162件中 51 - 60件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た旭富士正也

    1990年5月場所、17歳8か月で新入幕。場所直前に足の親指の靭帯を切る負傷をしていたことから4勝11敗と大きく負け越し、十両に落ちたが、11月場所で幕内に復帰した。その後二場所は小幅の勝ち越し、負け越しが続きやや勢いが減速したものの、東前頭13枚目に下がった1991年3月場所では27年ぶりとなる平幕での11連勝を記録。その後小錦、旭富士らに敗れ、幕内優勝はならずも12勝3敗の好成績を挙げ、敢闘賞、技能賞をダブル受賞した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た若乃花幹士 (初代)

    父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子。兄は花田虎上。妻は河野景子で、1男2女の父親。長男は花田優一。初代若乃花は伯父(父の兄)。二代目若乃花はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た力士

    貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。元日本相撲協会理事。相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部長、巡業部長を歴任。他にスポーツニッポン評論家(大相撲担当)。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た杉並区

    貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。元日本相撲協会理事。相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部長、巡業部長を歴任。他にスポーツニッポン評論家(大相撲担当)。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た明治大学付属中野中学校・高等学校

    明大中野中に進学。同相撲部で武井美男監督から受けた廻しの切り方などの技術面の指導は、のちの躍進に大きく寄与したとされている。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た2009年

    2010年1月場所後に行われる理事選に立候補することを表明し、2010年2月の相撲協会理事選挙は10人の改選で5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定することが慣例となっており、二所ノ関一門は既に現職理事の放駒と二所ノ関のほか、新人の鳴戸が立候補を予定しているが、これに貴乃花親方が加わって4人の投票になるところであった。2009年12月から一門で候補者選定会議が行われ、4人の中で最年少であった貴乃花親方に対して立候補を断念させる方針に傾き、貴乃花親方は2010年1月8日に一門を離脱し単独で理事選に出馬することを正式に表明した。一部マスコミでは「貴の乱」と称した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た藤田紀子

    父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子。兄は花田虎上。妻は河野景子で、1男2女の父親。長男は花田優一。初代若乃花は伯父(父の兄)。二代目若乃花はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た琴富士孝也

    平幕優勝が発生した場所において、当場所の優勝力士から3勝(1991年7月場所14日目の琴富士戦・1991年9月場所2日目の琴錦戦・1992年7月場所8日目の水戸泉戦)を挙げている。これは平幕優勝力士から当場所中に挙げた白星の数としては最多とされる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た小錦八十吉 (6代)

    1990年5月場所、17歳8か月で新入幕。場所直前に足の親指の靭帯を切る負傷をしていたことから4勝11敗と大きく負け越し、十両に落ちたが、11月場所で幕内に復帰した。その後二場所は小幅の勝ち越し、負け越しが続きやや勢いが減速したものの、東前頭13枚目に下がった1991年3月場所では27年ぶりとなる平幕での11連勝を記録。その後小錦、旭富士らに敗れ、幕内優勝はならずも12勝3敗の好成績を挙げ、敢闘賞、技能賞をダブル受賞した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た佐田の山晋松

    武蔵川前理事長の辞任に伴う理事長選挙では北の湖親方を推薦し、「貴の乱再び」とまで言われた(結果は落選)。その理事長が放駒親方に代わってから初めて行われた8月20日の理事会にて、審判部長に就任した。38歳での審判部長就任は、35歳で就任した元佐田の山の出羽海親方(当時)に次ぐ、2番目の若さであった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

162件中 51 - 60件表示