162件中 21 - 30件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た大鵬幸喜

    新横綱で迎えた1995年1月場所は初日に武双山に敗れ、1994年9月場所初日から続いた連勝は30でストップした。8日目に魁皇にも敗れたが、14日目に1敗の武蔵丸を破り、千秋楽は13勝2敗で並んだ武蔵丸との優勝決定戦を制し、自身初の3連覇を達成。新横綱の優勝は15日制になってからは、大鵬・隆の里以来史上3人目。3月場所は曙との13勝1敗同士の相星決戦となり、惜しくも敗れて4連覇は逃したが、翌5月場所でも2場所連続で曙との相星決戦となり、雪辱を果たして14勝1敗で優勝した。7月場所では14日目に優勝を決めたが、千秋楽に曙に敗れ、13勝2敗で終えた。翌9月場所でも14日目に優勝を決め、千秋楽は曙を押し出しで破り、自身2度目の3連覇を全勝優勝で飾った。11月場所は初日に琴稲妻、7日目に土佐ノ海に取りこぼして早くも2敗。中日以降は順調に白星を重ね、14日目まで12勝2敗で兄の若乃花と共に優勝争いのトップに立った。千秋楽では若乃花が武双山に敗れ、自身も武蔵丸の注文相撲に屈したため12勝3敗同士の史上初の兄弟優勝決定戦が実現。若乃花の右四つからの下手投げで敗れ、4連覇を逃した。この年1995年(23歳)、プライベートでは8歳年上の河野景子と妊娠6ヶ月でできちゃった婚約(のち結婚)をし、世間を驚かせた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た横野レイコ

    2017年11月場所中に日馬富士の貴ノ岩に対する暴行が発覚した際、横野レイコは貴乃花と伊勢ケ濱の関係について、伊勢ヶ濱が「貴乃花派の親方と見る方もいた」とし「仲がいいと協会の多くの人が思っていた」と言っていた。横野はまた、協会のヒアリングで被害届を出したとは言っていないことや事件について「分からない」と答えたことなどから、貴乃花の対応に協会を無用に安心させるものがあったとリポートした。一方で、その暴行事件を受けて日馬富士・伊勢ヶ濱師弟が貴乃花の元へ謝罪に訪れた際、貴乃花は出かける車中にいて2人とすれ違いとなったため、周囲からは謝罪を拒否したようにも見られる形となった。その後、診断した医師から「骨折や髄液漏の事実はなかった」との証言が出ており、また日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴った事実はないと白鵬が証言しており、貴ノ岩本人も、警察の聴取には「目をつぶっていたので、何で殴られたのかはわからない」と述べたという報道もあった。このことから貴乃花を批判する報道が多くなされた時期もあり、「被害届を提出したことをなぜ協会に報告しなかったのか」「なぜ伊勢ヶ濱の謝罪に応じなかったのか」という報道もあった。貴乃花は協会危機管理委員会による貴ノ岩に対する聴取への協力を求めた八角理事長の要請を複数回にわたって拒否したという報道がなされ(貴乃花は警察と検察の捜査終了後に応じるとしていた)、協会執行部に対する貴乃花の不信感や、協会執行部と貴乃花との間の対立関係が明るみとなった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た魁傑將晃

    2010年1月場所後に行われる理事選に立候補することを表明し、2010年2月の相撲協会理事選挙は10人の改選で5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定することが慣例となっており、二所ノ関一門は既に現職理事の放駒と二所ノ関のほか、新人の鳴戸が立候補を予定しているが、これに貴乃花親方が加わって4人の投票になるところであった。2009年12月から一門で候補者選定会議が行われ、4人の中で最年少であった貴乃花親方に対して立候補を断念させる方針に傾き、貴乃花親方は2010年1月8日に一門を離脱し単独で理事選に出馬することを正式に表明した。一部マスコミでは「貴の乱」と称した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た北勝海信芳

    2016年1月29日の理事選挙では4選、3月28日に行われた理事長改選では現職の八角と共に次期候補となるが、多数決の結果6対2で八角に敗れた。理事長選に際して頭を丸刈りにしたことが話題になった。続く3月30日の職務分掌では執行部から巡業部長へ異動となった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た日馬富士

    2017年11月場所中に日馬富士の貴ノ岩に対する暴行が発覚した際、横野レイコは貴乃花と伊勢ケ濱の関係について、伊勢ヶ濱が「貴乃花派の親方と見る方もいた」とし「仲がいいと協会の多くの人が思っていた」と言っていた。横野はまた、協会のヒアリングで被害届を出したとは言っていないことや事件について「分からない」と答えたことなどから、貴乃花の対応に協会を無用に安心させるものがあったとリポートした。一方で、その暴行事件を受けて日馬富士・伊勢ヶ濱師弟が貴乃花の元へ謝罪に訪れた際、貴乃花は出かける車中にいて2人とすれ違いとなったため、周囲からは謝罪を拒否したようにも見られる形となった。その後、診断した医師から「骨折や髄液漏の事実はなかった」との証言が出ており、また日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴った事実はないと白鵬が証言しており、貴ノ岩本人も、警察の聴取には「目をつぶっていたので、何で殴られたのかはわからない」と述べたという報道もあった。このことから貴乃花を批判する報道が多くなされた時期もあり、「被害届を提出したことをなぜ協会に報告しなかったのか」「なぜ伊勢ヶ濱の謝罪に応じなかったのか」という報道もあった。貴乃花は協会危機管理委員会による貴ノ岩に対する聴取への協力を求めた八角理事長の要請を複数回にわたって拒否したという報道がなされ(貴乃花は警察と検察の捜査終了後に応じるとしていた)、協会執行部に対する貴乃花の不信感や、協会執行部と貴乃花との間の対立関係が明るみとなった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た旭國斗雄

    4期(8年)ぶりに評議員の投票で11人が10人の理事を争う形になった。武蔵川理事長はこの騒動に対し厳しく批判するなど話題になった。固めている票は上記7親方の票だけで当選ラインの10票まで届いていないために苦戦が予想され、他一門からの票の上乗せを目指すことになった。2月1日の理事選の投開票では落選という予想に反し、上記7親方の票以外にも3票の上積みがあり、結果10票を得て当選した(落選は大島親方)。新理事会の結果、理事長は武蔵川親方の続投となった。なお貴乃花親方のことを、一部のマスメディアは「相撲協会の革命児」と報道している。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た土佐ノ海敏生

    また、この頃から稽古量が上向きになり、2000年(平成12年)1月場所は12勝3敗(優勝次点)、3月場所は11勝4敗、5月場所は13勝2敗(優勝次点)と復活間近を思わせた。だが7月場所は、5日目の土佐ノ海戦で勝ちながらも左手の上腕二頭筋を断裂する怪我を追い、2日後の7日目・魁皇戦で切り返しで敗れた際、その左腕のケガが悪化した為またもや途中休場となった。翌9月場所は全休。休場明けの11月場所は初日から順調に白星を重ね、14場所ぶりに中日勝ち越しを決めた。9日目に武双山、10日目に千代大海と連敗し、優勝争いからは後退したものの、12日目は、この場所1横綱3大関を破り、13勝を挙げ、三賞を総ナメにした新鋭の琴光喜の挑戦を小手投げで退け、横綱の意地を見せた。13日目に武蔵丸、14日目に曙と両横綱には敗れたものの、千秋楽は3連敗中だった魁皇を寄り切りで破り、11勝4敗で繋いで不振脱出の兆しを見せた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た日村勇紀

    日村勇紀 - お笑い芸人。幼少期の貴乃花のモノマネで知られる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た朝青龍明徳

    曙、武蔵丸を除いた横綱戦では、平幕時代に唯一の金星を獲得した千代の富士のほか、小結時代に旭富士と北勝海から各1回ずつ勝利している。大乃国とは1度対戦しているが勝てなかった。朝青龍明徳には2戦2勝の負けなしで引退している(2001年5月場所と2002年9月場所の2回対戦)。現役時代を通して苦手力士は少なく、貴乃花が幕内で5回以上対戦して負け越しているのは、三杉里公似(貴乃花の5勝7敗)のみである。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た安美錦

    2003年 1月場所8日目限りで現役を引退。8日目の対戦相手は安美錦。日本相撲協会は、相撲界の隆盛に格別の功績があったとして、一代年寄・貴乃花を贈呈し、功労金1億3000万円を支給した。同年3月、年寄名跡・山響株を取得(名乗りは一代年寄・貴乃花のまま。同時に兄の勝が退職したときに譲られていた藤島株は兄弟子の安芸乃島へ売却)。同年6月1日に断髪式を行う。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

162件中 21 - 30件表示