199件中 91 - 100件表示
  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:尾山憲一、解説:川藤幸三、赤星憲広、リポーター:小澤昭博(阪神サイド・監督インタビュアー)、宮脇靖知(HTV、広島サイド)、立田恭三(ヒーローインタビュー)、本野大輔(各地の途中経過情報)2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 清水隆行

    清水隆行から見た赤星憲広赤星憲広

    より日本テレビ(同年限りで引退した立浪和義、赤星憲広とともに)・RFラジオ日本の野球解説者、スポーツ報知の野球評論家を1年間務める。からは古巣・読売ジャイアンツの二軍打撃コーチを務める。2014年からは一軍打撃コーチを務める。2015年はチーム打率・安打数がリーグ最下位に低迷し、10月22日に今季をもって退団することが決まった。清水隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た赤星憲広赤星憲広

    4月10日 - 赤星憲広(愛知県、野球)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム

    プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアムから見た赤星憲広赤星憲広

    赤星憲広(元阪神) - 同上。『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビが全国向けに制作する宮根の冠番組)のレギュラーコメンテーター。 プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た赤星憲広赤星憲広

    は二軍スタートとなり、不振のケビン・メンチと入れ替わりで4月22日に出場選手登録されたが、12打数無安打で4月29日に二軍落ちした。7月5日に赤星憲広の登録抹消により入れ替わりで再び一軍に昇格。1番・右翼手でシーズン初スタメン出場し、球団として2年ぶりとなる先頭打者本塁打を放って勝利に貢献した。このシーズンは本来のポジションである三塁に新井貴浩が定着していたことから、一軍の公式戦では1番・右翼手で2試合、1番・二塁手で1試合にそれぞれスタメンで出場した。結局この年は一軍で29打数3安打、打率.103と目立った活躍は挙げられなかったものの、ウエスタン・リーグでは打率.358で首位打者を獲得、また安打数も93でリーグトップであったが、打撃面と一軍での成績に不安定さがあったことから11月6日に戦力外通告を受けた。複数球団から入団のオファーを受けたが、「日本で初めてプレーした岡田監督のもとでプレーしたい」という理由でオリックスに入団した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤裕美

    斎藤裕美から見た赤星憲広赤星憲広

    みんなの甲子園(2010年・2011年)ナビゲーター・赤星憲広のパートナーとして、先輩アナウンサー・前田阿希子と交互に出演。斎藤裕美 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤清史郎

    加藤清史郎から見た赤星憲広赤星憲広

    後述の『徹子の部屋』や『SMAP×SMAP』出演時、出身は横浜市であるが、プロ野球は熱烈な阪神ファンであることを明かし、特にお気に入りは引退した金本知憲元外野手と赤星憲広元外野手だと発言し、加藤自身も右投げ左打ち。阪神ファンの理由について、2010年1月15日放送のTBSのバラエティー番組『ぴったんこカン・カン』で、祖母が大阪市の出身であるためとしている。ただし父親は鹿児島県の出身であり、「鹿児島にはプロ野球のチームがないから阪神を応援している」と公言している。加藤清史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 4月10日

    4月10日から見た赤星憲広赤星憲広

    1976年 - 赤星憲広、元プロ野球選手4月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井広大

    桜井広大から見た赤星憲広赤星憲広

    阪神時代は金本知憲が左翼手を、赤星憲広とマット・マートンが中堅手を不動のレギュラーとして務めていたため、主に右翼手のレギュラーを争った。長打力が持ち味であり、大砲としての将来を嘱望されたが、外野守備のまずさに加え故障の多さが安定した出場機会を得られない一因であった。桜井広大 フレッシュアイペディアより)

  • 萱島大介

    萱島大介から見た赤星憲広赤星憲広

    国東高校、福岡大学を経て社会人野球のローソンに進むが、シーズンオフにローソン野球部が休部になり、同年10月に阪神タイガースの入団テストを受験。50 m走5秒7、ベース一周 (109.728 m) では当時5年連続盗塁王だった赤星憲広の記録13秒6を上回る13秒29と俊足をアピールし、この年のドラフト11巡目で阪神に指名され入団した。このドラフトではローソンの同僚新井智が9巡目、伊代野貴照が10巡目でそれぞれ指名され阪神に入団している。萱島大介 フレッシュアイペディアより)

199件中 91 - 100件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード