136件中 41 - 50件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た2009年

    2005年(平成17年)7月場所以来、貴乃花部屋には入門者がいない状態が続いていたが、2008年(平成20年)2月20日、4年ぶりに新弟子(貴天秀、元時津風部屋力士の息子)が入門。同年3月場所に初土俵を踏み、新序三番出世披露を果たした。さらに2009年にはモンゴル人力士(貴ノ岩)や高校総体優勝者(貴月芳・貴斗志兄弟)の入門で、三段目上位や幕下にも部屋の力士が名を連ね、2012年(平成24年)5月場所後には貴ノ岩が新十両に昇進し、五剣山以来の関取となった。同年7月場所には学生相撲出身の渡辺が三段目優勝するなど、理想とは異なる形ながら着実に後進を育てつつある。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た藤田紀子

    父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。兄は元大相撲力士でタレントの花田虎上(第66代横綱・三代目若乃花)。妻は元フジテレビアナウンサーでタレントの河野景子で、1男2女の父親。初代若乃花(第45代横綱)は伯父(父の兄)。二代目若乃花(第56代横綱)はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た佐田の山晋松

    武蔵川前理事長の辞任に伴う理事長選挙では北の湖親方を推薦し、「貴の乱再び」とまで言われた(結果は落選)。その理事長が放駒親方に代わってから初めて行われた8月20日の理事会にて、審判部長に就任した。38歳での審判部長就任は、35歳で就任した元佐田の山の出羽海親方(当時)に次ぐ、2番目の若さであった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た巌雄謙治

    2006年12月26日 年寄名跡・二子山株の名義書き換えが認められ、正式所有する(山響株は一門外の元幕内巌雄の小野川親方へ売却)。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た花田虎上

    父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。兄は元大相撲力士でタレントの花田虎上(第66代横綱・三代目若乃花)。妻は元フジテレビアナウンサーでタレントの河野景子で、1男2女の父親。初代若乃花(第45代横綱)は伯父(父の兄)。二代目若乃花(第56代横綱)はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た双葉山定次

    その角番大関だった初場所では14勝1敗で4回目の幕内優勝で復活。同年の春場所で綱獲りを再び期待されるが、11勝4敗で優勝を逃し失敗。しかし夏場所で5回目の幕内優勝するも、翌名古屋場所では又しても11勝4敗に終わり綱獲りは絶望的に。次の秋場所では初の全勝優勝(史上最年少の全勝優勝記録)、同秋場所後に日本相撲協会は横綱審議委員会に貴乃花の横綱昇進の打診をしたものの、「『大関で2場所連続優勝』の内規を満たしていない」との理由から見送りに。それでも、貴ノ花から「貴乃花」と改名して迎えた翌九州場所でも他を全く寄せ付けず、双葉山以来の「大関で2場所連続全勝優勝」を果たし(千秋楽で曙に土俵際の上手投げで勝利)、先場所からの30連勝も達成、ようやく新横綱を確実とした。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た貴斗志将吏

    2005年(平成17年)7月場所以来、貴乃花部屋には入門者がいない状態が続いていたが、2008年(平成20年)2月20日、4年ぶりに新弟子(貴天秀、元時津風部屋力士の息子)が入門。同年3月場所に初土俵を踏み、新序三番出世披露を果たした。さらに2009年にはモンゴル人力士(貴ノ岩)や高校総体優勝者(貴月芳・貴斗志兄弟)の入門で、三段目上位や幕下にも部屋の力士が名を連ね、2012年(平成24年)5月場所後には貴ノ岩が新十両に昇進し、五剣山以来の関取となった。同年7月場所には学生相撲出身の渡辺が三段目優勝するなど、理想とは異なる形ながら着実に後進を育てつつある。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た花の六三組

    1988年 兄勝(元横綱若乃花、現タレント花田勝)とともに、藤島部屋に入門。同年3月場所、兄と同日に初土俵。四股名は貴花田光司(たかはなだ・こうじ)。ほかに同期の力士は曙太郎、魁皇博之などがおり「花の六三組」と言われた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た安芸乃島勝巳

    同時代のライバル曙と比べ豪快さに欠けるとの評を気にして、伯父の初代若乃花の必殺技だった「呼び戻し」を試みるなど、完成間近だった相撲を自らおかしくしてしまう時期もあった。また、若貴ブームの雑音の異常な大きさは本人たちにとっては時に耐え難いものであったかもしれないが、他者の評価に真摯な性格が相撲の取り口に悪く反映してしまい、みすみす負けを呼んでしまっているように見える場合も多々あった。千代の富士を倒した場所でその後なかなか白星を上げられなかったり、婚約場所になった1992年11月場所で序盤に4連敗してしまった例などは、雑音に負けてしまった例と言えよう。一時期、マスコミ人を一様に無視する態度から相撲記者やカメラマンとの間で深刻な対立を招いたこともあった。師匠二子山や兄弟子の安芸乃島らの仲裁・助言もあって、こうした面は徐々に緩和された。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た貴月芳将匡

    2005年(平成17年)7月場所以来、貴乃花部屋には入門者がいない状態が続いていたが、2008年(平成20年)2月20日、4年ぶりに新弟子(貴天秀、元時津風部屋力士の息子)が入門。同年3月場所に初土俵を踏み、新序三番出世披露を果たした。さらに2009年にはモンゴル人力士(貴ノ岩)や高校総体優勝者(貴月芳・貴斗志兄弟)の入門で、三段目上位や幕下にも部屋の力士が名を連ね、2012年(平成24年)5月場所後には貴ノ岩が新十両に昇進し、五剣山以来の関取となった。同年7月場所には学生相撲出身の渡辺が三段目優勝するなど、理想とは異なる形ながら着実に後進を育てつつある。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

136件中 41 - 50件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード