1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
72件中 71 - 72件表示
  • 加藤公一

    加藤公一から見た質問主意書質問主意書

    当選直後の臨時国会では 1会期での質問主意書の提出数が衆議院第1位を記録する。加藤公一 フレッシュアイペディアより)

  • 野田佳彦

    野田佳彦から見た質問主意書質問主意書

    小泉純一郎首相の靖国神社参拝が論争となっていた2005年(平成17年)10月17日、「A級戦犯と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は破綻しているが、小泉総理の見解ではその論理を反駁できない」、「参拝の是非は国際政治的な利害を踏まえてなされるべきもので、誤ったA級戦犯理解に基づく是非論はA級戦犯とされた人々の人権侵害であり、人権と国家の名誉に関わる問題である」「東京裁判を受諾したという政府や外交当局の見解によれば、裁判における南京大虐殺20数万や日本のソ連侵略といった虚構も含め、日本が満州事変以降一貫して侵略戦争を行って来たという解釈を受け入れることになってしまう」という趣旨の質問主意書を提出した。総理大臣就任後は靖国参拝を自粛し、8月15日に参拝の意向を示していた羽田雄一郎国土交通相と松原仁国家公安委員長にも自粛するように求めた。野田佳彦 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
72件中 71 - 72件表示

「質問主意書」のニューストピックワード