前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 虎バン

    虎バンから見た赤星憲広赤星憲広

    第3回は、2010年1月30日(土曜日)の16:55 - 17:25に、ABCのスタジオから「キャンプ直前スペシャル」を生放送。当初は福本豊をコメンテーターに迎える予定だったが、実際の放送では、2009年限りで現役を引退した赤星憲広(元・阪神外野手)がスペシャルゲストとして登場した。ちなみに、赤星が野球解説者としてテレビ番組へ出演したのは、この放送が初めてである。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • 今岡誠

    今岡誠から見た赤星憲広赤星憲広

    は春季キャンプからの活躍が認められ、二塁手のレギュラーを奪取。故障した赤星憲広に代わって1番打者に固定され、自己最高を更新する打率.317, 15本塁打を記録する。翌も1番として起用され、打率.340で首位打者のタイトルを獲得。二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞するなど、以来のリーグ優勝に貢献した。同年は得点圏打率.428を残したほか、年間初回先頭打者本塁打を7本放ち(うち5本は初球)、2試合連続で先頭打者初球本塁打も記録した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • THE★RED STAR

    THE★RED STARから見た赤星憲広赤星憲広

    名前の由来はリーダー池山がファンであり尊敬する阪神タイガースの赤星憲広の愛称がレッドスターからで、その為メンバー全員の名前に赤が付く。THE★RED STAR フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た赤星憲広赤星憲広

    松山市立城西中学校から愛媛県立西条高等学校へ進学し、高校卒業後は亜細亜大学(入来祐作と同級生)へ進学した。東都大学リーグでは通算74試合出場で246打数70安打、打率.285、4本塁打、27打点。4年生春のリーグでは首位打者・ベストナインを受賞した。卒業後はNTT関東・NTT東日本を経て、シドニーオリンピックにアマチュア選手として出場、後にプロでチームメイトとなる赤星憲広と共にシドニーオリンピック野球日本代表として出場した。グループリーグの韓国戦では鄭珉台から先頭打者本塁打を放った(シドニー五輪では2本の本塁打を放つ)。それを見た野村克也(阪神タイガース)は、沖原を完全に注目していなかったスカウト陣に苦言を呈し、自ら同年秋の社会人野球日本選手権大会を視察、赤星・藤本敦士と同様に獲得を決めた。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た赤星憲広赤星憲広

    は開幕先発出場を逃したものの、徐々に調子を上げて1番打者として定着し、同年8月12日より7試合連続マルチ安打を達成した。最終的には131試合に出場して初の規定打席に到達し、打率.320・9本塁打、61打点と自己最高の成績を残した。また、俊足を生かしてリーグ最多となる7本の三塁打を放った。このシーズンは42盗塁で、赤星憲広と1差でセ・リーグ盗塁王を獲得、15年目にして初のタイトル獲得となった。福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た赤星憲広赤星憲広

    2005年も前年同様に代走起用がほとんどだったが、シーズン後半にタフィ・ローズが戦線離脱するとスタメンを獲得。9月に故障で離脱したものの、27試合出場でチームトップの11盗塁をマークしている。このペースは146試合換算で約59盗塁という数字となり、単純な計算では盗塁王の赤星憲広の60とほぼ同じ数字となる。打撃面も99打数ながら打率3割をマークした。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た赤星憲広赤星憲広

    卒業後は社会人野球のデュプロに入社し、の社会人野球日本選手権大会では遊撃手を探しに来ていた当時阪神監督の野村克也が観戦する中、ヤマハの岡本真也から3安打猛打賞の活躍を見せた。元々阪神の獲得リストには入っていなかったが、同年秋のドラフト会議で阪神タイガースから7位指名を受けて入団。同期には藤田太陽、狩野恵輔、赤星憲広らがいる。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立大府高等学校

    愛知県立大府高等学校から見た赤星憲広赤星憲広

    野球部は強豪として知られ、過去に槙原寛己や赤星憲広を輩出。2008年に28年ぶり3回目の夏の甲子園出場を果たした。愛知県の公立校が夏の甲子園に出場するのも28年ぶり。愛知県立大府高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た赤星憲広赤星憲広

    『プロ野球完全燃焼主義』と題して野球漫画「アストロ球団」(作・遠崎史朗、中島徳博)のアニメーションがオープニング映像に使われた。またテレビ朝日制作の中継では、ライブ映像とリプレイ映像の切り替えの際にも使われた。アニメーションでは一部の球団を除く(この年に近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが球団統合によりオリックスバファローズとなり、新たに東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生したことが関係していると考えられる)看板選手(1名か2名)が登場している(ソフトバンクの選手も登場していたが、時期的な関係からかダイエー時代のユニフォームのままであった。なお、ABCローカルの阪神戦では全国中継のアニメーションで登場する赤星憲広元外野手が盗塁するシーンを除き、全て阪神の看板選手に差し替えられた)。スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た赤星憲広赤星憲広

    翌2003年は、金本、伊良部、下柳、矢野、桧山進次郎、片岡篤史、井川慶、ジョージ・アリアス、ジェロッド・リガン、ジェフ・ウィリアムスら主力選手の活躍に加え、今岡誠、赤星憲広、藤本敦士、吉野誠ら若手が急成長し首位を独走、7月8日にはセ・リーグ史上最速となる優勝マジック49を点灯させた。結局、この年、圧倒的な強さでチーム18年ぶり、監督としては自身3度目のリーグ優勝を果たすが、日本シリーズでは福岡ダイエーホークスに3勝4敗で敗れる。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード