかったが、その時の予想に反して1995年3月場所で新十両に昇進し、1996年9月場所で新入幕を果たした。幕内に上がると多彩な技で観客を沸かし、「技のデパート・モンゴル支店」(“本店”は舞の海)と評された。幕内2場所目、横綱貴乃花休場により初日と2日目の割返し(貴乃花休場決定前に取組編成が行われていた)が行われた際に以前から対戦を望んでいた小錦(旭鷲山が初土俵を踏んだ場所に幕内最高優勝した力士であるため「いつか対戦したい相手」の筆頭として名を上げていた)との割が2日目に実現、これに勝利する。新入幕から所要3場所で小結に昇進したが、新三役となった1997年3月場所で4勝11敗と大きく負け越して以来一度も三役に復帰することは無く、引退場所となった2006年11月場所まで58場所連続平幕在位の史上1位の記録を持つ。旭鷲山昇 フレッシュアイペディアより)

  • 大乃国康

    大乃国康から見た貴乃花光司貴乃花光司

    昇進直前の2場所は全て優勝次点だったが、直前3場所通算の成績は40勝(5敗)で近年では貴乃花(41勝)に次ぐ高い数字(当時第56代横綱・2代若乃花と並ぶ最高タイ記録)であった。ただし、1987年11月場所後に双羽黒が師匠・立浪親方(元関脇・安念山)らとの衝突の末廃業事件を起こしたきっかけに、その後「横綱昇進の条件は(原則として)大関の地位で2場所連続優勝」に事実上変更される。それ以降、第63代・旭富士から第70代・日馬富士の8力士は全て「大関2場所連覇」での横綱昇進だったが、2014年5月場所新横綱の第71代・鶴竜は14勝(優勝同点)・14勝(優勝)と、27年ぶりに大乃国以来連覇無しでの横綱昇進となっている。大乃国康 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た貴乃花光司貴乃花光司

    近年の傾向として、かつてほど「山」や「海」が用いられなくなっている。日本人の郷土意識の希薄化と、自然破壊の進行でかつての名勝地でも荒廃が進み、避けられるようになったことが、要因として挙げられる。「川」は、山や海よりも前に若瀬川あたりからあまり使われなくなった(2009年に入りモンゴル出身の?瀬川が十両昇進するも2011年に大相撲八百長問題により引退)。現在「川」のつく四股名は、本名を除くと現役力士では北勝川・泉川・隅田川の3人のみである。川は流れるので星も流れる、足が流れるというので好まれなくなったという。「○ヶ嶽」の形の四股名も昭和戦前までは多かったが、戦後の関取では、琴ヶ嶽と階ヶ嶽の2人しかいない。駒ヶ嶽が横綱昇進を期待されながら現役で亡くなったり出羽ヶ嶽が悲劇的な土俵人生を過ごしたことから避けられるようになったという。一方、琴欧洲、把瑠都のように郷土を遠く離れた外国出身力士に郷土ゆかりの四股名が目立つが、欧州、東欧などの漠然とした地名 や「把瑠都」など強引とも取れる当て字の使用に関しては批判もある。現に横綱審議委員を務めていた頃の内館牧子は、安直な名付けであるとして名付け親である親方の責任を問う論調のコラムを寄せていた。また、南ノ島勇(南乃島勇の父)はトンガ王国出身ということで「南ノ島」と四股名を付けられたが、勝ち名乗りの際に行司が四股名を忘れてしまい「トンガ〜」と呼ばれたことがある。貴乃花が一時代を築いた頃には「ノ」や「の」よりも「乃」の使用が多くなったり、大鵬の影響で大鵬部屋以外でも「鵬」の付く四股名が増えるなど、大横綱の四股名にあやかった流れが起きた。日本のシンボルである富士山にあやかって「富士」の字を付ける力士も多く、2017年9月場所終了時点で戦後の横綱だけでも5人が「富士」の字をつけている。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た貴乃花光司貴乃花光司

    首相就任直後の2001年5月の夏場所では、たいていは内閣官房副長官(政務)が担当する総理大臣杯の授与を自ら行い、前日の負傷を押して出場し22回目の幕内優勝を勝ち取った横綱貴乃花光司に対して「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した! おめでとう!」との賛辞を送った。「感動した!」は流行語ともなった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

347件中 41 - 50件表示

「花田光司」のニューストピックワード