貸金業 ニュース&Wiki etc.

貸金業(かしきんぎょう)とは、金融の形態の一つで、消費者や事業者を対象に金銭を貸し付ける(融資を行う)ことを行う事業(銀行や協同組織金融機関、保険会社、証券金融会社、短資業者等を除く)である。 (出典:Wikipedia)

「貸金業」Q&A

  • Q&A

    収入証明書についての質問です 先日、知恵袋で収入証明書について質問したものです も…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月6日 08:24

  • Q&A

    法定途上与信についてです 法定途上与信は貸金業法に定められているものだそうですが、こ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月6日 05:49

  • Q&A

    カードローンやキャッシングで収入証明書が必要になる場合について質問です 貸金業法によ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月6日 00:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「貸金業」のつながり調べ

  • 橋下徹

    橋下徹から見た商工ローン

    法律事務所を設立した2年目の1999年(平成11年)から2004年(平成16年)までの6年間に、消費者金融大手「アイフル」の子会社である商工ローン企業「シティズ」の顧問弁護士であった。シティズは利息制限法を超えるグレーゾーン金利で融資していたが、他の多くの貸金業者が払いすぎた利息の返還に応じていたのに対し、シティズは貸金業法17条書面及び18条書面の交付によって「みなし弁済」を主張して、過払い利息の返還に応じず、圧倒的に多数の裁判でも勝利してきた。これについては、多重債務問題に取り組む弁護士、司法書士、被害者の会などからはシティズについて「利息制限法による引き直し計算を前提にした特定調停・個人民事再生に応じない」「多重債務救済手続の支障になる」「連帯保証人を要求し、連帯保証人から債権回収を図る」として対応に極めて問題のある企業と考えられていた。一方で橋下はみなし弁済などのグレーゾーン金利について、「法律にのっとって貸しているのだから、どこが問題なのか」「こちらが悪いというのなら法律を変えるしかないでしょう」と語っている。この時代を含め「(担当した裁判は)8年間負け知らずだった」と語っている。(橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 新生銀行カードローン レイク

    新生銀行カードローン レイクから見た貸金業

    2008年に買収したGEコンシューマー・ファイナンス株式会社(2009年に新生フィナンシャルへ変更)が行っている消費者金融「レイク」について、2011年10月1日から「レイク」の商標や店舗網(自動契約機・ATM)・人員を譲受し、新生銀行のカードローン商品として新規展開することを2011年6月22日に発表した。新生フィナンシャルの「レイク」では貸金業者として貸金業法の規制(総量規制など)を受けるが、銀行カードローンでは銀行法での貸付となるため総量規制の対象外となる。また、消費者金融業界に対するテレビCM出稿の規制を受けないなど営業の自由度が拡がる利点がある。なお、新生銀行がアプラスの保証で取り扱っていた当座貸越契約型の「新生銀行スマートカードローン」は新規申込を2011年9月13日で終了した。(新生銀行カードローン レイク フレッシュアイペディアより)

「貸金業」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「貸金業」のニューストピックワード

  • なんとかして、短期で英語を使えるようになりたい

  • 英語力ほぼゼロ

  • TOEIC(R)LISTENING AND READINGテスト おまかせ730点!