115件中 21 - 30件表示
  • 八ッ場ダム

    八ッ場ダムから見た質問主意書質問主意書

    2009年(平成21年)の第171回国会(常会)にて民主党所属の参議院議員大河原雅子が提出した質問主意書「供用開始遅延ダムおよび八ッ場ダム等に関する質問」に対し、内閣総理大臣麻生太郎は答弁書(第一八六号 内閣参質一七一第一八六号)において平成20年度末時点での事業進捗状況は以下の通りであると回答した。なお、答弁書では着手の概念として「工事に係る契約の締結をもって工事の着手とする」とし、住民の転居先となる代替地の造成に関しては「平成21年度末でおおむね完了予定」とした。八ッ場ダム フレッシュアイペディアより)

  • 2016年東京オリンピック構想

    2016年東京オリンピック構想から見た質問主意書質問主意書

    2月24日 - 招致委員会が発表した財政保証の件について、日本政府は質問主意書への答弁書にて、債務を保証する措置を講じたい旨の意志表示であるとして、財政保証の締結を否定している。また、本件の国会議決の必要性は、財政保証の締結ではない為否定している。2016年東京オリンピック構想 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂展人

    保坂展人から見た質問主意書質問主意書

    保坂が2005年に2選した時、社民党は国会での議席数を大きく減らしており、国会で割り当てられる質問時間は限られていた。そこで保坂は質問主意書を利用し、死刑の廃止についての質問や通信傍受法案に対する批判、年金財政のデータ公開要求等を行った。保坂展人 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部寿一

    阿部寿一から見た質問主意書質問主意書

    市長時代には住民・関係団体への入念な説明を怠り、「結論ありきの進め方」と批判を受けていた。また、衆議院議員時代には、NPO法人万年野党の調査で質問・議員立法・質問主意書提出を一度も行わなかったことが指摘されている。阿部寿一 フレッシュアイペディアより)

  • 南北朝正閏論

    南北朝正閏論から見た質問主意書質問主意書

    さらに、政府と対立する姿勢を鮮明とする犬養毅率いる野党立憲国民党がこの問題を利用して第2次桂内閣の糾弾・打倒を図ったことで、南北朝のどちらの皇統が正統であるかを巡る帝国議会での政治論争にまで発展した(南北朝正閏問題)。1911年(明治44年)2月には衆議院議員の藤澤元造がこの問題を追求する質問主意書を提出。藤澤は議員辞職に追い込まれたものの、政府は野党の懐柔工作に失敗して窮地に追い込まれる。桂の後見役である元老・山縣有朋が南朝正統論の立場で動いたことで、政府は野党や世論に押される形で教科書改訂を約束し、教科書執筆責任者である喜田貞吉を休職処分とした。最終的には『大日本史』の記述を根拠に、三種の神器を所有していた南朝が正統であるとされ、南北朝時代は南朝が吉野にあったことにちなんで「吉野朝時代」と呼ばれることとなった。それでも、田中義成などの一部の学者は「吉野朝」の表記に対して抗議している。南北朝正閏論 フレッシュアイペディアより)

  • 日立鉱山の鉱害問題

    日立鉱山の鉱害問題から見た質問主意書質問主意書

    1908年(明治41年)3月、地元選出の政友会の衆議院議員である根本正は、日立鉱山の鉱毒水問題に関する質問主意書を提出した。そして根本は質問主意書に基づき、帝国議会で農商務大臣と内務大臣に質問を行った。根本の質問主意書と帝国議会での質問内容からも宮田川流域で鉱毒被害が拡大している事実が明らかになるが、質問主意書に対する農商務大臣の答弁書から、日立鉱山側は一部の水田に宮田川以外の水源から水を引くための用水路を設け、また土地所有者に借地料を支払ったり損害を補償するなどの対策を講じていることが判明する。実際、日立鉱山での粗鉱産出量が増大する1907年(明治40年)には宮田川流域の農民に対して、鉱毒水問題に関しては金銭補償を行い、更に土地の売却を地主が望む場合には地価よりも高額で鉱山が買収する義務を負うかわりに、契約を結んだ土地の鉱害予防のために措置を講じる必要性がない旨を明記した契約を結んだ例があることが明らかになっている。また土地の買収以外に日立鉱山が鉱毒水の被害に遭った土地を借りる形の契約も広く行っており、その結果鉱毒水の被害地である宮田川流域の多くの土地が日立鉱山によって買収ないしは借り上げがなされた。特に宮田地区では明治末までに6割を超える土地が占有されたと考えられている。日立鉱山の鉱害問題 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た質問主意書質問主意書

    2014年、NPO法人「万年野党」により、「三ツ星議員」に認定された。「三ツ星議員」とは、国会における質疑の回数や質問主意書、議員立法の数を基準に、万年野党により認定される称号。同年10月の福島県知事選挙では一時、荒井自身の立候補も取り沙汰されたが、元宮古市長の熊坂義裕を支持した。しかし、熊坂は副知事を辞職して立候補した内堀雅雄に敗れ、次点で落選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見た質問主意書質問主意書

    3月16日 日本政府は閣議において、社会民主党の辻元清美の慰安婦問題に関する質問主意書に対して、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を出す。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 林雄介

    林雄介から見た質問主意書質問主意書

    林 雄介(はやし ゆうすけ、8月22日 - )は、日本の作家、評論家。元農水官僚。専門は、政治評論、地域振興、立法学入門など。官僚としての勤務経験から、内閣法制局の審査実務や質問主意書の実務等を専門分野とする。最終学歴、経済学修士(早稲田大学)。林雄介 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た質問主意書質問主意書

    この裁判および「傍論」記述は議論を呼び、当時の航空幕僚長田母神俊雄による「純真な隊員には心を傷つけられた人もいるかもしれないが、私が心境を代弁すれば大多数はそんなの関係ねえという状況だ」の発言などが一種の舌禍事件として報道された。国会において田母神発言を含めた質問主意書が提出されたが、政府は、国側勝訴の判決と説明を加えた上で、日本国憲法第9条(第1項。戦争を放棄し国際紛争に武力を用いて関与しない)に違反するとの傍論の部分は「判決の結論を導くのに必要のない傍論にすぎず、政府としてこれに従う、従わないという問題は生じないと考え」ており、田母神の発言は「政府と同様のこのような認識に立った上で〔中略〕必ずしも正確な表現ではないが、自らの言葉でこのような発言をしたものと承知している。また、防衛行政については、シビリアン・コントロールの下、法令に基づき、適切に行われている。」と答弁している(自衛隊イラク派遣も参照)。防衛省が情報公開法に基づいて開示した「週間空輸実績」と称する内部資料によれば、派遣期間中の輸送人員は延べ28,000人であり、うち7割はアメリカ軍兵士であることが2009年10月6日に判明している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

115件中 21 - 30件表示

「質問主意書」のニューストピックワード

  • 法務省から首相に対し、しかるべく報告をしたところであるが、詳細は答えを差し控える

  • 出所が明らかでない

  • 政府全体としては、いかなる事態にも対応できる万全の体制で対応に当たってきたところだ