115件中 71 - 80件表示
  • 歳費凍結法案

    歳費凍結法案から見た質問主意書質問主意書

    議員歳費は日本国憲法第49条と国会法第35条および歳費法で規定されているが、その性質は代表的な学説によれば、「議員の勤務に対する報酬たる性質を有するもの」であり、「議員が職務を遂行し、その地位にふさわしい生活を維持」を目的としている。国会議員は有権者から付託を受けた以上、国会議員の身分があれば勾留中の拘置所から質問主意書を提出するなどの議員活動は可能であり、国会議員の身分を持ちながら歳費のみを凍結することは国会議員の身分に関わるという大きな論点がある。歳費凍結法案 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密の保護に関する法律

    特定秘密の保護に関する法律から見た質問主意書質問主意書

    参議院議員の山本太郎(無所属)が提出した特定秘密保護法案に関する質問主意書に対する内閣答弁書(2013年11月22日付)に、特定秘密を指定する行政機関の長として、廃止機関があったことについて、同法反対派のジャーナリスト・田中稔がツイッターで取り上げた。特定秘密の保護に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 川端達夫

    川端達夫から見た質問主意書質問主意書

    民主党では国会対策委員長や組織委員長を務める。2004年5月、岡田克也が民主党代表に就任し、岡田新執行部では国会対策委員長に就任した。国会対策委員長時代、「質問主意書の増加によって官僚の残業が増えている」と指摘し、自由民主党が質問主意書の提出制限を主張したことに対し、質問主意書の提出制限は日本国憲法で保障された国政調査権への冒涜であり、「国民の負託を受けて我々が要求することに(官僚が)徹夜してでもしっかりと対応するのは当然だ」と反発した。2004年9月、藤井裕久幹事長の代表代行就任に伴い、川端が民主党幹事長に昇格。川端達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 城島光力

    城島光力から見た質問主意書質問主意書

    労働者派遣法改正には当時の民主党・次の内閣:雇用担当大臣として反対をした。労働者派遣法改正については、オリックスの宮内義彦、および、ザ・アールの奥谷禮子と強硬に対決。人材派遣業の規制緩和路線や、奥谷の「格差論は甘えです」、「(過労死は)自己管理の問題」、「(派遣切り被害者は)貯蓄をせずに自己防衛がなっていない」などの発言に代表される思想に強く反発している。ことの顛末は、サンデー毎日で「民主党議員を激怒させた高圧的文言」という題名にて報道された。宮内から城島への抗議文(上記の「高圧的文書」)については、城島が質問主意書を提出。城島光力 フレッシュアイペディアより)

  • 万歳三唱令

    万歳三唱令から見た質問主意書質問主意書

    自由民主党衆議院議員の木村太郎は、、当時の内閣総理大臣鳩山由紀夫が行った万歳三唱について、「正式な万歳とは違うように見受けられた。日本国の首相として、万歳の仕方をしっかりと身につけておくべきだ。首相は作法を知っているか」という質問主意書を2010年(平成22年)2月3日提出をし、国会でも質疑を行った。なお、質問主意書への答弁書として、鳩山は衆議院議長を通して「万歳三唱の所作については、公式に定められたものがあるとは承知していない」と返した。万歳三唱令 フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥宗光

    陸奥宗光から見た質問主意書質問主意書

    明治24年(1891年)に足尾銅山鉱毒事件をめぐり、帝国議会で田中正造から質問主意書を受けるが、質問の趣旨がわからないと回答を出す(二男潤吉は足尾銅山の経営者、古河市兵衛の養子であった)。同年5月成立した第1次松方内閣に留任し、内閣規約を提案、自ら政務部長となったが薩摩派との衝突で辞任した。11月、後藤象二郎や大江卓、岡崎邦輔の協力を得て日刊新聞『寸鉄』を発刊し、自らも列する松方内閣を批判、明治25年(1892年)3月、辞職して枢密顧問官となる。陸奥宗光 フレッシュアイペディアより)

  • 木村太郎 (政治家)

    木村太郎 (政治家)から見た質問主意書質問主意書

    1990年代に出回った偽書「万歳三唱令」を本物の法令と勘違いし、2010年2月3日、当時の内閣総理大臣であった鳩山由紀夫の万歳について「正式な万歳とは違うように見受けられた。日本国の首相として、万歳の作法をしっかりと身につけておくべきだ。首相は作法を知っているか」という趣旨の質問主意書を提出し、国会質疑も行った。木村太郎 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • ポーツマス条約

    ポーツマス条約から見た質問主意書質問主意書

    モンテネグロ公国は日露戦争に際してロシア側に立ち、日本に対して宣戦布告したという説がある。これについては、2006年(平成18年)2月14日に鈴木宗男議員が、「一九〇四年にモンテネグロ王国が日本に対して宣戦を布告したという事実はあるか。ポーツマス講和会議にモンテネグロ王国の代表は招かれたか。日本とモンテネグロ王国の戦争状態はどのような手続きをとって終了したか」との内容の質問主意書を提出。これに対し日本政府は、「政府としては、千九百四年にモンテネグロ国が我が国に対して宣戦を布告したことを示す根拠があるとは承知していない。モンテネグロ国の全権委員は、御指摘のポーツマスにおいて行われた講和会議に参加していない」との答弁書を出している。ポーツマス条約 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た質問主意書質問主意書

    1995年から薬害エイズ問題を追及し、真相究明と和解を実現して一躍注目された。1995年1月に薬害エイズ裁判の原告弁護団から接触を受け、国の責任を確信。8月、井出正一厚生大臣と被害者の面談を官僚に内密に実現した。10月に裁判所から和解勧告が出されても厚生省が責任を認めなかったため、衆議院厚生委員会で追及。厚生省の当時の対応について説明を求める質問主意書を提出した。1996年1月から橋本内閣の厚相として薬害エイズ問題に取り組んだ菅直人をサポートし、"郡司ファイル"発見などの真相究明と国の和解受け入れにつなげた。2月の大臣謝罪の場で司会を務め、7月には安部英元エイズ研究班班長らへの証人喚問で尋問に立った。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 東中野修道

    東中野修道から見た質問主意書質問主意書

    河村たかしは衆議院議員時代、東中野の研究結果を元に、政府が東中野の研究を把握して歴史の再検証作業を行っているか否か、南京大虐殺紀念館に東中野が疑問視する写真が展示されているが中国へどのように対応するのか等の質問主意書を内閣に提出した。東中野修道 フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示

「質問主意書」のニューストピックワード

  • 法務省から首相に対し、しかるべく報告をしたところであるが、詳細は答えを差し控える

  • 出所が明らかでない

  • 政府全体としては、いかなる事態にも対応できる万全の体制で対応に当たってきたところだ