前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示
  • 虎バン

    虎バンから見た赤星憲広赤星憲広

    第3回は、2010年1月30日(土曜日)の16:55 - 17:25に、ABCのスタジオから「キャンプ直前スペシャル」を生放送。当初は福本豊をコメンテーターに迎える予定だったが、実際の放送では、2009年限りで現役を引退した赤星憲広(元・阪神外野手)がスペシャルゲストとして登場した。ちなみに、赤星が野球解説者としてテレビ番組へ出演したのは、この放送が初めてである。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の阪神タイガース

    2003年の阪神タイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    2年目の星野監督の元で断行された「血の入れ替え」によって選手を大きく入れ替えた阪神は、開幕直後から首位を独走し、7月終了時点で2位に17.5ゲーム差の大差を付け、そのまま2位以下を全く寄せ付けず、18年ぶりのセ・リーグ優勝をぶっちぎりで飾った。しかし、日本シリーズでは、王監督率いるダイエーに3勝4敗で敗れ、日本一を逃した。戦力としては、「第三次ダイナマイト打線」と称された金本・矢野・今岡・アリアス・赤星らの野手陣が140試合で728得点と1試合5点以上を獲る得点力を発揮し、投手陣も井川・伊良部ら先発陣、安藤・ウィリアムスらリリーフ陣がともに活躍し、チーム防御率はリーグ1位を誇った。2003年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 今岡誠

    今岡誠から見た赤星憲広赤星憲広

    は春季キャンプからの活躍が認められ、二塁手のレギュラーを奪取。故障した赤星憲広に代わって1番打者に固定され、自己最高を更新する打率.317、15本塁打を記録する。翌も1番として起用され、打率.340で首位打者のタイトルを獲得。二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞するなど、以来のリーグ優勝に貢献した。同年は得点圏打率リーグ最高の.428を残したほか、年間初回先頭打者本塁打を7本放ち(うち5本は初球)、2試合連続で先頭打者初球本塁打も記録した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • THE★RED STAR

    THE★RED STARから見た赤星憲広赤星憲広

    名前の由来はリーダー池山がファンであり尊敬する阪神タイガースの赤星憲広の愛称がレッドスターからで、そのためメンバー全員の名前に赤が付く。THE★RED STAR フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の阪神タイガース

    2004年の阪神タイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    4月15日 - 阪神対広島戦(甲子園)で、広島の菊地原毅が赤星憲広の顔面に死球。菊地原は危険球退場処分。2004年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の阪神タイガース

    2009年の阪神タイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    年初から調子が悪く、肩の痛みや腰部のヘルニアに苦しんだ赤星が離脱し、8試合出場に留まった。代わりに1番に入った平野が打率.357と打線を牽引したが、ランナーを出すもチャンスで得点を取りきれない場面が多くあり、7月を借金1で終えた。2009年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の阪神タイガース

    2005年の阪神タイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    6月21日 - 赤星憲広がNPB史上初の1シーズンで11球団から盗塁2005年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立大府高等学校

    愛知県立大府高等学校から見た赤星憲広赤星憲広

    野球部は強豪として知られ、過去に槙原寛己や赤星憲広を輩出。2008年に28年ぶり3回目の夏の甲子園出場を果たした。愛知県の公立校が夏の甲子園に出場するのも28年ぶり。愛知県立大府高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た赤星憲広赤星憲広

    後にプロでチームメートとなるJR東日本の赤星憲広らと共にシドニーオリンピック野球日本代表(アマ16人、プロ8人で構成)として出場。グループリーグの韓国戦では鄭珉台から先頭打者本塁打を放った(シドニー五輪では2本の本塁打を放つ)。それを見た野村克也(阪神タイガース)は、沖原を完全に注目していなかったスカウト陣に苦言を呈し、自ら同年秋の社会人野球日本選手権大会を視察、赤星・藤本敦士と同様に獲得を決めた。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た赤星憲広赤星憲広

    、阪神の春季キャンプでルーキーは2軍に割り振られるのが通例なのだが、1月28日の1・2軍振り分けで新人選手の中で唯一の1軍に振り分けられる。キャンプ・オープン戦で結果を残して開幕1軍を勝ち取ったが、開幕の外野陣はレフト・パウエル、センター・新庄剛志、ライト・桧山進次郎だった。4月19日に1番ライトでプロ入り初スタメン入り。4月・5月は平塚克洋・パウエルとの併用だったが、6月からパウエルや平塚の怪我などでスタメン出場が増えるようになり、スタメン定着後はセンターやレフトで出場するようになる。7月中旬頃から1番・ライトに定着する。7月4日の広島東洋カープ戦で、1回表に紀藤真琴から左中間へプロ初本塁打となる初回先頭打者ランニングホームランを放つ。プロ初本塁打がランニング本塁打というのは2リーグ制以後、武上四郎・緒方耕一に次いで史上3人目だが、初回先頭打者ランニングホームランは史上5人目の記録で、新人では史上初の快挙であった。8月27日に規定打席に到達して打率.318でリーグ3位に食い込んだ。9月になると更に打率を上げ、坪井を含めた首位打者争いが熾烈になり、横浜の鈴木尚典、広島の前田智徳、阪神の坪井の3人が打率.330近くを記録する熾烈な争いになる。結局、首位打者は打率.337を記録した鈴木尚典で、鈴木は2年連続の首位打者となり、前田智徳は打率.335で2位、坪井は打率.327でセ・リーグ3位の打率を記録。また、この年に記録した135安打は、1948年に後藤次男が記録した129安打を更新する球団史上新人最多安打記録だった。この135安打は、2016年に新人の?山俊が9月30日の巨人戦でシーズン136安打を記録して塗り替えている。なお、この年は10試合連続安打を記録しているが、阪神の新人選手で10試合以上安打を記録したのは球団史上初であった(後に2001年に赤星憲広が12試合連続安打、2016年に?山俊が10試合連続安打を記録)。また坪井は球団新人最多(当時)となる11度の猛打賞を記録している(後に2016年に入団した?山俊がシーズン13度の猛打賞を記録して18年ぶりに球団記録を塗り替えた)。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード