136件中 51 - 60件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た東富士欽壹

    だが5日目から、横綱では異例と言える場所途中からの再出場(1954年1月場所の東富士以来49年ぶり)を決断する。5日目・闘牙と6日目・土佐ノ海とに連勝はしたものの、貴乃花らしい相撲は全く見られず、7日目の出島には一気に押し出され、8日目には初対戦の安美錦にも送り出しでそれぞれ敗れてしまった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た隆三杉太一

    2010年1月17日の1月場所8日目、6年半振りに大相撲中継で正面解説を務め、テレビの前で所信表明。同年1月19日には二所ノ関一門は緊急会合が開き、貴乃花を支持する間垣、阿武松、大嶽、二子山、音羽山、常盤山の親方6人および間垣部屋、阿武松部屋、大嶽部屋の3部屋は事実上破門させられた。既に一門からの離脱を明らかにしていた貴乃花と貴乃花部屋に対しても、同様の措置が執られた。同時に二所ノ関一門からは現職の放駒と二所ノ関のみが立候補することになり、鳴戸は事実上立候補を断念せざるを得なくなった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見たプロレスラー

    翌1992年初場所は19歳5か月で幕内初優勝。同年秋場所で2回目の幕内優勝、同年九州場所で史上最年少の年間最多勝を受賞。さらに翌1993年春場所では20歳5か月の若さで大関まで上り詰め(同時にライバルの大関曙も横綱昇進決定)、父と同じ貴ノ花に改名。次の夏場所では3回目の優勝を果たし、翌名古屋場所で初の綱獲りとなったが、千秋楽に13勝2敗で曙(第64代横綱、現プロレスラー・タレント)・兄若ノ花らとの優勝決定戦に進出したが、曙に敗れて横綱昇進はならなかった。続いて秋場所は初の全勝優勝を狙った曙を千秋楽で下して阻止、曙に次ぐ12勝3敗の優勝次点で綱獲りを再び繋いだが、翌九州場所は体調不良により7勝8敗と負け越して綱獲りは完全に消滅。1994年初場所では21歳5か月での大関角番も史上最年少の記録となった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た闘牙進

    だが5日目から、横綱では異例と言える場所途中からの再出場(1954年1月場所の東富士以来49年ぶり)を決断する。5日目・闘牙と6日目・土佐ノ海とに連勝はしたものの、貴乃花らしい相撲は全く見られず、7日目の出島には一気に押し出され、8日目には初対戦の安美錦にも送り出しでそれぞれ敗れてしまった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た若三杉彰晃

        貴ノ花   若緑    女=大豪  初代若乃花貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た金剛正裕

    2010年1月場所後に行われる理事選に立候補することを表明。2010年2月の相撲協会理事選挙は10人の改選で5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定することが慣例となっており、二所ノ関一門は既に現職理事の放駒と二所ノ関のほか、新人の鳴戸が立候補を予定しているが、これに貴乃花が加わって4人の投票になるところであった。2009年12月から一門で候補者選定会議が行われ、4人の中で最年少であった貴乃花に対して立候補を断念させる方針に傾き、貴乃花は2010年1月8日に一門を離脱し単独で理事選に出馬することを正式に表明した。一部マスコミでは「貴の乱」と称した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た琴龍宏央

    2002年(平成14年)9月場所、横審委員会からの勧告もあって、遂に8場所ぶりの出場に踏み切った。注目された初日の高見盛戦では勝利したものの、序盤の2日目・旭天鵬戦と5日目・琴龍戦でそれぞれ金星を献上してしまい、この場所途中での引退さえ囁かれた。しかしその後中盤の6日日から終盤14日目にかけて星を伸ばして12勝2敗、千秋楽に武蔵丸と横綱同士の相星決戦にまで持ち込み、敗れはしたものの12勝3敗の準優勝を果たした。他の幕内力士との実力の違いを見せつけたが、場所終盤には再び右膝の怪我の状態が悪化したため、翌11月場所は右膝の悪化により、またも全休することとなる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た五剣山博之

    2005年(平成17年)7月場所以来、貴乃花部屋には入門者がいない状態が続いていたが、2008年(平成20年)2月20日、4年ぶりに新弟子(貴天秀、元時津風部屋力士の息子)が入門。同年3月場所に初土俵を踏み、新序三番出世披露を果たした。さらに2009年にはモンゴル人力士(貴ノ岩)や高校総体優勝者(貴月芳・貴斗志兄弟)の入門で、三段目上位や幕下にも部屋の力士が名を連ね、2012年(平成24年)5月場所後には貴ノ岩が新十両に昇進し、五剣山以来の関取となった。同年7月場所には学生相撲出身の渡辺が三段目優勝するなど、理想とは異なる形ながら着実に後進を育てつつある。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た千代の富士貢

    1990年夏場所、17歳8か月で新入幕。場所直前に足の親指の靭帯を切る負傷していたことから十両に落ちたが、九州場所で幕内に復帰した。その後二場所は小幅の勝ち越し、負け越しが続きやや勢いが減速したものの、東前頭13枚目に下がった1991年の春場所では27年ぶりとなる平幕での11連勝を記録、西前頭筆頭まで番付を上げた夏場所では、わずか18歳9か月ながら、初日に横綱千代の富士を破り引導を渡したことで、次代の第一人者候補としての評価を固めていく。弟にわずかに遅れて入幕した兄若花田とともに「若貴フィーバー」と呼ばれ、平成初期の一大相撲ブームの担い手となり、一日20番の申し合いをこなす、下ろしたばかりのまわしがその当日の稽古が終わるころには汗が染み込むなどの猛稽古ぶり、勝負に負けて土俵に落ちる際には顔から落ちるなどの勝負師ぶりを見せ、その後も順調に成長していった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た高田川部屋

    現役中から児童向けの相撲道場を主宰するなど、かつての自分がそうだった様な根っからの相撲っ子を育てることを心懸けており、その中から力士を育成していきたいという広大な長期的展望の持ち主でもある。ただ、こういう理想論に傾き過ぎる部屋の運営方針に、伝統を重んじる相撲界や旧二子山部屋時代からの後援会などと軋轢を起こすことも多々ある。部屋の運営方針を巡っては、かつての兄弟子であり部屋付きの師匠となっていた安芸乃島と激しい対立をし、遂には安芸乃島を一門外(当時。現在、貴乃花部屋は無派閥)の高田川部屋に追放するに至っている。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード