115件中 91 - 100件表示
  • 柳澤伯夫

    柳澤伯夫から見た質問主意書質問主意書

    野党は大臣の辞任を要求し、2月1日の衆院予算委員会を欠席した。柳澤は辞任せず、2007年8月の安倍改造内閣発足に伴い退任するまで厚生労働大臣を務めたが、 共同通信社の2007年2月に行った電話世論調査によると柳澤の発言は安倍政権に対する女性の支持率を低下させる一因となった。政府は2月13日の閣議で、社会民主党衆議院議員辻元清美の質問主意書に答える形で、柳沢発言について「女性の方々を傷付ける不適切なものであり、その発言が厚労相の真意、または政府の方針であるかのような誤解を国民に与えたと考える」との答弁書を決定した。柳澤伯夫 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭一

    近藤昭一から見た質問主意書質問主意書

    2002年の第155回国会において、朝鮮人強制連行・強制労働に関する質問主意書を提出。日本政府に強制連行された朝鮮人に対する謝罪と金銭補償の実施を求めた。近藤昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本旅客鉄道労働組合

    東日本旅客鉄道労働組合から見た質問趣意書質問主意書

    2010年2月、警視庁は広報誌にて「労働運動等への介入を強めた過激派」への動向に警鐘を鳴らした上で、JR東労組やJR総連に革マル派が浸透しているとの認識を示した。この事から佐藤勉衆議院議員が第174回国会の質問趣意書にて、鳩山由紀夫総理大臣に問い質したところ、総理は「JR総連及びJR東労組の影響を行使し得る立場に、革マル派活動家が相当浸透している」との答弁書を送付した。さらに、8月3日に開催された第175回国会予算委員会にて平沢勝栄衆議院議員が「JR総連及びJR東労組の政策調査部長という幹部が民主党の公認で全国比例区から出馬し当選している」と指摘、それに対して中井洽防災担当相は「革マル派が相当浸透しているとの認識は事実である」と答弁した。また、菅直人首相は「いろいろな労働団体、さらにはいろいろな各種の団体、そういうところから候補者が民主党から出たいということで、当時の執行部として判断されて公認をした」との答弁を行った。なお、JR東労組側は関連性を否定している。東日本旅客鉄道労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た質問主意書質問主意書

    2010年(平成22年)5月27日、参議院議員・山谷えり子の質問主意書に対して、日本国政府は2010年(平成22年)6月4日、鳩山由紀夫内閣の閣議で決定した政府答弁は、以下の通りである。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 日露戦争

    日露戦争から見た質問主意書質問主意書

    しかしその後、セルビア・モンテネグロ(旧名ユーゴスラビア連邦共和国)からモンテネグロが独立する際にこの問題が取り上げられた。モンテネグロおよびセルビア・モンテネグロはユーゴスラビア社会主義連邦の継承国であると認められておらず、モンテネグロと日本との戦争状態に関する条約は不在の状態となった。2006年(平成18年)2月14日に鈴木宗男衆議院議員は、「一九〇四年にモンテネグロ王国が日本に対して宣戦を布告したという事実はあるか。ポーツマス講和会議にモンテネグロ王国の代表は招かれたか。日本とモンテネグロ王国の戦争状態はどのような手続きをとって終了したか。」との内容の質問主意書を提出した。これに対し日本政府は、「政府としては、千九百四年にモンテネグロ国が我が国に対して宣戦を布告したことを示す根拠があるとは承知していない。モンテネグロ国の全権委員は、御指摘のポーツマスにおいて行われた講和会議に参加していない。」との答弁書を出している。日露戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 今村雅弘

    今村雅弘から見た質問主意書質問主意書

    2014年の第186回国会において、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法、質問主意書提出のいずれもなかったことが指摘された。今村雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 中村喜四郎

    中村喜四郎から見た質問主意書質問主意書

    2014年(平成26年)の第186回国会において、国務大臣、副大臣、政務官、補佐官、衆議院議長、衆議院副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法、質問主意書の提出のいずれもなかったことが指摘された。中村喜四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野田佳彦

    野田佳彦から見た質問主意書質問主意書

    小泉純一郎首相の靖国神社参拝が論争となっていた2005年(平成17年)10月17日には、「A級戦犯と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は破綻している」「参拝の是非は国際政治的な利害を踏まえてなされるべきもので、誤ったA級戦犯理解に基づく是非論はA級戦犯とされた方々に対する人権侵害であり、人権と国家の名誉に関わる問題である」「東京裁判を受諾したという政府や外交当局の見解によれば、東京裁判における南京大虐殺20数万や日本のソ連侵略といった虚構も含め、日本が満州事変以降一貫して侵略戦争を行って来たという誤解を受け入れることになってしまう」という趣旨の質問主意書を提出した。ただし、首相就任後は靖国参拝を自粛し、8月15日に参拝の意向を示していた羽田雄一郎国土交通相と松原仁国家公安委員長にも自粛するように求めた。野田佳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院議長

    参議院議長から見た質問主意書質問主意書

    内閣への質問主意書の転送(法75条)参議院議長 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見た質問主意書質問主意書

    麻生内閣メールマガジン「太郎ちゃんねる(2008年12月4日配信)」において、「1941年12月に第二次世界大戦が真珠湾攻撃で始まる」と書いたことについて、「1941年12月に始まったのは第二次世界大戦ではなく太平洋戦争である。この歴史認識は知性を疑われる恥知らずの間違い」として、新党日本の田中康夫から国会での謝罪と訂正を求める質問主意書が提出された。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

115件中 91 - 100件表示

「質問主意書」のニューストピックワード