175件中 41 - 50件表示
  • かざかカード

    かざかカードから見た貸金業者貸金業

    かざかカード株式会社は、かつて存在した貸金業者である。かざかカード フレッシュアイペディアより)

  • 近藤克彦

    近藤克彦から見たノンバンク貸金業

    1996年4月に第一勧業銀行頭取就任。ところが、1994年7月から1996年9月までの間にかけて総会屋の小池隆一の関係企業へ、系列ノンバンクの大和信用を通じて117億8200万円の利益供与がなされていることが発覚した。この責任をとり1997年5月22日、近藤は、後任の頭取に藤田一郎副頭取を指名し、任期途中で頭取を退任することを表明した。同時に奥田正司会長及び、村本周三、藤森鉄雄、羽倉信也、中村一郎、宮崎邦次の各相談役の退任も発表された。総会屋への利益供与については「総会屋が師事した元出版社社長の大物総会屋と歴代トップが親密な関係にあり、その呪縛が解けなかった。」と説明した。近藤克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 日債銀事件

    日債銀事件から見たノンバンク貸金業

    日債銀事件の最高裁判決が出る前にこの事件の構図と似た長銀事件が最高裁で逆転無罪判決が出たことから、日債銀事件でも何かしら判断に影響があると予想される中で最高裁は2009年12月に二審判決を破棄した。判決では当時は金融の過渡期であり、旧基準による会計をしても違法性を問えないとしたが、融資先が親会社として支援する責任がある関連ノンバンクだった長銀事件と異なり、日債銀事件では独立系ノンバンクなどが融資先であったため、旧基準に従って評価した場合に独立系ノンバンクなどへの貸出金を回収不能や無価値とすべきかについて審理する必要があるとして高裁に差し戻した。日債銀事件 フレッシュアイペディアより)

  • 光進事件

    光進事件から見た貸金業貸金業

    イトマン事件・架空預金証書事件・東海・富士銀不正融資事件などと並び、銀行・ノンバンクの乱脈融資により多額の不良債権を生み出したバブル期を象徴する事件として知られる。光進事件 フレッシュアイペディアより)

  • GE三洋クレジット

    GE三洋クレジットから見た商工ローン貸金業

    元々は三洋電機の家電製品の月販部門として発足したが、1990年代後半には個人事業主・中小企業を主な対象とした電気機器やカーリースなどのリース業、子会社の三洋倶楽部を通じた商工ローンの取扱いが過半を占めており、三井住友トラスト・パナソニックファイナンスやソニーファイナンスなど一般消費者向けのクレジットカードを取り扱うメーカー系信販とは売り上げ構成が異なっていた。三洋電機グループの中では高収益を上げていた。GE三洋クレジット フレッシュアイペディアより)

  • コムレイド

    コムレイドから見た貸金業貸金業

    2007年(平成19年)12月16日に、貸付業務をすべて中止。2008年(平成20年)2月29日には、ATM営業を中止し撤去して、すべての無人店舗を閉鎖。同年3月21日には本店窓口も閉鎖し、すべての窓口を閉鎖した。これにより、貸金業を廃業し、貸付債権の管理・回収のみを行っている。コムレイド フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス

    三井住友トラスト・パナソニックファイナンスから見たノンバンク貸金業

    現法人の前身は、1951年に松下電器産業が立ち上げた販売店(現:パナソニックショップ)の月賦販売を提供する「ナショナルラジオ月販」である。その後、松下グループの拡大に合わせて数度社名変更を行い、2001年に松下リース(旧:ナショナルリース)と合併。同グループ内のノンバンク・メーカー系信販として発展した。三井住友トラスト・パナソニックファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • 福山繊維ビル

    福山繊維ビルから見た貸金業者貸金業

    1961年(昭和36年)に完成。当時は、繊維ビルの名のとおり繊維問屋や企業の事務所、服飾関係の店舗が入居していた。 70年代後半辺りから繊維不況のあおりで企業、問屋の退去が相次ぐものの、JR福山駅南口という立地の良さと、家賃の安さから飲食業を中心に他の職種から入居が相次いだ。特にファーストフード店・レコード屋・ライブハウスなど若者向けの店舗や、貸金業者の事務所が多数入居していたのがいわばこのビルの特徴であった。福山繊維ビル フレッシュアイペディアより)

  • フルキャストホールディングス

    フルキャストホールディングスから見た貸金業貸金業

    株式会社フルキャストファイナンス(登録スタッフ向け貸金業およびグループ福利厚生事業)2004年10月設立。2009年4月に全保有株式を譲渡し、資本関係を解消の上、債権を他社に売却。株式会社フォーメイトへ改称されたが、2010年6月に破産手続きが開始され、経営破綻した。フルキャストホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 三洋証券

    三洋証券から見たノンバンク貸金業

    一般にはこの本体の過剰な設備投資が経営難の主因として注目されたが、三洋証券にとって致命傷となったのは、債務保証先でもあるノンバンクの子会社「三洋ファイナンス」がバブル期に行った不動産関連融資だった。融資の多くが不良債権化していたが、三洋証券自身がバブル期に行った積極投資のツケに喘いでいる状況でもはや子会社を処分する体力はなく、市場の好転を期待して雪だるま式に債務が膨張するまま、いたずらに決断を先送りした。三洋証券 フレッシュアイペディアより)

175件中 41 - 50件表示

「貸金業」のニューストピックワード

  • なんとかして、短期で英語を使えるようになりたい

  • 英語力ほぼゼロ

  • TOEIC(R)LISTENING AND READINGテスト おまかせ730点!