162件中 131 - 140件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見たシーチキン

    はごろもフーズ『シーチキン食堂』「シーチキン塩ちゃんこ」篇(2015年)貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た入院

    しかし、1996年(平成8年)9月場所後の巡業中、背筋の肉離れを起こすケガにより緊急帰京。肉離れが完治しない中、同年11月場所を一旦強行出場することを表明したが、場所初日の前日に急性腸炎による発熱で入院、結局11月場所は自身初土俵以来初めて本場所を全休することとなる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た下手投げ

    新横綱で迎えた1995年1月場所は初日に武双山に敗れ、1994年9月場所初日から続いた連勝は30でストップした。8日目に魁皇にも敗れたが、14日目に1敗の武蔵丸を破り、千秋楽は13勝2敗で並んだ武蔵丸との優勝決定戦を制し、自身初の3連覇を達成。新横綱の優勝は15日制になってからは、大鵬・隆の里以来史上3人目。3月場所は曙との13勝1敗同士の相星決戦となり、惜しくも敗れて4連覇は逃したが、翌5月場所でも2場所連続で曙との相星決戦となり、雪辱を果たして14勝1敗で優勝した。7月場所では14日目に優勝を決めたが、千秋楽に曙に敗れ、13勝2敗で終えた。翌9月場所でも14日目に優勝を決め、千秋楽は曙を押し出しで破り、自身2度目の3連覇を全勝優勝で飾った。11月場所は初日に琴稲妻、7日目に土佐ノ海に取りこぼして早くも2敗。中日以降は順調に白星を重ね、14日目まで12勝2敗で兄の若乃花と共に優勝争いのトップに立った。千秋楽では若乃花が武双山に敗れ、自身も武蔵丸の注文相撲に屈したため12勝3敗同士の史上初の兄弟優勝決定戦が実現。若乃花の右四つからの下手投げで敗れ、4連覇を逃した。この年1995年(23歳)、プライベートでは8歳年上の河野景子と妊娠6ヶ月でできちゃった婚約(のち結婚)をし、世間を驚かせた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た蔵前国技館

    小学5年生の時、わんぱく相撲の全国大会に優勝、わんぱく横綱として土俵入りを行っている。これを入れるならば、蔵前国技館と新両国国技館の両方で横綱土俵入りを行ったひとりということになる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た送り出し

    だが、5日目から横綱では異例と言える場所途中からの再出場(1954年1月場所の東富士以来49年ぶり)を決断する。5日目・闘牙と6日目・土佐ノ海に連勝はしたものの、貴乃花らしい相撲は全く見られず、7日目の出島には一気に押し出され、8日目には初対戦の安美錦にも送り出しでそれぞれ敗れてしまった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見たもろ差し

    貴乃花の取り口は、横綱昇進後も小さな変化を重ねている。横綱昇進後は、前廻しを狙って頭から出る立合いが主流で、当時の幕内の中では平均的な体格であったため、頭を付けたりもろ差しを狙う相撲も多かった。スケールの大きさと言う点では物足りなさが残ったが、当時の状況に合わせた取り口で、崩れない足腰と廻しを掴んでからの自在の攻めで全盛を謳歌した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た血液型

    血液型はO型。元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た半月板

    そして5月場所は初日から13連勝して完全無敵の強さだった。しかし14日目の武双山戦で土俵際で巻き落としを喰らって右膝半月板を損傷する大けがを負った。もはや立つことも困難なほどの重傷であり、本来休場するべきところであった。二子山親方ら関係者も休場するよう貴乃花に勧めたが、幕内優勝が掛かっていたため、周囲の休場勧告を振り切り、翌日の千秋楽は無理矢理強行出場した。千秋楽はテーピングをせずに、横綱土俵入りを披露した。しかし本割りの仕切り最中にすら右膝を引き摺るような仕草があり、勝負にならないことは明らかであった。その悲惨な状況に審判部として土俵下に座る九重は仕切りの最中にも「貴乃花、痛かったらやめろ!」と忠告したほどである。予想通り千秋楽結びの一番の武蔵丸戦では、武蔵丸の立合いの変化に全くついて行けず一瞬で勝負がつく様な敗退で武蔵丸と相星となった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た昇進伝達式

    1994年(平成6年)11月場所後ついに横綱昇進が決定した。11月23日に行われた昇進伝達式で「謹んでお受け(致)します。今後も『不撓不屈』(自身大関昇進の伝達式でも用いた)の精神で、力士として相撲道に『不惜身命』を貫く所存でございます」と使者に答えた。尚横綱土俵入りは「雲龍型」を選択、当時同じ二所ノ関一門の横綱だった間垣親方と鳴戸親方の二人が主に指導した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た大関

    1月場所後に大関昇進。四股名を貴ノ花と改名。増位山太志郎に次ぐ親子大関となる。同日、宮沢との婚約解消を公表した。後年この婚約解消が宮沢りえの母の依頼をうけた美川憲一の説得によるものであることが明らかになるも、この時相手を悪く言うことをせず「(彼女への)愛情がなくなりました」とだけ言って泥をかぶった姿は感心もされたが、多くの女性と宮沢ファンを敵に回した。宮沢と最後に会った時に言われた言葉は「強い横綱になってください」だったという。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

162件中 131 - 140件表示