347件中 61 - 70件表示
  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た貴乃花光司貴乃花光司

    十両昇進は貴乃花に次ぐ年少2番目の記録(17歳9か月)であった。ただし十両では終盤戦で頻繁に立合い変化に敗れ失速、二桁勝利を挙げられず同時に十両昇進し、十両を2場所で通過した琴欧州、豊ノ島に遅れをとったが、わずか3場所で通過した。当時18歳であった萩原(稀勢の里)の将来と過去の大横綱とを重ね合わせて見ていた相撲ファンがいたことについては、2016年9月場所前の雑誌のインタビューで記者に問われた際に、「自分はそんなこと、考えてもいませんでしたよ」と答え、若さゆえの反発はなかったかと聞かれると13代鳴門の厳しさを指して、「そんなことが許される状況ではなかったからね(笑)当時、自分はあってないようなものでしたから」とコメントしている。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の相撲

    2018年の相撲から見た貴乃花光司貴乃花光司

    4日 - 【大相撲】日本相撲協会は、臨時の評議員会を開き、理事で巡業部長を務める貴乃花親方(元横綱)の理事解任を全会一致で決議。なお、相撲協会の理事が解任されるのは初めてで、貴乃花親方は役員待遇の委員に2階級の降格となる。2018年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た貴乃花光司貴乃花光司

    2004年5月場所で新入幕となる。19歳1か月での新入幕は貴花田(後の横綱・貴乃花)、北の湖、花田(後の大関・貴ノ花)に次ぐ当時史上4位の若さであった(外国人力士としては史上1位の若さ)。その場所、千秋楽まで単独で優勝争いの先頭に立っていた北勝力を立合いの変化で破り、星1つの差で追っていた同じモンゴル出身の横綱・朝青龍の「援護射撃」を果たし、自らも12勝3敗の好成績で貴花田の18歳7か月に次ぐ19歳2か月の若さで初三賞(敢闘賞)を受賞した。新入幕での12勝は、15日制になってから歴代3位タイ。入幕を果たした際には「親方、一番強い人を倒したときの懸賞を持ってきます。待っていてください」と熊ケ谷親方と約束した。2004年11月場所11日目、白鵬は朝青龍を送り出しで破って初金星を獲得。その夜、この一番に掛かった懸賞を持って熊ケ谷親方の前にやってくると、「ここまで来られたのも親方のおかげです。受け取ってください」と差し出した。この懸賞は熊ケ谷親方の自宅の居間の一番見えるところに飾ってあるという。この場所は終盤まで優勝を争い、12勝3敗の好成績で初の殊勲賞を受賞した。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 雅山哲士

    雅山哲士から見た貴乃花光司貴乃花光司

    関脇に陥落した平成13年(2001年)11月場所は公傷全休が適用され、平成14年(2002年)1月場所では関脇の地位で10勝以上挙げれば大関特例復帰だったが、怪我の回復が大幅に遅れ又も全休。公傷適用では無い為、翌3月場所は東前頭8枚目まで下がってしまったが、9勝6敗と5場所ぶりに勝ち越した。しかしその後も暫くは平幕の地位に低迷、時折三役に上がっても全く勝ち越せない状況が続いた。平成15年(2003年)1月場所では横綱貴乃花との取組で疑惑の判定に巻き込まれた上に右足を負傷するなどの不運を被った(後述)。だが、平成16年(2004年)7月場所に平幕で12勝3敗と優勝次点の好成績を挙げて大勝し、翌9月場所に関脇に戻ると9勝6敗の成績を挙げ、大関昇進を決めた場所以来となる三役での勝ち越しを果たした。それ以来上位に定着して、再度の大関挑戦を期待されるようになる。再大関を狙う中で父が死去するなど心労に見舞われたことでここまで持ち直すのに時間がかかったという。雅山哲士 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の日本

    2018年の日本から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1月4日 - 日本相撲協会は、臨時の評議員会を開き、理事で巡業部長を務める元横綱、貴乃花部屋の貴乃花光司(貴乃花親方)の理事解任を全会一致で決議。なお、相撲協会の理事が解任されるのは初めてで、貴乃花は役員待遇の委員に2階級の降格となる。2018年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大関

    大関から見た貴乃花光司貴乃花光司

    横綱に昇進した力士で大関以下での優勝が多かった力士は貴乃花で7回、うち5回が大関での優勝。他に武蔵丸が大関で5回優勝の最多タイ。彼ら以前では、玉錦が大関以下で5回、大関で4回の優勝、現在と番付編成の制度が違ったことなどにもよるが、大関で3連覇でも横綱を見送られるなど、約60年に渡って「大関以下」「大関」ともに最多記録保持者だった(大関での優勝については琴櫻に並ばれ、のちに3代若乃花と魁皇がこれに続く)。大関 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂秀二

    小坂秀二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    TBS退職後は1975年に歯科医に復帰し、相撲評論家・著作家としても活動する。歯科医としては1989年に歯科診療所長を経て、自宅に総合医事研究所を開設し所長に就任し、患者の悩み事相談を受け付け、患者・医師会・厚生労働省(厚生省)の意志疏通を図り、歯科医療を扱う執筆活動を行う。相撲評論家・著作家としては相撲評論をはじめ、囲碁を扱う執筆活動を行う。相撲に関する著書や寄稿を膨大な数執筆し、双葉山から“若”までの歴代横綱のほぼ全員と面識があったという。著書の中で、柏戸と大鵬の「柏鵬時代」の語を最初に考えたのは自分だったと称している(曰く「柏鵬時代 使用随意」と大書した紙を国技館の記者控え室に貼りだした)。小坂秀二 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花光司

    貴ノ花光司から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴ノ花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴花田光司

    貴花田光司から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴花田光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴花田

    貴花田から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴花田 フレッシュアイペディアより)

347件中 61 - 70件表示