347件中 51 - 60件表示
  • 2017年の相撲

    2017年の相撲から見た貴乃花光司貴乃花光司

    14日 - 【大相撲】【不祥事】横綱日馬富士が、巡業中の10月26日未明、酒席で貴ノ岩をビール瓶などで殴打、同月29日に貴乃花親方が鳥取県警察に被害届を提出していたことが判明。貴ノ岩が11月5日から福岡市内の病院に入院、九州場所初日から休場する事態となっていることから、日本相撲協会が師匠である伊勢ケ浜親方に事情聴取、事実と認める。11月13日、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度」という貴ノ岩の診断書が公表される。同14日より日馬富士は九州場所を休場。2017年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1988年(昭和63年)から1992年(平成4年)の時期は二子山勝治が日本相撲協会の理事長であり、1992年(平成4年)から1998年(平成10年)の時期は出羽海智敬が理事長となった。大相撲では通算最多勝記録の1000勝をした金字塔で国民栄誉賞を受賞した横綱千代の富士に続いて大乃国・旭富士・北勝海が引退して横綱が不在となり、大相撲は平幕力士が優勝するなど角界の戦国時代となる。若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の登場で相撲ブームを起こす。1993年(平成5年)に曙太郎が横綱に昇進して、初の外国出身の横綱が誕生する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1991年1月場所初日に幕内通算805勝目を挙げ、当時の大相撲史上単独1位(現在は史上2位)の記録を達成したが、翌日の逆鉾戦で左腕を痛めて途中休場。翌場所も全休した。復帰場所となった1991年5月場所は初日に新鋭・貴花田(のち貴乃花)と対戦。3月場所の休場を経て5月場所を出場した目的である貴花田と対戦するが、まわしが取れず頭をつけられて寄り切りで敗れた。再燃する引退説をこの時は否定、翌日の板井戦は勝利したものの納得いく相撲とは程遠く「もう1敗したら引退する」と決意して3日目の貴闘力戦に挑んだがとったりで完敗。この貴闘力戦の取組を最後に、その日の夜に九重部屋にて緊急記者会見して現役引退を表明。その冒頭、「体力の限界・・・、気力もなくなり、引退することになりました。」と呟いたのは有名である。そして「最後に貴花田と当たってね、若い、強い芽が出てきたなと、そろそろ潮時だなと」と貴花田戦の衝撃をコメントしていた。そうして「小さな大横綱」として歴史に名を刻んだその相撲人生を終えた。日本相撲協会はその理事会において功績顕著として全会一致で一代年寄を認めたが、将来的に九重部屋を継ぐことが決まっていたため、同じ九重部屋に所属していた16代・陣幕(元前頭1・嶋錦)と千代の富士自身が所有していた年寄・八角の名跡交換を行い、17代・陣幕を襲名し九重部屋の部屋付きの親方となった。あと1回優勝すれば大鵬の優勝32回に並ぶところでの引退であり、巷では引退を惜しむ声が高かったが、九重は塩澤実信のインタビューで「そりゃみんなそう言うし、本人もできればもう一度優勝して辞めたかったんだろうけど、しかし僕は『記録は31回も32回も一緒だ。記録にこだわっちゃいかん。辞める時が大事だ』と言ったんです。そういう意味じゃ、僕も納得したし、千代の富士本人も納得したいい辞め方だったと思います」と答えている。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 旭富士正也

    旭富士正也から見た貴乃花光司貴乃花光司

    翌7月場所は優勝候補筆頭と言われたが、初日で新小結・貴花田に敗れ、その後も膵臓炎の再発で大きく崩れてしまい8勝7敗。なお、この場所千秋楽の北勝海戦が、日本出身力士の横綱同士による最後の対戦となっている。又これが旭富士の現役最後の千秋楽まで皆勤場所となった。9月場所は2日目の若花田に、右手一本の上手投げで吹っ飛ばされる等散々の内容で6日目より途中休場、平幕時代の1987年1月場所から続いた連続勝ち越し記録も、28場所でストップした。翌11月場所も慢性膵炎と脊椎分離症のため全休した。旭富士正也 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2010年10月1日、かつての自身の部屋の近くの江東区扇橋2丁目に、焼肉店「焼肉本店ドラゴ(Drago : 伊)」を開店している。店の命名者は弟弟子だった貴乃花で、看板を揮毫し、開店日にも店を訪れている。開店時に元幕内駿傑を雇用するなど、引退力士の再就職支援も行っている。現役時代から神戸牛を扱う地元の兵庫県の企業と懇意で、牛肉の仕入れを確保したことから焼肉店経営者として成功した。相撲=がっつり、がっつり=肉、肉=牛肉、牛肉=神戸、神戸=貴闘力、の連鎖が生み出す物語性、SNS映え、高原価率、などが成功要因とみられる。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た貴乃花光司貴乃花光司

    引退前、膝をケガして土俵に上がれなかった時の元横綱 貴乃花の稽古風景博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た貴乃花光司貴乃花光司

    平成初期に千代の富士貢以下横綱が相次いで引退し一時的に横綱が不在になる。この時期は大型のハワイ出身力士が台頭し、6代小錦八十吉が横綱昇進目前まで行く。その後、曙太郎、武蔵丸光洋がそれぞれ横綱昇進、優勝回数を二ケタに乗せる。また、二子山部屋が師匠貴ノ花健士の息子である若乃花勝・貴乃花光司を中心に多くの関取を輩出した。若乃花・貴乃花は特に女性ファンの獲得に成功し、若貴ブームと呼ばれた。1993年頃から2000年頃にかけては、この4横綱がしのぎを削った。貴乃花は優勝22回に達し、一代年寄の資格を得た。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花利彰

    貴ノ花利彰から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1993年1月場所後に次男の花田光司が四股名を「貴花田」から「貴ノ花」に変え、そして1994年11月以降の四股名であり後に一代年寄名跡となった「貴乃花」にして以降は、父の方は「初代貴ノ花」または「先代貴ノ花」と呼ばれている。貴ノ花利彰 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学付属中野中学校・高等学校

    明治大学付属中野中学校・高等学校から見た貴乃花光司貴乃花光司

    相撲部は全国大会優勝の常連であり、かつて花田勝(元横綱・3代目若乃花)、花田光司(元横綱・貴乃花)、志賀太祐(元大関・栃東)らが所属していた。明治大学付属中野中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 断髪式

    断髪式から見た貴乃花光司貴乃花光司

    力士によっては300人以上が鋏を入れることもあるが、2003年5月場所後に引退相撲を行った貴乃花の場合は、本人の希望もあって、相撲協会関係者、息子、実兄で横綱だった花田勝ら親戚、同期生である魁皇ら50人に留まっている。断髪式 フレッシュアイペディアより)

347件中 51 - 60件表示

「花田光司」のニューストピックワード