282件中 41 - 50件表示
  • 雅山哲士

    雅山哲士から見た貴乃花光司貴乃花光司

    関脇に陥落した平成13年(2001年)11月場所は公傷全休が適用され、平成14年(2002年)1月場所では関脇の地位で10勝以上挙げれば大関特例復帰だったが、怪我の回復が大幅に遅れ又も全休。公傷適用では無い為、翌3月場所は東前頭8枚目まで下がってしまったが、9勝6敗と5場所ぶりに勝ち越した。しかしその後も暫くは平幕の地位に低迷、時折三役に上がっても全く勝ち越せない状況が続いた。平成15年(2003年)1月場所では横綱貴乃花との取組で疑惑の判定に巻き込まれた上に右足を負傷するなどの不運を被った(後述)。だが、平成16年(2004年)7月場所に平幕で12勝3敗と優勝次点の好成績を挙げて大勝し、翌9月場所に関脇に戻ると9勝6敗の成績を挙げ、大関昇進を決めた場所以来となる三役での勝ち越しを果たした。それ以来上位に定着して、再度の大関挑戦を期待されるようになる。雅山哲士 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    野球界のみならず、相撲界にも人脈を持つ。上京した際の居住先の近くに二子山部屋(現・貴乃花部屋)があり交流を持つようになった。貴乃花親方の好意で朝稽古を見学したり、ちゃんこを御馳走になることもある。元関脇・貴闘力(後の大嶽親方)とは特に親しくしており、断髪式でも鋏を入れた1人である。また、彼や高見盛のものまねも得意としている。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 二子山部屋

    二子山部屋から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2004年にその息子である横綱・貴乃花が継承し「貴乃花部屋」となった。なお、貴乃花部屋の項目も参照されたい。二子山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花利彰

    貴ノ花利彰から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1993年1月場所後に次男の花田光司が四股名を「貴花田」から「貴ノ花」に変え、そして横綱名及び親方名である現在の「貴乃花」にして以降は、父の方は「初代貴ノ花」または「先代貴ノ花」と呼ばれている。貴ノ花利彰 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た貴乃花光司貴乃花光司

    実に、貴乃花光司以来の2場所連続全勝での綱取りであった。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1988年(昭和63年) - 1992年(平成4年)の時期は二子山勝治が日本相撲協会の理事長であり、1992年(平成4年) - 1998年(平成10年)の時期は出羽海智敬が理事長となった。大相撲では通算最多勝記録の1000勝をした金字塔で国民栄誉賞を受賞した横綱千代の富士に続いて大乃国・旭富士・北勝海が引退して横綱が不在となり、大相撲は平幕力士が優勝するなど角界の戦国時代となる。若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の登場で相撲ブームを起こす。1993年(平成5年)に曙太郎が横綱に昇進して、初の外国出身の横綱が誕生する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花光司

    貴ノ花光司から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴ノ花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴花田光司

    貴花田光司から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴花田光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴花田

    貴花田から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴花田 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花親方

    貴乃花親方から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴乃花親方 フレッシュアイペディアより)

282件中 41 - 50件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード