115件中 101 - 110件表示
  • 閣議 (日本)

    閣議 (日本)から見た質問主意書質問主意書

    国会提出案件(法律案および予算案、条約など、承認を求めて国会に発議すべきもの)。質問主意書に対する答弁書なども含む。内閣は質問主意書に対して回答義務と答弁に対して閣議決定する義務を負わされる。閣議 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 総理大臣官邸

    総理大臣官邸から見た質問主意書質問主意書

    国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律2条1項ロの規定および内閣官房の告示のほか、国会議員の質問主意書に対する政府答弁書、外務省告示、他省の主催行事の場所表示などに用例がある。総理大臣官邸 フレッシュアイペディアより)

  • 平井卓也

    平井卓也から見た質問主意書質問主意書

    2014年の第186回国会において、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法、質問主意書提出のいずれもなかったことが指摘された。平井卓也 フレッシュアイペディアより)

  • Twitter

    Twitterから見た質問主意書質問主意書

    2009年7月21日、日本国政府は民主党の藤末健三参議院議員の質問主意書に対し、選挙運動でのTwitterの利用は公職選挙法で禁じている違法な文書図画の配布に該当するという見解を示した。また公職選挙法の改正論議でTwitterの選挙期間での使用解禁を検討したが審議中になりすましが横行している例が取り上げられ、選挙妨害の可能性が極めて高いとして解禁は見送られている。なりすまし横行の記事Twitter フレッシュアイペディアより)

  • 山井和則

    山井和則から見た質問主意書質問主意書

    消えた年金問題の追及で知己を得た長妻昭は、自身の著書で山井を「一生の友」と称している。また長妻同様、質問主意書を多数提出する傾向にある。3期目(2005年9月から2009年7月まで)では厚生労働省に対する内容を中心に347回提出されている。2009年3月2日には、内閣総理大臣に対する質問主意書において、参議院議員が内閣総理大臣に就任できるのか質問した。山井和則 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣総理大臣指名選挙

    内閣総理大臣指名選挙から見た質問主意書質問主意書

    過去の内閣総理大臣指名において、参議院議員が内閣総理大臣に指名されたことは一度もない。内閣総理大臣が事実上の権限を持っている衆議院解散において、自らの議員職を賭けない立場で衆議院解散を行えることが可能な仕組みについて否定的にとらえられていることや様々な法規定で衆議院優越規定があることから、政治的慣例上として衆議院議員のみが内閣総理大臣になることができるという風潮が定着している。過去に「参議院議員は内閣総理大臣になることができるのか」という質問主意書が出されたことがあり、内閣は『日本国憲法は、第六十七条第一項前段において「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。」と規定している。』と答弁している。内閣総理大臣指名選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 言論出版妨害事件

    言論出版妨害事件から見た質問主意書質問主意書

    4月8日 日本共産党の谷口善太郎議員が、「宗教団体の政治活動に関する質問主意書」を国会に提出。創価学会の宗教的施設を国立として建てるという「国立戒壇」という教義が憲法第20条3項および憲法第89条に違反しているかどうかを質問。言論出版妨害事件 フレッシュアイペディアより)

  • みんなの党

    みんなの党から見た質問主意書質問主意書

    大阪府知事選挙・大阪市長選挙に、勝手連として組織を挙げて大阪維新の会を応援し、渡辺代表も5回に渡り応援に駆けつけ松井一郎が大阪府知事選挙に、橋下徹が大阪市長選挙に、それぞれ当選をした。その後、大阪維新の会の教育基本条例案に関連した質問主意書を代表の渡辺が提出し、大阪都構想に関連した地方自治法の改正案を、大阪維新の会と共同で作成するなど連携を深めている。また、茨木市議会では統一会派(維新の会・みんなの茨木)を組んでいる。茨木市長選挙に向けて、維新の会とみんなの党の統一候補擁立を目指している。みんなの党 フレッシュアイペディアより)

  • 武田良太

    武田良太から見た質問主意書質問主意書

    2015年9月18日、武田が証言した経済人による佐賀空港の共用打診の有無を問う原口一博衆議院議員の質問主意書に対し、安倍晋三内閣は事実ではないとする答弁書を閣議決定した。武田良太 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た質問主意書質問主意書

    2006年11月14日、安倍内閣は閣議で、核保有についての鈴木宗男の質問主意書に対して、「政府としては、非核三原則の見直しを議論することは考えていない」と強調しながらも、「核兵器であっても、自衛のための必要最小限度にとどまれば、保有は必ずしも憲法の禁止するところではない」との答弁書を出した。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

115件中 101 - 110件表示

「質問主意書」のニューストピックワード