282件中 71 - 80件表示
  • 月山 (刀工)

    月山 (刀工)から見た貴乃花光司貴乃花光司

    大相撲の若乃花、貴乃花が横綱に昇進したとき、土俵入りに用いる太刀をそれぞれ寄贈している。若乃花の太刀は二尺二寸八分(69.1cm)。銘には「堅忍不抜 為横綱若乃花勝」と若乃花関が横綱昇進披露の際の言葉を刻んでいる。(奈良新聞1998年8月29日付)月山 (刀工) フレッシュアイペディアより)

  • 年寄

    年寄から見た貴乃花光司貴乃花光司

    年寄名跡の売買には億単位の金が動くといわれ、若・ブームのピークであった1990年代前半は、3億円程度まで暴騰したとも言われている。実際に、第11代花籠親方の遺族が第13代花籠親方(元関脇太寿山)に対して起こした訴訟では、第三者に渡った年寄名跡の権利を原告が取り戻すのに2億5000万円支払ったことが事実認定されている(東京地裁平成10年9月21日判決)。また、立浪親方(元旭豊)が年寄名跡の承継について先代立浪親方から金銭の支払いを求められた訴訟では、東京地裁平成15年2月24日判決において、「相撲界の慣習に従って相当額の金員を支払うとの口頭による合意が成立した」と認定され、その金額として、現立浪親方の兄弟弟子が先代立浪親方から別の年寄名跡を受ける際に1億7500万円支払った事実(先代立浪親方は当該年寄名跡を2億4000万円で取得したことも事実認定された)が引き合いに出され、結局先代立浪からの1億7500万円の請求が認容された(もっとも、東京高裁では原告敗訴の逆転判決が出され、最高裁もそれを維持した)。年寄 フレッシュアイペディアより)

  • 花の六三組

    花の六三組から見た貴乃花光司貴乃花光司

    貴乃花光司(第65代横綱、現在の一代年寄・貴乃花)花の六三組 フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人大忘年会

    お笑い芸人大忘年会から見た貴乃花光司貴乃花光司

    特別ゲスト・貴乃花 お笑い芸人大忘年会 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た貴乃花光司貴乃花光司

    8月12日 - 貴乃花光司(東京都、相撲)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • パワーワイド

    パワーワイドから見た貴乃花光司貴乃花光司

    ただし、朝日放送と名古屋テレビ放送はオウム真理教関連特番として一度だけ、瀬戸内海放送は貴ノ花(現・貴乃花親方)結婚式前後にネットしたことがある。ちなみに、朝日放送はすでにこの時間のワイドショーの制作を打ち切っていた。パワーワイド フレッシュアイペディアより)

  • さんま・一機のイッチョカミでやんす

    さんま・一機のイッチョカミでやんすから見た貴乃花光司貴乃花光司

    ジミー大西が読むニュースでは、よく相撲の結果が読まれていたが四股名の漢字が読めず、霧島を「つゆじま」、北勝海を「ほっかっかい」、貴花田を「きかでん」、安芸ノ島を「あんげいのしま」と読んでいた。また「故郷に錦(にしき)を飾りました」と言うべきところを「故郷に綿(わた)を飾りました」と読んでしまい、さんまに突っ込まれている。さんま・一機のイッチョカミでやんす フレッシュアイペディアより)

  • 豊ノ海真二

    豊ノ海真二から見た貴乃花光司貴乃花光司

    各段優勝:十両2回(1988年9月場所、1992年1月場所=同じ場所で、同部屋の貴花田が幕内最高優勝)、幕下1回(1986年5月場所)豊ノ海真二 フレッシュアイペディアより)

  • 若孜浩気

    若孜浩気から見た貴乃花光司貴乃花光司

    元学生横綱で元レスリング・メルボルンオリンピック代表の中尾三郎の長男として生まれる。小学校時代に相撲を始め、明治大学付属中野中学校入学後に本格的に相撲に取り組んだ。同級生には花田光司(後の横綱貴乃花)がいた。明治大学付属中野高等学校へ進むと、インターハイで団体戦・個人戦で日本一に輝いた。ちなみに個人戦では出島を破って優勝した。高校卒業後、大学相撲強豪の中央大学へ進学。中央大相撲部時代には、同僚の玉春日や出島らと共に学生選手権団体戦優勝や個人戦3位の成績を記録した。若孜浩気 フレッシュアイペディアより)

  • 剣晃敏志

    剣晃敏志から見た貴乃花光司貴乃花光司

    金星:2個(曙太郎・貴乃花光司剣晃敏志 フレッシュアイペディアより)

282件中 71 - 80件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード