72件中 11 - 20件表示
  • 政治的行為

    政治的行為から見た質問主意書質問主意書

    なお、国家公務員法と異なり、その違反行為に対する罰則規定は存在していない。2012年、大阪市長・大阪維新の会代表の橋下徹は、市長選での政治活動に刑事罰を導入すると宣言した。しかし、衆議院で自民党・平井卓也議員の質問主意書に対し、野田内閣は刑事罰は違法であり、懲戒免職にすれば足りるとする内容の答弁書を決定した。そこで橋下市長は刑事罰は取り止め、懲戒免職を条例として制度化すると表明した。政治的行為 フレッシュアイペディアより)

  • 大牟田爆発赤痢事件

    大牟田爆発赤痢事件から見た質問主意書質問主意書

    1971年(昭和46年)5月の衆議院内閣委員会において、楢崎弥之助議員が事件について取り上げている。又、1973年には黒柳明議員から、 1974年には内田善利議員から事件に関する質問主意書が提出されている。大牟田爆発赤痢事件 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生邸見学ツアー逮捕事件

    麻生邸見学ツアー逮捕事件から見た質問主意書質問主意書

    2008年10月30日に鈴木宗男議員が「麻生太郎内閣総理大臣の自宅を見に行こうとしたデモ隊の逮捕勾留に関する質問主意書」を提出した。麻生邸見学ツアー逮捕事件 フレッシュアイペディアより)

  • 則定衛

    則定衛から見た質問主意書質問主意書

    1999年、月刊誌「噂の眞相」が女性スキャンダルをスクープとして報道し、朝日新聞が同年4月9日付でこれを引用する形で一面トップ記事としたことから主要新聞、スポーツ紙、週刊誌も大々的にこの問題を報じ、混乱の責任をとらされる形で辞任に追い込まれた。女性スキャンダルがここまで大きくなった背景には、時の法相・中村正三郎が指揮権を発動しようとするなど権力の私的行使により辞職するなど法務省・捜査当局に対する世間の厳しい風当たりや、ゴシップ誌の「噂の真相」を新聞が引用する形で一面記事にするという極めて異例な報道展開であったことも一因にある。またこの疑惑の内部調査を担当した堀口勝正が「浮気はあったかもしれないが、みんな浮気を活力にしている」「三流雑誌の記事を一面トップに引用するなんて追い落としの謀略だ。朝日新聞は謀略新聞だと思っている」といった発言をしたとされることが取り沙汰され火に油を注ぐ結果となってしまった。菅沼栄一郎などは「情報公開しろ」とニュース番組で執拗に責め立てた。後に問題となった検察庁の調査活動費流用疑惑は則定スキャンダルにもつながっていると指摘する検察関係者の声もある。2001年には保坂展人が、国会に提出した質問主意書の中で、則定の女性との交際に調査活動費流用があったかについて質問している。則定衛 フレッシュアイペディアより)

  • ホームエンタテイメント議員連盟

    ホームエンタテイメント議員連盟から見た質問主意書質問主意書

    2004年3月に閣議決定され、国会に提出された著作権法改正案における音楽レコードの還流防止措置(いわゆる「レコード輸入権」)を巡って音楽ファンの反対運動が発生したことを受けて川内博史・佐藤謙一郎の両衆議院議員が質問主意書を提出し、その答弁が文化庁による趣旨説明と著しくかけ離れていたことから『「著作者等の権利の保護」と著作物の「公正な利用」に留意し、著作者の権利と消費者の利益のバランスのとれた法体系の確立』を目的に掲げる議員連盟を結成する必要があるとの認識で一致し、参議院での審議入りと同日の4月15日に設立総会が行われた。その際、質問主意書を提出した佐藤謙一郎が会長に、川内博史が事務局長にそれぞれ就任している。ホームエンタテイメント議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 報償費

    報償費から見た質問主意書質問主意書

    麻生内閣の内閣官房長官である河村建夫が、2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で自民党が惨敗し下野が確定的になった翌9月、5度に分けて合計2億5千万円を引き出していた(民主党が内閣官房を引き継いだ際には金庫の中は空だった)ことが明らかになり、大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」から10年2月に背任罪・詐欺罪で告発されている(2011年10月に不起訴処分)。また、この件に関しては、やはり、大阪市のオンブズマングループが国に対して使途の情報開示を求める訴訟を起こしている。鳩山由紀夫内閣は、2010年2月19日、この問題を質す衆議院議員鈴木宗男の質問主意書に対し、“前政権の個別の件については答える立場にない”としつつも、「明らかに異様な支出」とする答弁書を閣議決定した。報償費 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人土地法

    外国人土地法から見た質問主意書質問主意書

    終戦後、日本国憲法下においてこの法律に基づく政令はこれまで制定されたことはない。終戦後は長い間使われることのなかった法律であるが、韓国資本による活発な対馬の土地買収などが明らかになり、2008年(平成20年)ごろから日本の領土を守るため行動する議員連盟などがこの法律に注目し、参議院議員・山谷えり子と加藤修一が、質問主意書にて政府見解を質した。法的効力の有効性は確認されたものの、鳩山由紀夫内閣は2009年(平成21年)11月・2010年(平成22年)6月、この法律の活用は検討していないとの答弁書を決定している。一方、鳩山内閣を引き継いだ菅直人首相は2010年10月15日の参院予算委員会で、同法についての質問に対し「規制には政令が必要だが、現在は存在せず、事実上この法律も有名無実になっている」と答弁したうえで、今後同法の活用を検討することを示唆した。外国人土地法 フレッシュアイペディアより)

  • 傍論

    傍論から見た質問主意書質問主意書

    判決を受けた翌日、記者からの質問に航空幕僚長(当時)の田母神俊雄が「そんなの関係ねえ」と発言。発言についての質問主意書が第169国会にて提出され、政府は、国側勝訴の判決とした上で、憲法九条に違反するとの判決理由の部分について「判決の結論を導くのに必要のない傍論にすぎず、政府としてこれに従う、従わないという問題は生じない」と考えている旨を答弁している。傍論 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年東京オリンピック構想

    2016年東京オリンピック構想から見た質問主意書質問主意書

    2月24日 - 招致委員会が発表した財政保証の件について、日本政府は質問主意書への答弁書にて、債務を保証する措置を講じたい旨の意志表示であるとして、財政保証の締結を否定している。また、本件の国会議決の必要性は、財政保証の締結ではない為否定している。2016年東京オリンピック構想 フレッシュアイペディアより)

  • 獄中立候補

    獄中立候補から見た質問主意書質問主意書

    犯罪の容疑で刑事施設に勾留されていても、推定無罪により選挙に立候補をすることができる。国会議員においては国政選挙に当選後に釈放されない場合には不逮捕特権に基づく議院の釈放要求があれば会期中は釈放されて政治活動を行うことができ、身柄拘束が継続されても質問主意書という形で政治活動をすることができる。獄中立候補 フレッシュアイペディアより)

72件中 11 - 20件表示

「質問主意書」のニューストピックワード

  • 非公式なものであり、会談の記録は作成していない

  • 政府として検討している事実はない

  • 会談は非公式なものであり記録は作成していない