162件中 11 - 20件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た宮沢りえ

    11月場所直前、女優の宮沢りえとの婚約を発表し、当時国民的な人気を誇っていた2人の若者同士の交際が大きな話題となった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た貴ノ花利彰

    父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子。兄は花田虎上。妻は河野景子で、1男2女の父親。長男は花田優一。初代若乃花は伯父(父の兄)。二代目若乃花はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た若乃花幹士 (2代)

    父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子。兄は花田虎上。妻は河野景子で、1男2女の父親。長男は花田優一。初代若乃花は伯父(父の兄)。二代目若乃花はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た花田優一

    父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子。兄は花田虎上。妻は河野景子で、1男2女の父親。長男は花田優一。初代若乃花は伯父(父の兄)。二代目若乃花はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た貴ノ浪貞博

    1996年は年明けから3場所連続で14勝1敗の成績を残した(1月場所は同部屋の貴ノ浪と優勝決定戦に進出したが、河津掛けで敗れた)。3月場所から9月場所では自身初の4連覇達成。9月場所は4度目の全勝優勝(これ以降、日本人力士の全勝優勝は2016年9月場所の大関豪栄道まで丸20年途絶えた)。さらに同9月場所で幕内連続12勝以上勝利が、北の湖の12場所を超える、13場所目の新記録(当時)を達成した(現在は白鵬に次ぎ歴代2位)。当時まだ24歳という年齢で、幕内優勝15回という実績や、ほとんど隙のない当時の取り口から考えると、大鵬や千代の富士の優勝回数の突破は、時間の問題とさえ言われていた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た鶴竜力三郎

    2014年3月場所後、鶴竜が第71代横綱に昇進した。鶴竜は時津風一門の井筒部屋所属だが、当時時津風一門に元横綱の親方が不在のため、代役として無所属の貴乃花親方が鶴竜に対し、雲龍型の横綱土俵入りを指導した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た旭天鵬勝

    2002年(平成14年)9月場所、横審委員会からの勧告もあって、遂に8場所ぶりの出場に踏み切った。注目された初日の高見盛戦では勝利したものの、序盤の2日目・旭天鵬戦と5日目・琴龍戦でそれぞれ金星を献上してしまい、この場所途中での引退さえ囁かれた。しかしその後中盤の6日目から終盤14日目にかけて星を伸ばして12勝2敗、千秋楽に武蔵丸と横綱同士の相星決戦にまで持ち込み、敗れはしたものの12勝3敗の準優勝を果たした。武蔵丸の存在が自身の力を測るバロメーターになっていたことを考えると、貴乃花は「ああ、もう自分はそろそろだな」と感じたという。他の幕内力士との実力の違いを見せつけたが、場所終盤には再び右膝の怪我の状態が悪化したため、翌11月場所はまたも初日から全休することとなる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た白鵬翔

    1996年は年明けから3場所連続で14勝1敗の成績を残した(1月場所は同部屋の貴ノ浪と優勝決定戦に進出したが、河津掛けで敗れた)。3月場所から9月場所では自身初の4連覇達成。9月場所は4度目の全勝優勝(これ以降、日本人力士の全勝優勝は2016年9月場所の大関豪栄道まで丸20年途絶えた)。さらに同9月場所で幕内連続12勝以上勝利が、北の湖の12場所を超える、13場所目の新記録(当時)を達成した(現在は白鵬に次ぎ歴代2位)。当時まだ24歳という年齢で、幕内優勝15回という実績や、ほとんど隙のない当時の取り口から考えると、大鵬や千代の富士の優勝回数の突破は、時間の問題とさえ言われていた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た増位山太志郎

    1月場所後に大関昇進。四股名を貴ノ花と改名。増位山太志郎に次ぐ親子大関となる。同日、宮沢との婚約解消を公表した。後年この婚約解消が宮沢りえの母の依頼をうけた美川憲一の説得によるものであることが明らかになるも、この時相手を悪く言うことをせず「(彼女への)愛情がなくなりました」とだけ言って泥をかぶった姿は感心もされたが、多くの女性と宮沢ファンを敵に回した。宮沢と最後に会った時に言われた言葉は「強い横綱になってください」だったという。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た金剛正裕

    2010年1月場所後に行われる理事選に立候補することを表明し、2010年2月の相撲協会理事選挙は10人の改選で5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定することが慣例となっており、二所ノ関一門は既に現職理事の放駒と二所ノ関のほか、新人の鳴戸が立候補を予定しているが、これに貴乃花親方が加わって4人の投票になるところであった。2009年12月から一門で候補者選定会議が行われ、4人の中で最年少であった貴乃花親方に対して立候補を断念させる方針に傾き、貴乃花親方は2010年1月8日に一門を離脱し単独で理事選に出馬することを正式に表明した。一部マスコミでは「貴の乱」と称した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

162件中 11 - 20件表示