203件中 71 - 80件表示
  • ジャパンファイナンシャルソリューションズ

    ジャパンファイナンシャルソリューションズから見た商工ローン貸金業

    前身の「アプレック」は九州地方を中心に商工ローンを手がけていた。ジャパンファイナンシャルソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンファイナンシャルソリューションズ

    ジャパンファイナンシャルソリューションズから見た貸金業貸金業

    2011年1月25日、東京地方裁判所に民事再生法適用を申請、負債額は90億円。 2010年に経営破綻した日本振興銀行株式の減損処理のため8億円の債務超過に陥り、貸金業免許を維持できない可能性が出たため、継続企業の前提に疑義が持たれていた。ジャパンファイナンシャルソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本保証

    日本保証から見た商工ローン貸金業

    株式会社日本保証(にほんほしょう、)は、商工ローン(事業者金融業)および消費者金融、機関保証を営む日本の貸金業者である。Jトラストの完全子会社。旧社名は株式会社日栄(にちえい)、株式会社ロプロ。日本保証 フレッシュアイペディアより)

  • 第一不動産

    第一不動産から見たノンバンク貸金業

    全盛期には、子会社にノンバンクの第一コーポレーション(JASDAQ上場)などを抱える「第一不動産グループ」の中核会社でもあった。第一不動産 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタファイナンシャルサービス

    トヨタファイナンシャルサービスから見た商工ローン貸金業

    トヨタファイナンスは、オールトヨタ販売店向けのオートローン(主に集金代行方式)や仕入れ代金などの事業者金融を手がける信販会社であり、1988年(昭和63年)11月にトヨタ自動車財務部から独立する形で設立した。2001年からクレジットカード「TS CUBICカード」の自社発行を開始し、クレジットカード会社としてB2Cビジネスに参入している。トヨタファイナンシャルサービス フレッシュアイペディアより)

  • 中川泰宏

    中川泰宏から見た貸金業貸金業

    衆議院議員の傍ら、京都府農業協同組合中央会(JA京都中央会)会長、および、京都府信用農業協同組合連合会(JAバンク京都信連)、全国農業協同組合連合会京都府本部(JA全農京都)、全国共済農業協同組合連合会京都府本部(JA共済連京都)の共通会長を務めている。また、貸金業や畜産業、産業廃棄物処理業なども営んでいる。中川泰宏 フレッシュアイペディアより)

  • 私製手形

    私製手形から見た貸金業貸金業

    一部の事業者金融業者が、返済が滞ったり、債務に対して異議を申し立てた途端、主債務者と連帯根保証人から共同振出させた私製手形を不渡処分にして、その手形の債権について手形訴訟を行い、確定判決を得た上で強制執行する手段を用いていた。これは、手形訴訟が、手形の書面審理のみという、通常の訴訟よりも簡易・迅速な手続で判決を得ることができることを利用するために、手形訴訟を利用する目的だけで私製手形を発行させていたものである。私製手形 フレッシュアイペディアより)

  • 銭の戦争 (日本のテレビドラマ)

    銭の戦争 (日本のテレビドラマ)から見た貸金業貸金業

    赤松の師匠。ホームレスから300億円もの大金を動かせるまでに成り上がったが、現在は貸金業を引退し、小額の融資しか取り扱っていない。銭の戦争 (日本のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 九州銀行

    九州銀行から見たノンバンク貸金業

    バブル経済期に九州銀は、関連会社であった九州ファイナンスや同行OBが社長を歴任していた九州流通サービスの両ノンバンクが不動産のほか、中洲の飲食業などに多額の融資を行い、それがバブル崩壊によって不良債権となった。また有価証券の含み損も100億円抱えるなどしたため、1993年4月には、利益金処分や昇格などを実施するにあたって大蔵省の承認が必要となる決算承認銀行に指定された。指定に先立ち同省から招聘した渡部裕資頭取の陣頭指揮のもとに経営改革委員会を設置。人員の削減や資金の調達、運用の見直しを始めた。その後ネットバブルが到来したため、運用益をあげていたが、程なくネットバブルが崩壊。株価下落で50億の損失を出した。九州銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム (企業)

    東京ドーム (企業)から見た貸金業貸金業

    しかし、2006年(平成18年)7月中間期連結決算で、金融事業が貸金業の環境変化による貸倒引当金等の損失計上が引き金となり過去最大の赤字を計上したことから、リゾート事業はモルガン・スタンレー系のセントレジャー・グループへ売却。金融事業については後楽園ファイナンス子会社の「サイエンスファクタリング」「理想ゴルフサービス」を東京ドームが特別清算し、ファイナンス社はローンスターへバルク売りと言われた程の安価(500億円)で売却された。その後、2007年(平成19年)度連結決算で736億円の特別損失が発生している。この整理が完了したことで、現在は東京ドームシティの施設運営を核にした事業経営を行っている。東京ドーム (企業) フレッシュアイペディアより)

203件中 71 - 80件表示

「貸金業」のニューストピックワード