136件中 81 - 90件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た一門 (相撲)

    貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。在籍の相撲部屋は、入門時は藤島部屋所属で、後に二子山部屋所属となる。現在は一代年寄・貴乃花として、貴乃花部屋(元は二所ノ関一門で、現在は無所属)の師匠、及び日本相撲協会理事・地方場所部長(大阪)、スポーツニッポン評論家(大相撲担当)を務める。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た中野区

    1972年(昭和47年)、東京都杉並区に生まれ、同中野区で育つ。現役時代、取組前の場内アナウンスでは中野区を出身地としていた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た物言い

    そして、貴乃花自身最後の場所となった2003年(平成15年)1月場所、右膝の状態が万全ではなかったものの出場を決意。初日の若の里には土俵際の小手投げで辛うじて勝ったが、翌2日目の雅山戦では二丁投げを喰らって左肩を負傷してしまう。明らかに不利な体勢であったが、審判委員から物言いがつき「両者同体」と判定された。その取り直しの一番は雅山に左からの上手投げで勝利したものの、左肩の怪我により翌3日日の旭天鵬戦は不戦敗、4日目まで途中休場する羽目となる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た阿武松部屋

    2010年1月17日の1月場所8日目、6年半振りに大相撲中継で正面解説を務め、テレビの前で所信表明。同年1月19日には二所ノ関一門は緊急会合が開き、貴乃花を支持する間垣、阿武松、大嶽、二子山、音羽山、常盤山の親方6人および間垣部屋、阿武松部屋、大嶽部屋の3部屋は事実上破門させられた。既に一門からの離脱を明らかにしていた貴乃花と貴乃花部屋に対しても、同様の措置が執られた。同時に二所ノ関一門からは現職の放駒と二所ノ関のみが立候補することになり、鳴戸は事実上立候補を断念せざるを得なくなった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た相撲博物館

    2月4日 日本相撲協会理事・相撲教習所長・監察委員長・相撲博物館運営委員に就任。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た右利き

    血液型はO型。元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た長野オリンピック

    それまではかなり熱心で体の毛も生えない程だった稽古も、準備運動は入念にするものの実戦的な稽古量が激減するという事態に陥ってしまった。1997年(平成9年)は過去の稽古の貯金もあって3度優勝、通算5回目の年間最多勝(同1997年が自身最後の年間最多勝)も受賞して横綱の面目を十分に保てたが、1998年(平成10年)以降はその貯金も底を突いた状態となった。1998年(平成10年)1月場所終盤、急性上気道炎による高熱と原因不明の湿疹で勝ち越しながらも途中休場(これにより同年2月に開催された長野オリンピック開会式及び横綱土俵入りも欠席した。横綱土俵入りの代役は曙)。翌場所も序盤から崩れて、肝機能障害によりまたも途中休場に追い込まれた。7月場所と9月場所は連覇して優勝回数を20回の大台に乗せたが、その後は怪我や病気に苦しみ、2年以上優勝から遠ざかることになった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た幕下

    2005年(平成17年)7月場所以来、貴乃花部屋には入門者がいない状態が続いていたが、2008年(平成20年)2月20日、4年ぶりに新弟子(貴天秀、元時津風部屋力士の息子)が入門。同年3月場所に初土俵を踏み、新序三番出世披露を果たした。さらに2009年にはモンゴル人力士(貴ノ岩)や高校総体優勝者(貴月芳・貴斗志兄弟)の入門で、三段目上位や幕下にも部屋の力士が名を連ね、2012年(平成24年)5月場所後には貴ノ岩が新十両に昇進し、五剣山以来の関取となった。同年7月場所には学生相撲出身の渡辺が三段目優勝するなど、理想とは異なる形ながら着実に後進を育てつつある。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た取り直し

    そして、貴乃花自身最後の場所となった2003年(平成15年)1月場所、右膝の状態が万全ではなかったものの出場を決意。初日の若の里には土俵際の小手投げで辛うじて勝ったが、翌2日目の雅山戦では二丁投げを喰らって左肩を負傷してしまう。明らかに不利な体勢であったが、審判委員から物言いがつき「両者同体」と判定された。その取り直しの一番は雅山に左からの上手投げで勝利したものの、左肩の怪我により翌3日日の旭天鵬戦は不戦敗、4日目まで途中休場する羽目となる。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た廻し

    明大中野中に進学。同相撲部で武井美男監督から受けた廻しの切り方などの技術面の指導は、のちの躍進に大きく寄与したとされている。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「貴乃花光司」のニューストピックワード