質問主意書 ニュース&Wiki etc.

質問主意書(しつもんしゅいしょ)とは、国会法第74条の規定に基づき、国会議員が内閣に対し質問する際の文書である。 (出典:Wikipedia)

「質問主意書」Q&A

  • Q&A

    [高木氏の「逮捕歴」、調査不要=政府答弁書]安倍政権は逮捕歴の有無を虚偽説明するよう…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年2月7日 10:05

  • Q&A

    歴史を知らないのですか。日本との併合を望んだ朝鮮人もいたのに、無視ですか。 《朝鮮人…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2017年1月26日 19:48

  • Q&A

    どんどんやってくれと感じますか。日韓合意をバ韓国政府が《破る》っつうのは、すごいこと…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月6日 16:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「質問主意書」のつながり調べ

  • 世界基督教統一神霊協会

    世界基督教統一神霊協会から見た質問主意書

    1994年7月12日、日本社会党(当時)の北村哲男が「霊感商法」などの反社会的な事を行う統一教会に対する政府の見解を質す質問主意書を政府に提出したが、政府は村山富市首相名で「宗教法人法第七十九条は、宗教法人が行う公益事業以外の事業の停止命令について規定しているが、統一協会の所轄庁である東京都知事は、いわゆる霊感商法については、現在、統一協会の規則には事業として記載されておらず、また、統一協会が行っている事業であるという確証もないことから、現在のところ、同条を適用することは基本的に困難であると判断している。」と回答した。しかし、民事訴訟では霊感のない信者を“徳の高い霊能者の先生”に仕立てて売るための詳細なマニュアルがあったことや、「連絡協議会」の存在を教団が主張し始めたのは、民事訴訟が提起されてから7年も経ってからであり、証人に立った教団側の信者もその存在を知らなかったと証言し、裁判所からも当時の「連絡協議会」の存在を示す実体もないと認定された(2001年6月29日 札幌地裁)。(世界基督教統一神霊協会 フレッシュアイペディアより)

  • 機密費流用防止法案

    機密費流用防止法案から見た質問主意書

    民主党は野党時代には透明化に積極的に動いていたが、2009年9月の政権獲得後は「オープンにしていくことは考えていない」として公開しない考えを示した。野党時代の整合性を指摘された質問主意書に対して、民主党内閣は「使途等を検証していくことが適切」とだけ答弁している。(機密費流用防止法案 フレッシュアイペディアより)

「質問主意書」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「質問主意書」のニューストピックワード

  • 国会に対して議論を呼びかけることは禁じられているものではなく、三権分立の趣旨に反するものではない

  • 環太平洋連携協定

  • 所有アパートの立ち退きでもめている