前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示
  • 総理大臣公邸

    総理大臣公邸から見た質問主意書質問主意書

    旧公邸や現公邸問わず、幾度と無く幽霊騒ぎを起しており、遂に日本国政府に対する質問主意書にも取り上げられ、公式に知らないとする答弁が出ている。総理大臣公邸 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽レコードの還流防止措置

    音楽レコードの還流防止措置から見た質問主意書質問主意書

    ところが、消費者団体による法案反対のロビー活動を受けて、法案の内容に疑問を抱いた川内博史・佐藤謙一郎の両衆議院議員(共に民主党)が政府に当該項目の質問主意書を提出し、その答弁が文化庁の「アジア市場で発売される邦楽が対象で洋楽は対象外」という説明に反し「洋楽に対しても権利行使は可能」とする内容であったために、それまで無関心であった多くの音楽ファンも危機意識を抱き、法案反対の声が一気に高まった。音楽レコードの還流防止措置 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た質問主意書質問主意書

    2005年9月の選挙で当選して以降、逮捕前まで深い関係にあった外務省との対決姿勢を鮮明にした(鈴木自身外交族でもあった)。国会では外務委員会で政府の対ロシア外交を失敗であると追及したり、外務省に矢継ぎ早に質問主意書を出して職員の不正を追及している。国会以外でもテレビ・雑誌などのメディアにも頻繁に登場し、外務省批判を繰り広げている。特に『週刊新潮』に5回にわたって連載された手記「『外務省の犯罪』を暴く!」では、現役の外務省キャリア職員のスキャンダルを実名で暴露して大きな波紋を呼んだ。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 機密費流用防止法案

    機密費流用防止法案から見た質問主意書質問主意書

    民主党は野党時代には透明化に積極的に動いていたが、2009年9月の政権獲得後は「オープンにしていくことは考えていない」として公開しない考えを示した。野党時代の整合性を指摘された質問主意書に対して、民主党内閣は「使途等を検証していくことが適切」とだけ答弁している。機密費流用防止法案 フレッシュアイペディアより)

  • 獄中立候補

    獄中立候補から見た質問主意書質問主意書

    犯罪の容疑で刑事施設に勾留されていても、推定無罪により選挙に立候補をすることができる。国会議員においては国政選挙に当選後に釈放されない場合には不逮捕特権に基づく議院の釈放要求があれば会期中は釈放されて政治活動を行うことができ、身柄拘束が継続されても質問主意書という形で政治活動をすることができる。獄中立候補 フレッシュアイペディアより)

  • 質問趣意書

    質問趣意書から見た質問主意書質問主意書

    質問趣意書 フレッシュアイペディアより)

  • 草なぎ剛

    草なぎ剛から見た質問主意書質問主意書

    この件は日本の各メディアが取り上げて海外にも配信され、韓国や台湾などのファンにも衝撃を与えることになった。また、国内では草を擁護する声が多かった。この件について国会では、新党大地の鈴木宗男が「家宅捜査は不自然ではないか」と質問主意書を提出し、政府は「事件の全容を解明するために必要だった」と回答した。草なぎ剛 フレッシュアイペディアより)

  • 小川友三

    小川友三から見た質問主意書質問主意書

    当初は院内会派の緑風会に所属していたが、9月には脱会して無所属扱いとされ、日常生活問題に関した大量の質問主意書を内閣に提出して話題をさらった。その一方で議員会館を自らの製薬会社「サチ製薬」の商談や宣伝に使用したり、議員資格を使って統制下に置かれていた砂糖の横領や不正取得に関わるなど、その議員活動には批判も多かった。小川友三 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍裁判権放棄密約事件

    在日米軍裁判権放棄密約事件から見た質問主意書質問主意書

    2008年5月30日、新党大地の鈴木宗男が『北海道新聞』記事に基づき、密約や在日米軍犯罪について質問主意書を提出した。政府は、密約を否定する答弁書を返した。6月23日、国立国会図書館は密約を示す史料の一つである『合衆国軍隊構成員等に対する刑事裁判権関係実務資料』を政府の要求に従い閲覧禁止にし、資料検索(OPAC)からも削除した。この文書は極秘文書であったが、古書店に流出し、それを国会図書館が買い取って1991年から公開していた。政府は閲覧禁止要求について、「他国との信頼関係への影響」「捜査への支障」を理由にしている。在日米軍裁判権放棄密約事件 フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋タクシー

    居酒屋タクシーから見た質問主意書質問主意書

    日本の中央省庁等に勤務する職員(国家公務員の一般職)は、予算編成や質問主意書や国会答弁の準備などで、深夜まで残業することが多く、勤務時間が終電後の時間帯に及んだ場合、公費で購入されたタクシーチケットを使って帰宅することが出来る。かつては、その車中でタクシー運転手が缶ビールや肴などを、無料で提供するサービスが広く行われていた。この慣行は、リベート(収賄や贈賄)ないし国家公務員倫理規定の違反であるとして、2008年(平成20年)に、マスコミで批判的に報道され、長妻昭衆議院議員ら民主党議員の集中的な追及を、国会で受けることとなった。居酒屋タクシー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示

「質問主意書」のニューストピックワード

  • 法務省から首相に対し、しかるべく報告をしたところであるが、詳細は答えを差し控える

  • 出所が明らかでない

  • 政府全体としては、いかなる事態にも対応できる万全の体制で対応に当たってきたところだ