282件中 61 - 70件表示
  • 貴島サリオ

    貴島サリオから見た貴乃花光司貴乃花光司

    タレント養成所の発表会でスカウトされ芸能界入り。芸名は、当時人気の力士だった貴ノ花と藤島部屋から「貴島」、本名をもじって「サリオ」とした。1992年4月、フジテレビ系深夜連続ドラマ『アルファベット2/3』で初主演。その後、TBS系連続ドラマ『キライじゃないぜ』に出演。同年11月、アルペンCMソング「あきらめないで」でポニーキャニオンから歌手デビュー。本人自作詞曲であるセブンイレブンCM曲「白とピンクと青い空」や春の高校バレー大会ソング「Together-光の中で-」など、CM曲やテレビドラマ、アニメの主題歌など、タイアップに恵まれ続々とシングルを出す。全ての歌のプロデュースは羽島亨。その傍ら、女優としても数々の連続ドラマに出演した。貴島サリオ フレッシュアイペディアより)

  • 笹原木実

    笹原木実から見た貴乃花光司貴乃花光司

    1988年? 皇太子妃美智子のローブデコルテ製作や貴乃花光司の化粧回しを手がけた秋山光男に師事。笹原木実 フレッシュアイペディアより)

  • 二丁投げ

    二丁投げから見た貴乃花光司貴乃花光司

    2003年1月場所の2日目、当時前頭筆頭の雅山が、横綱貴乃花に対して土俵際に追い込まれながらも、その直後二丁投げで見事に貴乃花を裏返し、行司の軍配も雅山の方にあげられた。しかし審判団からは物言いがつき、両者同体取り直しとなり、その取り直しの相撲は貴乃花が左からの上手投げで勝利した。だがこの取組の結末に視聴者からは、相撲協会に抗議の電話が殺到する事態となる。翌3日日から貴乃花は、この相撲で左肩を痛め途中休場(5日目から再出場するも、9日目に現役引退を表明)。雅山も3日目の当時大関の朝青龍戦で、右足首のケガを悪化させて翌4日目から途中休場したため、非常に後味の悪い一番となってしまった。二丁投げ フレッシュアイペディアより)

  • 文学のこみち

    文学のこみちから見た貴乃花光司貴乃花光司

    林芙美子文学碑とそこから望む尾道水道の風景は、尾道を紹介する風景として特に有名。中村憲吉文学碑はコースから少し離れ、旧居前にある。道の途中には1998年10月に行われた大相撲尾道場所を記念して作られた記念碑も立っており、貴乃花・曙・若乃花・武蔵丸の4横綱(当時)の手形が彫ってある。文学のこみち フレッシュアイペディアより)

  • 福田雅一

    福田雅一から見た貴乃花光司貴乃花光司

    少年時代は野球や相撲の選手として活躍。中学3年生で関東中学生大会に出場し、後に横綱となる貴乃花(花田光司)と対戦している。足利工業大学附属高等学校進学後レスリングを本格的にスタートさせ、1994年に国民体育大会(日本大学4年生時)で準優勝の実績を持っている。福田雅一 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木嘉和

    鈴木嘉和から見た貴乃花光司貴乃花光司

    ファンタジー号の出発直後から、民放テレビ局のワイドショー番組では、貴乃花と宮沢りえの婚約報道とともにトップニュース扱いで毎日のように報道。「風船おじさん」のニックネームが定着するきっかけを作った。しかし、1992年12月6日以後は、後に狂言であることが発覚する新婚旅行先のオーストラリアで日本人妻が失踪する事件が発生してそちらにマスメディアの関心が移ったことと、ファンタジー号自体の話題が尽きたこともあり、ファンタジー号に関する報道は沈静化した。週刊誌では、同年12月17日号の「週刊文春」が、鈴木に密着して出発時の映像も撮影していたフジテレビの姿勢を「鈴木を煽ったのではないか」と取り上げ、同時に鈴木の計画を無謀だと指摘。12月24日・31日合併号の「週刊新潮」は鈴木の過去のプライバシーを明かす記事を掲載した。見出しには、「週刊文春」が「風船男」、「週刊新潮」は「風船おじさん」を使った。鈴木嘉和 フレッシュアイペディアより)

  • 出世名

    出世名から見た貴乃花光司貴乃花光司

    一代年寄(貴乃花光司)となったことで襲名できなくなった出世名 フレッシュアイペディアより)

  • 腕捻り

    腕捻りから見た貴乃花光司貴乃花光司

    腕捻り(かいなひねり)とは、相撲の決まり手のひとつである。相手の片腕を両腕で抱え、その抱えた腕の方から相手を捻り倒す技。とったりとは体を開く方向が逆である。1998年初場所10日目、横綱貴乃花が湊富士にこの技で敗れ、湊富士への初金星を与えた。その後貴乃花は高熱による体調不良もあってこの日からさらに2連敗し、横綱になってからは自身初の3連敗を記録。その後入院となり13日目から途中休場した。腕捻り フレッシュアイペディアより)

  • 五剣山博之

    五剣山博之から見た貴乃花光司貴乃花光司

    横綱貴乃花の付き人を貴花田時代から務め、有能な付き人頭として名を知られていた。新十両に昇進した場所も指示を聞きに来る貴乃花の付き人たちに指示を出し、付き人頭として機能していたという逸話も聞かれる。この逸話はNHKのテレビ放送で紹介され、解説者は「新十両は勝ち越すまで関取じゃないと言いますからね」とコメントしている。五剣山博之 フレッシュアイペディアより)

  • 寛吉 (呼出)

    寛吉 (呼出)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    65歳で日本相撲協会を定年退職。最後の呼び上げは1995年九州場所の横綱貴乃花 - 大関若乃花の兄弟優勝決定戦だった。寛吉 (呼出) フレッシュアイペディアより)

282件中 61 - 70件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード